収入がない専業主婦(主夫)の方は個人でローンを組むことは難しいですが、『配偶者貸付』という制度を利用すれば、ローン契約の申し込みが可能です。

今回この記事では、配偶者貸付の仕組みと利用する際の注意点についてまとめましたので最後までご覧ください。

配偶者貸付とはどんな仕組み?

消費者金融では年収の3分の1までの金額を上限として借りることができます。

これを『総量規制』といいます。

返す能力以上のお金を借りてしまい、多重債務になることを防ぐために2010年6月から施行されました。配偶者貸付はこの総量規制の例外となる契約で、借り入れする本人と配偶者の年収を合わせた額の3分の1までお金を借りることができることです。

例えば、専業主婦(主夫)と年収300万円の配偶者の場合、その3分の1である100万円まで主婦(主婦)が借りることができるということです。
すでにほかに借り入れがある場合は以下のようになります。

(配偶者)または(本人+配偶者)の年収1/3の額-本人+配偶者の借入残高=配偶者貸付利用可能額

次へ 1 2 3 4 5 6