収入がない専業主婦(主夫)の方は個人でローンを組むことは難しいですが、『配偶者貸付』という制度を利用すれば、ローン契約の申し込みが可能です。

今回この記事では、配偶者貸付の仕組みと利用する際の注意点についてまとめましたので最後までご覧ください。

配偶者貸付とはどんな仕組み?

消費者金融では年収の3分の1までの金額を上限として借りることができます。

これを『総量規制』といいます。

返す能力以上のお金を借りてしまい、多重債務になることを防ぐために2010年6月から施行されました。配偶者貸付はこの総量規制の例外となる契約で、借り入れする本人と配偶者の年収を合わせた額の3分の1までお金を借りることができることです。

例えば、専業主婦(主夫)と年収300万円の配偶者の場合、その3分の1である100万円まで主婦(主婦)が借りることができるということです。
すでにほかに借り入れがある場合は以下のようになります。

(配偶者)または(本人+配偶者)の年収1/3の額-本人+配偶者の借入残高=配偶者貸付利用可能額

なぜ専業主婦(主夫)はカードローンを利用できないの?

カードローンを利用するときは2つの方法があります。

  • 銀行
  • 消費者金融

こちらの2つは、対象となる法律によって貸付上限が決められています。

銀行消費者金融
対象となる法律銀行法貸金業法
貸付可能な金額独自に貸付上限を決めている年収の3分の1までの金額

このようになっています。

消費者金融では貸金業法で定められている総量規制によって、年収の3分の1までの金額と定められています。専業主婦(主夫)は無職として扱われ、収入がないためそもそもローンを申し込むことができません。

しかしアルバイトやパートで、ある程度収入があり返済能力があると判断された場合は消費者金融でも申し込み可能な会社もあります。

一方、銀行は銀行法の対象となっており、貸金業法の対象でなく、先ほどの総量規制による貸付上限はありません。法的な貸付上限はありませんが、返済能力などを審査し各社独自に上限を決めています。

配偶者貸付に必要な書類と手続き

必要書類は下記の通りです。

  1. 借りる人の本人確認書類
  2. 住民票のコピー
  3. 配偶者貸付の同意書
  4. 借りる本人と配偶者の収入を証明する書類

まず、本人確認書類は現住所が記入されてある免許証や保険証などが必要となります。
次に、本当に婚姻関係があるのかを証明するという意味で住民票のコピーが必要となっており、また配偶者に黙って借りる事の無いように同意書も自筆で必要となります。

収入を証明する書類は借りる金額が少額の場合、不要なことも多いです。借りる金額によっては源泉徴収票や給与明細が必要になってくる場合もあるでしょう。

配偶者貸付で気をつける事は?

利用するときに注意すべきポイントは下記の通りです。

  • 契約者は本人
  • 配偶者の同意が必須
  • 公的に婚姻関係が証明されること

まず、お金を借りているのは配偶者ではなく契約をした本人です。配偶者貸付の場合、専業主婦(主夫)の方が契約者です。返済責任があるのも契約者なので、返済計画をきちんとたてて利用するようにしましょう。

また、配偶者の同意なく契約することは不可能です。
申し込み時に必要な書類にも配偶者が自筆で記入しなければならないので、契約する際は配偶者の理解が必要です。

さらに、事実婚や同性関係では配偶者貸付を利用することはできず、公的な婚姻関係が現在結ばれていることが条件です。そのため、必要書類に本人と配偶者の名前および続柄が記された住民票が含まれています。

住民票も発行が古いものは認められず、発行から3か月未満であるものが有効であったり現在の婚姻関係が証明されないとこの契約はできません。

審査時の在籍確認は配偶者?

在籍確認とは、ローンを申し込んだ人の情報に間違いないかローン会社の担当者から直接、電話確認があることをいいます。配偶者貸付の場合、ローン審査時の在籍確認の電話は配偶者ではなく借りる本人宛にかかってきます。

専業主婦の場合、自宅の固定電話か個人の携帯電話に確認の電話が担当者からあります。したがって、配偶者の働いている職場には確認の電話はかかってこないので安心してください。しかし、申し込み時の提出書類に不備があった場合などに配偶者の職場に在籍確認の電話がある場合があります。

万が一の場合でも、ローン審査ということは伏せて電話がかかってくるので配偶者の在籍の有無が確認できればそれで終了です。通常は配偶者の方に在籍確認は行われませんが、心配な方は申し込み時に確認しておきましょう。

専業主婦(主夫)でも利用できるおすすめ商品4選

専業主婦でも利用可能な商品を4つほど紹介します。

  • カードローン(ジャパネット銀行)
  • レディースローン(ベルーナノーティス)
  • スマートカードローン プラス(新生銀行)
  • カードローン「THE マキシマム」(大垣共立銀行)
    ※2021年1月時点の情報を掲載しています。

金利は借入金額によって変化するので、今回は50万円借りた場合をシミュレーションしてみます。

ジャパネット銀行(商品名:カードローン

金利年1.59~18.0%
借入限度額1,000万円
審査時間最短60分
即日融資不可(最短翌日)
Web完結可能(郵送も可能)
カード発行不要(ジャパネット銀行のキャッシュカードが使える)
口座振替返済可能(ジャパネット銀行の口座から)

<特徴>

  • ジャパネット銀行の口座を持っていれば、最短翌日に融資可能
  • 仮審査の結果は60分以内にメールで届く

ジャパネット銀行のカードローンは、ローンのために特別にカードを作る必要はなく申し込みが完了すれば口座のキャッシュカードでローンの利用が可能です。

ベルーナノーティス(商品名:レディースローン

金利4.5%~18.0%
借入限度額300万円
審査時間最短30分
即日融資可能
Web完結不可
カード発行必要
口座振替返済可能

<特徴>

  • 借り入れから14日間は利息なし
  • 女性専用ダイヤルがある
  • ATMの借入手数料無料

通販も行っている「株式会社ベルーナ」のグループ会社で、女性向けのローンを提供しています。借り入れから14日間は利息がなく、借りる額も2,000円から設定できるなど初めての方でも利用しやすいことが特徴です。

新生銀行(商品名:スマートカードローン プラス

金利14.8%
借入限度額500万円
審査時間最短数分程度
即日融資可能
Web完結可能
カード発行必要
口座振替返済可能(新生銀行口座から)

<特徴>

  • 契約後は365日、24時間借入と返済が可能
  • プランが『新生ゴールド』にステップアップ可能

新生銀行のカードローンは『新生ゴールド』とは、20日時点で1円以上借りており、かつ新生総合口座パワーフレックスを引落とし口座に登録すると提携ATM手数料が0円でネット振り込み手数料が月5回まで0円になるプランに変更できます。

大垣共立銀行(商品名:カードローン「THE マキシマム」

金利4~12.0%(審査による金利変動型)
借入限度額1,000万円(Web契約は300万円まで)
審査時間2日程度
即日融資不可
Web完結可能
カード発行必要
口座振替返済可能

<特徴>

  • 岐阜、愛知全域と三重、滋賀、長野、静岡の一部の方だけ利用可能
  • 年2回、金利の見直しがある

大垣共立銀行は岐阜県に本店がある銀行のため、支店の営業地域内の方を対象としたカードローンが存在します。金利も低く、審査によって年2回見直しが行われます。

このように全国の方が利用できるカードローンもあれば、地域に根差した銀行もあります。

今回紹介した5つの商品の中で、消費者金融で配偶者貸付を行っていたのは「ベルーナノーティス」だけです。他の消費者金融のアイフルプロミスは配偶者貸付を行っていないため、収入のない専業主婦(主夫)は申し込みできないので注意してください。

まとめ

この記事のポイントは

  • 収入がない専業主婦(主夫)も配偶者の同意のもと、本人と配偶者の合算した年収の3分の1までは借入が可能
  • 契約の申し込みには公的な配偶者の同意が必須、在籍確認は専業主婦(主夫)である本人に電話がくるので安心
  • 消費者金融で配偶者貸付を行っているのはベルーナノーティスのみ、多くは銀行のカードローンで利用可能。

以上です。

配偶者貸付は総量規制の例外ですが多くの消費者金融では利用できず、銀行のカードローンの申し込み時に利用可能ということでした。なにか大きな買い物をするときや急に現金が必要になった場合に、配偶者の理解が得られるのであれば専業主婦(主夫)の方でも今回ご紹介した制度を使ってお金を借りることができます。

融資までの時間や、金利などは各社違いますのでローン比較サイトなどで比べてみてはいかがでしょう。