新型コロナウィルスが経済に大きな影響を与え始めて半年以上が経ちました。収入の減少や失業によって生活資金に困っている人が多くなっています。

政府は緊急小口資金をはじめとする様々な支援政策を打ち出していますが、利用希望者のニーズとマッチしないことが多いようです。

そこで今回は、緊急小口資金の概要、そして即日融資が受けられる消費者金融についてお伝えしていきます。

緊急小口資金とは

緊急小口資金の概要は次の通りです。

対象者新型コロナウイルスの影響を受け、 休業等により収入の減少があり、緊急 かつ一時的な生計維持のための貸付を 必要とする世帯
貸付上限額20万円以内
据置期間1年以内
償還期限2年以内
貸付利子無利子
保証人不要
申込先市区町村社会福祉協議会

注意が必要なのは、緊急小口資金は1回しか利用できない点です。継続的に貸付を受けることはできません。

そのため、今後も継続的に減収が続いたり失業状態から脱却できなかったりする場合は、3回の融資が受けられる総合支援資金の利用を検討すべきでしょう。

総合支援資金の概要は次の通りです。

対象者新型コロナウイルスの影響を受け、 休業等により収入の減少があり、緊急 かつ一時的な生計維持のための貸付を 必要とする世帯
貸付上限額・月20万円以内 (二人以上)
・月15万円以内(単身)  貸付期間:原則3月以内
据置期間1年以内
償還期限10年以内
貸付利子無利子
保証人不要
申込先市区町村社会福祉協議会

緊急小口資金は即日融資ではない

緊急小口資金は生活の助けになる有用な制度ですが、即日融資を受けることができるものではありません。

加えて、住んでいる地域の市区町村社会福祉協議会の受付で申し込むか、申込み用紙を郵送することによって申請する必要があります。Webでの手続きができないため、申請自体もやや煩雑です。

申請に時間がかかるため、同制度を利用する際は時間に余裕を持って申請しましょう。

緊急小口資金の貸付条件

次に緊急小口資金の具体的な貸付条件について見ていきます。

貸付対象者

緊急小口資金を利用できる世帯は次の条件を満たす必要があります。

  • 低所得であること
  • 生計維持が困難な状況にあること
  • 返済(償還)の見通しが立つこと

低所得についてですが、世帯の月額収入によって定義されています。

世帯人数1人2人3人4人5人
平均月額191,000円272,000円335,000円385,000円425,000円

貸付非対象者

緊急小口資金を利用できない場合は次の通りです。

  • 生活保護世帯
  • 多額の負債がある、もしくは返済が滞っている世帯
  • 債務整理予定の方、もしくは債務整理中の人

利用条件の一つとして「返済の見通しが立つこと」とされていますから、多額の債務を抱えている人や債務整理予定の人は利用できません。

逆に言えば、適度な借入があっても、緊急小口資金に申し込むことができます。

なお、利用できない場合に該当しても、自立相談支援機関の窓口に赴けば、世帯の状況にあった支援を受けることができるので、一度相談してみることを検討しましょう。

緊急小口資金を最短で利用したい人は、たとえ不都合な事情があっても、隠さずに自立相談支援機関に説明しましょう。嘘をついた状態で社会福祉協議会に正式申込をしてしまった人は、緊急小口資金の審査に通りません

緊急小口資金の申込条件は地域によって異なる場合があります。住んでいる地域の社会福祉協議会を探したい人は、公式サイトの「都道府県・指定都市社会福祉協議会のホームページ(リンク集)」をご参考ください。

https://www.shakyo.or.jp/network/kenshakyo/index.html

また、緊急小口資金以外にも、貸付や給付を受けることができる制度があるので、一度確認してみると良いでしょう。

緊急小口資金を受けるまでの流れ

実際に緊急小口資金を受けるまでの流れは次の通りです。

①相談家族の状況・ 収入・負債などの世帯状況について、住まいの区市町村の社会福祉協議会に相談します。
②申込書類の準備相談により資金の申込みが適切と判断された場合は、借入理由に応じて必要な書類を準備します。
③申込み借入申込書・必要書類を窓口である区市町村の社会福祉協議会に提出します。その後、区市町村社会福祉協議会より東京都社会福祉協議会に提出されます。
④審査貸付について、東京都社会福祉協議会が審査を行います。審査中に追加で聞き取りや書類の提出が要求される場合があります。
⑤貸付決定貸付の可否について連絡がきます。 
⑥資金交付審査により貸付が決定した場合は、貸付決定日の翌営業日に本人様口座に資金が交付されます。

なお、実際にお金が口座に振り込まれるまでに概ね7日程度かかります。

「申請書類を東社協で受理してからおおよそ7営業日程度で、指定いただいた借入申込者名義の金融機関口座に、貸付金を振り込みます

引用:東京都社会福祉協議会

申請にあたって必要となる書類は次の通りです。

書類注意点
借入申込書用紙は相談窓口かWebダウンロード
住民票の写し世帯員全員分、発行後3ヶ月以内のもの
健康保険証
借入申込者の世帯の収入証明源泉徴収票の写しや確定申告書の写しなど。生計中心者及びその配偶者、世帯の生計維持に寄与している方の分が必要
借用書用紙は相談窓口にあります
借入申込者の実印とその印鑑登録証明書発行後3ヶ月以内のもの
預金口座振替依頼書資金を振り込む口座の確認や、返済金の口座振替の手続きも行いますので、通帳と口座お届け印も必要です

上記に加えて、世帯員に負債がある人がいる場合、負債の残額・返済状況が分かる書類も必要です。

緊急小口資金のメリット

緊急小口資金のメリットとしては、貸付利子が発生しない点が挙げられます。

お金を借りると通常利子を上乗せして返済しないといけませんが、緊急小口資金であれば無利子なので、負担なく返済することができます。

緊急小口資金のデメリット

緊急小口資金のデメリットは、すぐに融資を受けることができない点、そして1度しか利用できない点です。

緊急小口資金を利用すると早くても融資までに7日程度の期間を要します。即日融資を受けたい人には向いていません。そして継続的に利用できないため、すぐに生活水準を上げられる人でないと根本的解決にはならないでしょう。

すぐに貸付を受ける方法

銀行・信用金庫を利用する

緊急小口資金では即日融資を受けることができません。しかしお金を早く必要とする人は多いでしょう。

すぐに貸付を受けたい人は、金融機関の貸付を検討しましょう。緊急小口資金より早く貸付を受けることができます。

東京信用金庫朝日信用金庫イオン銀行静清信用金庫
商品名生活応援ローン朝日生活応援ローンイオンメンバーズローン新型コロナ関連 生活応援プラン
借入可能額30万円以上50万円以内50万円以内30万円以上50万円以内50万円以内
担保不要不要不要不要
保証人不要不要不要不要
金利上下限固定金利:年4.0%変動金利:年4.80%固定金利:年3.6%、9.8%、13.5%固定金利:年4.40%
遅延損害金記載なし記載なし19.8%記載なし
返済方式毎月元利均等、元金均等割賦償還毎月元利均等返済・毎月元金均等返済毎月元金定額返済毎月元利均等分割返済
返済回数記載なし記載なし記載なし記載なし
2021年1月時点

消費者金融を利用する

さらに「今日中にどうしてもお金が欲しい!」という人は、即日で融資を受けられる消費者金融を利用しましょう。

審査期間が短く、最短で30分ほどで融資を受けられる場合があります。

アコムSMBCモビット三井住友カードアイフル
商品名カードローンSMBCモビットゴールドローンキャッシングローン
借入可能額800万円800万円700万円800万円
担保不要不要不要不要
保証人不要不要不要不要
金利上下限3.0%~18.0%3.0%~18.0%3.5%~15.0%3.0%~18.0%
遅延損害金20.0%20.0%20.0%20.0%
返済方式定率リボルビング方式借入後残高スライド元利定額返済方式毎月元金定額返済借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済回数最長100回最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)最長141回最長151回
補足※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
2021年1月時点

まとめ

新型コロナウィルスの影響で生活資金に困っている人は少なくありません。政府も緊急小口資金等で支援を実施しています。しかし、即日借入できないなど、利用希望者のニーズに沿っていない点も否めません。

消費者金融は若干金利が上乗せされるものの、即日融資を受けることができます。運営している会社も日本を代表する金融機関が多いので安心です。

生活資金を早急に工面したい場合は、消費者金融を利用することも検討しましょう。