理想の姿になりたくて脱毛や美容整形を検討している方でも、高額な施術費のために一歩踏み出せない方も多いでしょう。

お金のことであきらめたくない、後悔したくない方におすすめするのが『医療ローン』です。

ローンと聞くと「必要以上の利息を取られてしまうのではないか」と怖いイメージを持たれている方もいると思いますがそうではありません。

大手である『湘南美容クリニック』でも支払い方法の1つとしてこのローンが選択できます。医療機関と提携している信販会社を経由して、施術費を分割で払うシステムです。

フリーターや学生でも利用可能ですが、審査が必要になります。そこで、今回は医療ローンについて

  • 詳細と利用可能な具体例
  • 審査基準
  • カードローンやクレジットカードを使った高額支払いの違い

以上のことについてまとめていきます。

この記事を読んでいただいたら、医療ローンを組むときの不安が解消されると思うので最後までご覧ください。

医療ローンとは

医療ローン(メディカルローン)とは、自費診療で医療行為を行うときに利用できるローンのことです。知っている方も多いと思いますが、自費診療は公的保険制度外ですので全額自己負担となっているため費用が高額になりがちです。

お金を借りる先は医療機関と提携している銀行や信販会社で、借りたお金は原則的に医療行為にのみ使用できます。

医療ローンのメリットとデメリットを簡単に下記に表にまとめました。

メリットデメリット
高額医療が受けやすいカードローンと比べ
融資まで時間がかかる
まとまったお金がなくても
治療を受けることができる
使い道は医療行為のみ
金利は低い転院がしにくい

メリットは、お金を自分で全額貯めてから施術の契約をしなくてもよいので、審査がおりれば高額な施術をすぐ契約できます。

デメリットは、医療機関からの紹介によってローン会社が決まるので転院しにくいところです。

例えば、ローンを組んだ後に満足いかなくて後悔しても施術分は返済しないといけません。また、カードローンなどに比べて審査に数日必要で、借りたお金の使用目的は医療行為に限られています。

このように手元にまとまったお金がなくても、高額な医療を受けることができる便利なシステムです。

治療費がローン払い可能な自費診療

使用目的が医療行為に限られているため、自分が行いたい医療行為に当てはまるか気になるところでしょう。

以下に利用可能なものをまとめましたので、実際に平均でいくら施術に必要なのか具体例も合わせてご覧ください。

・自費診療費用の目安

利用可能例必要費用
歯列矯正(インプラント)1本あたり30万円〜
美容整形(二重術埋没法)両目20万円〜
脱毛(全身)15万円~
レーシック15万円〜
人間ドック+脳ドック6万円〜
※参考情報を基に作成

公的健康保険が使えない自己負担医療はもちろん、入院費用などにも使用できます。医療機関から施術の領収書など、実際にお金を医療行為のために使ったと証明できる書類があればローンの対象と思ってよいでしょう。

施術によっては一括で払うのをためらうほどの大金が必要になります。

私は契約できる?審査基準について

自分はフリーターだから審査に通らないと、思っている方でも大丈夫です。

審査の基準はローン会社によって違うので、各社が提供している医療ローンを表にまとめて比較してみましょう。

こちらの表は医療ローンの一例です。

オリコUCSカード千葉銀行
対象の方満20歳以上で安定した収入のある方満20歳以上(完済時70歳未満)で安定収入のある方満20歳以上満65歳未満(完済時満70歳未満)で安定継続した収入のある方
住んでいる場所や職場が銀行の営業地域にある方
申し込めない方未成年の方収入がない方未成年の方学生の方収入がない方未成年の方アルバイトやパートの方住んでいるところが営業地域外の方
審査時間最短、即日中の連絡
審査時に必要なもの本人確認書類のコピー資金使途を証明する書類の写し収入を証明する書類
本人確認書類のコピーが2つ必要(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)資金使途確認書類収入を証明する書類本人確認書類のコピー職場の在籍期間がわかる書類のコピー
(健康保険証など)資金使途確認書収入を証明する書類銀行のお届け印(Webからの申し込みでは不要)
※2021年1月時点の情報を基に作成

以上のようになります。

医療ローンも、一般的なローンと同じように『審査』があります。審査は、お金を借りる人が返済する能力があるかというところをポイントに実施されます。

審査基準となるポイントを下記で確認していきましょう。

1)対象となる人と申し込めない方

多くの場合対象となる方は

  • 満20歳以上の方
  • 安定した収入がある人

逆に申し込めない方は

  • 未成年の方
  • 安定した収入がない方
  • 余りにも高齢の方(70歳以上)
  • 過去にローン返済の滞納がある方

対象になる方とそうでない方の違いは「返済能力の有無」にあります。

学生やアルバイトの方に注目して表にまとめると

オリコUCSカード千葉銀行
フリーター申し込める申し込める申し込めない
学生申し込める申し込めない申し込めない

このようになります。
安定した収入の解釈も会社ごとに違っており、上記にまとめた表だと

  • オリコ、UCSカードはアルバイトやフリーターも申し込める
  • 千葉銀行は対象外

このように、申し込む会社によって様々です。

学生は、20歳以上かつアルバイトなど毎月ある程度の収入があれば申し込み可能な医療ローンもあり、未成年の方や専業主婦(主夫)の方は保護者や配偶者をローンの保証人として申し込み可能です。

2)審査に必要な時間

医療ローンはカードローンなどに比べて、比較的審査に時間がかかります。

先ほど、表でまとめたオリコとUCSカードでも2日営業日の差があり、千葉銀行ではさらに仮審査も存在します。

千葉銀行のメディカルローンは、申し込み自体は土日でも可能なのですが仮審査の後に正式な審査の通知が電話で連絡があり、その後銀行の営業日に振り込まれる、といったように実際に振り込まれるまでに時間がかかります。

ここに書かれているのはあくまで目安ですので、審査する会社によってはそれ以上必要になる場合があり、今すぐにでもお金が必要という方は注意しなければなりません。

3)審査時の手続きと必要なもの

審査の手続きに必要な書類は

  • 本人確認書類(免許証、保険証など)
  • 安定した収入があることを示す書類(源泉徴収票など)
  • 資金使途確認書類

資金使途確認書類とは、借りたお金を実際にどんな目的で使用したかを証明する書類のことです。

美容整形や歯列矯正であれば、『治療計画書』や『治療見積書』などがこれに該当します。また、ある程度まとまった金額(オリコであれば50万円以上)のローンを組むときは、源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。
このように審査会社に提出する書類は

  1. 公的な身分証明
  2. 返済する能力
  3. 申請通りにお金を使っていること

以上のことを証明する書類の提出が求められます。

医療ローン以外の選択肢、カードローンとクレジットカードとの比較

医療ローンのほかにも高額な支払いをする際に利用できる選択肢として、銀行などが提供している『カードローン』や『クレジットカード』を使った分割払いがあります。

それぞれどのような特徴があるのか、以下にまとめましたのでご覧ください。

医療ローンカードローンクレジットカード
審査あり(時間がかかる)あり(時間は短い)なし
在籍確認ありありなし
利用限度~500万円~800万円~100万円
金利低い(~10%)高い(~20%)分割回数によって変化

医療ローンは、審査に数日必要ですが数百万円の高額な支払いにも対応でき金利もほかのカードローンに比べると低い傾向です。

カードローンは審査も時間が短く借入金額も多い反面、金利が高い傾向にあり返済金額が多くなる可能性があります。クレジットカードは所有していれば審査もありませんが上限金額が低く、また医療機関によってはクレジット払い未対応の場合があるので注意です。

ローン審査の過程で、在籍確認というものがあります。

在籍確認とは、働いている会社にローン会社から電話があり、借りる人が本当に職場に在籍しているか直接問合せを行うことです。電話といっても施術内容などはもちろん伏せてあり、問い合わせ担当者の名前で在籍の確認だけですので実際に電話にでる必要はありません。

水商売をされている方も医療ローンに申し込みできますが、時間帯によって在籍確認が難しいこともあるでしょう。審査の過程でこの在籍確認がとれないと、申し込みは可能でも審査が下りないということも考えられます。

その場合は残念ながら、他のカードローンなどを利用するしかなさそうです。

自費医療のローンや支払い方法の賢い選び方

高額な自費診療費を払うためのローンですが、メリットやデメリットがありますのでそれぞれ利用するにあたって、おすすめな方をまとめましたのでご覧ください。

医療ローンを利用すべき方

  • 安定した収入があり、すぐにお金が必要でない方

学生やアルバイト、水商売の方でも医療ローンの審査が通る場合も十分あります。ですが、職場の在籍期間が長く安定した収入を得ているほうが通過する確率も高くなります。また、審査に数日かかってしまうため今すぐにお金が必要な方は、ほかの手段をおすすめします。

カードローンを検討する方

  • 即日、お金が必要な方

大手金融会社では金利が低いところもありますが、大金を分割で返却するとなるとそれなりに返済金額がかさみます。カードローンは審査に時間がかからないという点がメリットです。審査の時間が待てず、返済金額が多少多くなっても今すぐお金が必要という方はカードローンの検討しましょう。

あらゆるローンを組む際に注意しなければならないことは、自分の返済能力以上の契約をしないことです。手元に大金を用意しなくても施術契約できるローン契約ですが、あくまで自分の無理のない返済計画に基づいて利用しましょう。

まとめ

今回は高額な自費診療に利用できる医療ローンについてまとめてきました。
この記事のポイントは

  • 医療ローンとは医療機関への高額な支払いのみに特化したローン制度
  • 医療機関と提携している金融機関や信販会社からお金を借りるので、転院には対応していない
  • カードローンなどに比べると金利は低いが、審査に数日必要である
  • ローン会社によって審査基準が違うが、おおむね20歳以上の安定した収入を得ている人であれば審査の対象になる
  • ローンの借入限度は自分の返済能力を上回らないことが大切

以上です。

医療ローンは審査が厳しい反面、金利も安く提携先の医療機関によっては金利を負担してくれるところもあります。

自分の希望を叶えるために必要なお金ですが、必要額以上のローンを組むのは控え計画的に利用することをおすすめします。

ローンをお探しの方

ローンをお探しの方はuP.でカードローンやフリーローンを検索することができます。uP.では金利やお申込みの条件などもご確認いただけます。

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。

※自費診療費用の参考情報
インプラント八王子きぬた歯科HP
湘南美容クリニックHP
リゼクリニックHP
新宿近視クリニックHP
一般財団法人健康医学予防協会HP