電話セールスの断り下手な人、断り上手な人

今まで筆者が電話セールスしたなかで、断り下手な人の例と、その逆に「これはかなわない」と思った断り上手な人の例を2つずつ紹介します。

断り下手な人

「今度にしてください」

また今度、次の機会になどと口に出すのは、次回の約束をしているようなもので、実際こういった発言をする人は、何度かプッシュすると成約する確率が高いです。

「考えておきます」

これも同様で、次につながる発言です。本人はセールスを断ったつもりでこう言っているのでしょうが、やはりこう発言する人は成約する可能性が大です。

断り上手な人

「それなら自分でやってみては?」

これは古典的とも言えるセリフなのですが、実は良く練られたことばです。

  • そんなに良いものだと思っているならあなたがやれば良い、私はやらない
  • ダメ、NOと言っていないが拒否しているのは明白

電話の相手からこのセリフが出たら、筆者ならセールスを切り上げます。

「この電話の目的を教えてください」

セールスの電話ではたいてい「今お時間よろしいでしょうか?」が最初の一言です。

電話に出た時点で、時間がないとか、少しなら、と言っても銀行員からは「プッシュ次第で成約する可能性の高いお客様」と捉えられるしょう。ですが、ここで「この電話の目的を教えてください」と聞かれるとかないません。

まず勧誘で電話しているので、他の理由なら嘘をついたことになります。そして勧誘ですと言えば、いやならすぐ断れる状況に持ち込まれてしまうからです。実際に筆者も勧誘電話がかかってきた際によく使う話法です。 

うまくセールスを断る言葉として、参考にしてみてください。

※前述したように、銀行からの電話すべてが営業目的ではありません。緊急の連絡を行うこともありますので、その際に電話に出ないと対応が遅れてしまいます。この点については注意してください。