カードローンを申し込むにあたって、一番気になるのは“カードローンの審査に通過できるかどうか”でしょう。そこでカードローンを取り扱っている銀行の申し込み条件を見ると「保証会社の保証を受けることができること」が挙げられています。

銀行の審査とは、保証会社とは何でしょうか?分かりやすく解説します。

知っておきたいカードローンの基本と仕組み

「カードローンを申し込みたいけれど、詳しい仕組みが分からない」という方も多いのではないでしょうか。カードローンがどのようなものかを解説します。以下は多くの金融機関が説明するカードローンの説明文です。

カードローンとは、無担保・無保証人でお借入・ご返済ができる個人向け融資です。ご利用限度額の範囲内なら、自由に何度でも繰り返し銀行やコンビニ等のATMやインターネットからご利用いただけます。もちろん入会金や年会費も一切不要です。利用用途も原則自由なので、お客さまの目的に合わせてご利用可能です

引用:楽天銀行ホームページ

もちろん借入金額、希望者の年収や職業などによって、利用限度額や金利は変わってきます。安易な借り過ぎには十分な注意が必要な商品ですが、急な出費に対応できるようになるなどメリットも多いものです。

借り入れの手続きも、金融機関のホームページの案内に従って入力すればよく、簡単です。最近ではスマートフォンからも難しい手続きはなく、申し込みができるようになっています。

カードローンには保証会社がつく理由はなぜ?

さぁ、ここからが解説の中心になります。

カードローンを申し込む手続きの中で、「保証会社」という存在が登場します。保証会社は債務者が借金を払えなくなった場合に、債務者の代わりに債権者の金融機関に借金を払ってくれます。カードローンを提供する金融機関の貸し倒れを減らすために保証会社が利用されています。

なんとありがたい会社なのでしょう!と感心している場合ではありません。この借金の肩代わりのようなことを、法律上は代位弁済(だいいべんさい)といいます。つまり、債権者の地位が、保証会社に取って代わるので債務者は保証会社に対して返済の義務を負います。また、保証会社への返済は一括返済が原則になるので、その点を注意が必要です。

代位弁済

金融機関にとっては貸付金を焦げ付かせたくありません。万が一債務者が支払い不能になっても確実に貸付金を回収するため保証会社を利用します。保証会社になるのは基本的にグループの子会社が多いものですが、他の金融機関(消費者金融を含む)を保証会社としているところもあります。

保証会社の審査と、保証会社を選ぶ基準

また、保証会社がカードローンを提供する金融機関に代わりに審査を行いカードローンを発行するか判断します。残念ながら、ここでお伝えできることは“保証会社の審査基準は公にされていない”ということです。しかしながら、傾向というものはあります。

例えば、現在の勤務会社、年収、過去のクレジットカード会社やローンの利用状況、分割支払いで購入した商品の延滞の有無などが挙げられます。

これらの情報をクレジットヒストリーといい、自分のお金の管理能力のデータベースです。ここに延滞や遅延の情報が載っていると、保証会社から見た印象は悪くなります。ただし、すべての保証会社が同じ基準を取っているとは限らないため、以下のことを実践してみましょう。

すでに利用している保証会社を選ぶ

保証会社の審査通過の可能性が高くなる方法の一つに、現在利用している金融機関が保証会社となっているカードローンを選ぶというものがあります。例えば銀行系のカードローンを組むとして、すでに使っているクレジットカード会社が保証会社となっていたとしましょう。すると、審査基準が今のクレジットカードとほぼ同等といえるので延滞などを繰り返していなければ、審査に通過する可能性が高まります。

保証会社が2社以上ついているカードローンを選ぶ

保証会社が2社以上ついているということは、どちらかの審査に通れば金融機関はカードローンの審査を通過させる可能性が高いです。特に初めてカードローンを申し込む方はクレジットヒストリーがないので、少しでも審査を通過させる可能性を高めるため、この方法をお勧めします。

スーパーホワイトになると、後々審査に通りにくくなる

安易な借り入れを助長するわけではありませんが、若いときからクレジットカードなどの利用履歴は作っておいた方がいいといわれています。

なぜなら30代後半以降に何のクレジットやローンの利用履歴がない人を保証会社は良く思いません。確かに金銭面で何の支障もなかったのかもしれません。しかし保証会社としては「過去10年に延滞や遅延はないけれども、ローンなどを利用した形跡がないから、信用がないか自己破産などをしてローンが組めなかったのではないか」と考えるためです。

このようなクレジットヒストリーの持ち主をスーパーホワイトといいます。

まとめ

保証会社の役割や、審査の基準について理解していただけましたでしょうか。審査基準はあくまでブラックボックスですが、審査に通過するためのコツはお伝えできたかと思います。最後に注意していただきたいのは、万全の状態でカードローンの契約に臨むことです。

クレジットヒストリーには、「カードローンの審査に落ちた事実」も含まれていますので、他社から借り入れをしようとしてもこの事実を参考にされて通過できない方もいます。

最低でも延滞、遅延のない状態を6ヵ月以上維持していることを確認して、借り入れを検討しましょう!