「しまった!財布がない!」あなたは今までこんな経験はないでしょうか?街に遊びに行った際、気が付いたら財布が手元になくなっている。今回はこういった「財布をなくした際の対処法」や「見つかる確率」などについて、詳しく解説していきます。

財布をなくした際にすぐにやるべきこと

財布をなくした際には、すぐにしなければいけないことがあります。簡単にまとめてみました。

①なくした場所を推測して問い合わせ

財布をなくした場合は、なくした場所を推測して、問い合わせをすることが急務です。ただし、なくした場所によって、問い合わせる方法が異なります。以下の通りです。

■お店などの施設でなくした場合

お店等の施設で財布をなくした場合は、まずなくしたであろうお店に問い合わせることが優先です。連絡先や住所などを聞かれるはずです。その後、管轄の警察署に連絡、そして「遺失届」というものを作成してもらいます。この「遺失届」が警察で作成されていれば、届け出が行われた際にあなたに連絡がきます。

■路上でなくした場合

路上で財布をなくした可能性が高い場合は、直接近くの警察署に連絡します。推測できるエリアを伝え、遺失届を作成してもらいましょう。具体的な財布のデザインなどを聞かれますので、答えられるようにしておいてください。お店でなくした場合にしても、路上でなくした場合にしても、遺失届は早く提出することをおすすめします。思っているよりも早く、拾われる可能性があるからです。

②カードの停止処置をしよう!

財布の中には、クレジットカードやキャッシュカードなどが入っています。まずは入っていたクレジットカード会社、銀行に連絡し、カードが不正利用しないようにしましょう。クレジットカード会社の場合、フリーダイヤルやナビダイヤルから24時間365日の連絡が出来るはずです。電話をかけ、対応した瞬間からクレジットカードは無効になるので、素早く連絡するのがおすすめです。

キャッシュカードも同様に、銀行に連絡するとその瞬間から該当のキャッシュカード、通帳での取引を停止してくれますので、出来るだけ早い方がいいでしょう。

③身分証明証の再発行手続きをしよう!

財布の中には運転免許証などの身分証明証も入っているかもしれません。その場合も遺失届の提出が必須です。最寄りの警察署に行くか、ウェブサイトから遺失届を提出しましょう。

ちなみに、運転免許証を紛失したまま、車の運転をしてはいけません。紛失であろうと不携行と同じ扱いをされ、3,000円の反則金が課せられます。運転免許証は、土日、祝日以外の平日に警察署や、運転免許センターなどで再発行を受けることが出来ます。なお、免許証の再交付の手順や受付日時は、各警察署、各運転免許センターで多少違う事があるので、問い合わせをして流れに沿った対応をしましょう。

健康保険証などは、サラリーマンが加盟する社会保険であれば、会社への連絡をし、国民健康保険証であれば、各市町村の役場に連絡すれば、悪用されることはなくなります。

なくした財布は見つからないのか?

なくした財布がみつかる確率はないのでしょうか? 調べてみると、意外な結果が出たのでご紹介していきます。

①意外と見つかる可能性もある

なくした財布が見つかる確率は、思っているよりも低くないかもしれません。

警視庁:遺失物取扱状況|主な物品の受理点数

警視庁が出した令和元年の遺失物取扱状況によれば、届け出られた落とし物の件数は「4,152,190件」。そして、届け出られた遺失届の件数が「1,047,015件」です。遺失届の約4倍の件数の落とし物が届けられていますので、思っているよりも高い確率で届け出されている可能性があります。

ちなみに、財布の中の現金は無くなっていたけれど、財布とカード類は残っていたという事例も多いです。安易に「どうせ見つからないだろう」と思って諦めて何もしないよりは、警察署に連絡し遺失届を出した方がいいでしょう。

②拾って届けてくれた方からは報労金請求がある

財布をなくして、もしも手元に戻ってきた場合。法律では「遺失物法」で報労金請求をすることが出来ると、定められています。金額は落とし物の100分の5以上100分の20以下に相当する額です。もし、財布をなくして届けられた場合には、この金額の範囲で報労金を支払いましょう。

まとめ

財布をなくした際にどれくらいの確率で見つかるのか?さらには、なくしてしまった際にはどこに行ってどんな対応をしてもらえばいいのか?について詳しく解説してきました。財布をなくしてしまった時には簡単に諦めてしまうのではなく、まずは遺失届を必ず出すようにしましょう。本文中にも書いた通り、意外と多くの落とし物が警察には届けられています。もっとも、一番いいのは貴重品をなくしてしまわないように、肌身離さず持っておくことが重要でしょう。

ローンをお探しの方

財布を無くしてしまいローンをお探しの方はuP.でカードローンやフリーローンを検索することができます。uP.では金利やお申込みの条件などもご確認いただけます。 

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。