カードローンの借り入れ方法によっては、家族や会社に連絡が入ったり郵便物が届いたりして、家族に知られてしまう可能性があります。

お金を借りる必要があっても、「もし家族にばれたら…」と考えてしまい結局借りられずにいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、家族に知られずにお金を借りる方法をご紹介いたします。

借り入れが家族や会社に知られてしまう原因は?

家族に内緒で借り入れを行っているはずなのに、「なぜか家族に知られてしまった」というケースが少なくありません。

まずは借り入れが家族に知られてしまう原因を特定し、対策を立てましょう。原因は大きく分けて5つあります。

自宅に郵送物が届く

借り入れを行った金融機関からの、書類やキャッシングカードなどの郵便物が自宅に届くことで知られてしまうケースです。

家族が郵便物を受け取る際に、封筒に記載された「金融機関名」で借り入れしたことに気が付いてしまうこともあります。

通帳に借入・返済の記録が残る

家族で通帳を分けていない場合は、通帳の記録から借り入れが気づかれることがあります。借り入れや借金の返済時に、通帳に金融機関名や金額が記載されます。自分だけが使用している銀行口座がない場合は、ハイリスクです。

自宅や職場に電話連絡が来る

借り入れの審査を行うにあたり、情報の真偽や返済能力を確かめるため、金融機関から職場に連絡を入れ「在籍確認」を行います。在籍確認されたことが会社に発覚することで、家族の耳に入るケースもあります。
また、連絡先を自宅に設定した場合は、家族が電話を受け取ってしまうことで知られる可能性が高くなります。

返済遅れが続いて催促の電話が自宅や勤務先に来る

ローンの返済が遅れると、契約書類に記入した自宅や職場の電話番号に、督促の連絡がきます。プライバシー保護のため、本人以外に詳しい内容は伝えないようになっていますが、何の目的で電話がかかってきたのか、怪しまれる可能性はあります。

契約機で契約・受け取りをする

借り入れの契約やお金の受け取りを、自動契約機でできる金融機関もあります。ただ、細心の注意を払わなければ、契約機がある場所への出入りを近所の人や家族に見られ、借り入れが知られてしまう危険性もあります。

家族や会社に知られずにお金を借りる5つの方法

人目が気になって借り入れの契約をする勇気が出ないという人は、意外と多くいます。そのため金融機関も、借り入れを行いやすいよう様々な工夫をしています。「在籍確認なし」「郵便物なし」など周りの人に知られなくて済む方法もあります。

家族や会社に借り入れが知られないようにするための具体的な方法を5つご紹介いたします。

返済遅れをしない

まず基本的なことですが、返済は滞りなく行いましょう。返済遅れは、自分の首を自分で締めるような行為です。返済が遅れなければ、金融機関から督促の連絡が来ることもありません。

カード・契約書類の郵送がないカードローンを選ぶ

インターネットが普及し、電子化を進める金融機関が増えました。カード不要・郵便書類の郵送なしなど、手軽に借り入れができる金融機関もあります。ローンカードが財布に入っていると、お会計をした際に気づかれてしまう可能性があります。カードに社名の表示されていない金融機関を選択するか、スマホアプリで対策しましょう。

WEB完結型を選ぶ

いくつかの消費者金融では、WEBで契約・借り入れの管理を行うことができます。WEB完結型なら、店舗に行く必要がありません。また、郵便物の郵送や在籍確認をなしにしてもらうこともできます。家族や会社の人に知られずにお金を借りるならWEB完結型がおすすめです。

会社や自宅に電話が来ないように相談する

借り入れを行う際に「在籍確認なしにしてほしい」と、一度金融機関に相談を入れてみるのも一つの手です。金融機関によっては要望を受け入れてもらえる可能性があります。特に、大手消費者金融では、在籍確認の代わりに源泉徴収票や給与明細を提出するだけでOKにしてくれるところもあります。

借入・返済はATM経由で行う

コンビニATMを使うことで、家族にバレるリスクを減らすことができます。コンビニATMは数々の金融機関が提携しているため、利用目的は本人にしか分かりません。万が一誰かに目撃されても、怪しまれることすらないでしょう。やり取りが記録されてしまう通帳を使わなくて済むのも、コンビニATMのメリットです。

在籍確認は怖くない

借り入れが知られてしまうことへのリスクとして、「在籍確認」がネックになっている方も多いことでしょう。

「会社や自宅に電話して何を聞くつもりだろう…」なんて不安な気持ちにもなります。しかし、在籍確認は思っているより怖いものではありません。

在籍確認は個人名で行われる

在籍確認は個人名で行われ、金融機関名を名乗ることも、本人以外の人に内容を伝えることもありません。プライバシーがしっかりと守られています。普段から電話の多い会社であれば、同僚に不自然に感じられることもないでしょう。

在籍確認が心配だからといって、嘘をついたりしてしまうと審査に落ちる可能性もあります。在籍確認は、借り入れ審査で大きな役割を持っています。

各社の在籍確認の状況

電話がない金融機関もあります。各社の状況を確認していきましょう。

  • SMBCモビット
    WEB完結型で申し込みをすることができます。電話連絡も郵送物もなしにできる制度があるので、電話連絡が怖くて借り入れができない人でも気軽に申し込みができます。
  • セブン銀行カードローン
    セブン銀行カードローンの公式サイトに、「原則として、登録の連絡先や勤務先に電話ご連絡することはありません。」と記載されています。ただ、申し込み書類に不備があった場合などは、在籍確認される可能性もあります。
  • アコム
    アコムに、「勤務先に在籍確認をしないでほしい」と相談を入れることで、電話連絡がなくなる可能性があります。源泉徴収票などアコムから指定された書類を提出することで、在籍確認を行うこともできます。
  • アイフル
    アコムと同様に、在籍確認を書類で行うことも可能です。ただ、やはり事前に相談しなければ電話連絡になってしまうので、早めに相談しましょう。在籍確認自体をなくすことはできません。

電話連絡以外の方法で確認してもらうために必要なこと

在籍確認で勤務先に電話されたくないと思っている方もいらっしゃるでしょう。電話連絡以外の方法で確認してもらうための方法をお伝えします。

申し込み後、電話で相談する

在籍確認が必要な方法で借り入れを行う場合は、審査が始まる前に相談を行う必要があります。借り入れの申し込み後に、直接電話を入れ「勤務先に電話連絡をしないで欲しい」と伝えましょう。

勤務先が確認できる書類を提出する

電話連絡の代わりに、書類を提出することで在籍確認を行うケースが多くなっています。提出できる書類は、給与明細、社員証、雇用契約書、給与明細、社員証、雇用契約書、源泉徴収票など、会社に勤めていることが証明できるもののみです。申し込み先の金融機関から指定されたものを提出しましょう。

専業主婦なら在籍確認は本人の携帯にかかる

専業主婦の場合、勤め先がありませんので、自宅や携帯電話などに、本人確認の電話が届くことになります。
あらかじめ、家族がいない時間帯を指定し自分で電話に出るようにすれば、家族に知られずに在籍確認を済ますことができます。

専業主婦・主夫が借りられるおすすめカードローン

専業主婦・主夫の方には、配偶者の同意や夫の会社への在籍確認なしで借り入れができるカードローンがおすすめです。

  • オリコカード
    オリコカードの場合は、申し込み時に夫の勤め先や年収を記載する必要はあるものの、オリコから確認の連絡を入れることはありません。
  • イオンカード
    申し込み時には本人確認の電話のみしかなく、引き出しにイオン銀行のキャッシュカードを使えるので、家族にも周囲の人にも知られにくいです。

まとめ

借り入れを行う際には、在籍確認や郵便物から家族に知られてしまうリスクがありますが、上手に回避することもできます。

会社に勤めている人であれば、在籍確認を回避する方法をとりましょう。専業主婦・主夫であれば、楽天カード、オリコカード、イオンカードがおすすめです。

しっかりとした準備をしておけば、在籍確認は怖いものではありません。過剰に怖がらず、賢くローン選択をしましょう。