どうしてもお金が必要になった時に心強いのが、カードローンに代表されるお金を借りられるサービスです。ただ、これから初めてお金を借りるという方はもしかしたら少し不安に感じているかもしれません。

そんな不安を解消して急な支出に対応するために、お金を借りる仕組みや方法についてご紹介します。

一時的にお金を借りたい!消費者金融とは「個人の味方」

「消費者金融は怖いところ」というイメージがあるかもしれませんが、それは昔のこと。現在は法律が定められており、消費者保護の視点に立った融資が行われています。具体的に見ていきましょう。

そもそも消費者金融とは

消費者金融とは、個人向けのローンのことです。無担保で小口資金の融資を行うという特徴があります。「貸金業法」という法律があり、都道府県または内閣総理大臣への登録を行なっている会社が事業を行うことができます。

貸金業法とは、貸金業者が事業を行う際に守らなければならない法律です。この法律に基づき、貸金業者は借り手の返済能力を加味した上で融資を行っています。借り手である消費者を守るためのルールがしっかりと制定されているので安心です。

事業者登録をしていない、いわゆる「闇(ヤミ)金」と消費者金融とは全く異なるものです。高すぎる金利や、漫画などで描かれているような取り立てなども法律により禁止されており、消費者金融では行われていません。

お金を借りるなら?消費者金融と銀行の違い

消費者金融ローン銀行ローン
適用される法律貸金業法銀行法
融資までのスピード最短即日翌日以降
無利息サービスの充実度
金利銀行よりやや高い比較的低め
連帯保証人・担保基本的に不要一般的に保証会社が必要

消費者金融の事業者には貸金業法が、銀行には銀行法が適用されます。銀行は貸金業者ではないと規定されており、貸金業法で決められている貸し出し金額の範囲や貸出金利の上限とは異なる基準で融資を行っています。

銀行法においては融資の審査の際に警察庁のデータベース照会を行い、反社会的勢力ではないかという調査を行います。貸金業法ではこの照会を義務化されていません。その分、消費者金融の方が審査スピードが早く、最短数時間で融資を受けられます。

金利面では、銀行の方が審査や保証体制が厳しく時間をかけて行う分、金利は低めになっています。一方、消費者金融のローンは連帯保証人などが原則不要で資金の使途の自由度が高い分、銀行と比べるとやや金利が高い面もありますが、無利息サービスが充実している等の特徴があります。

次へ 1 2 3 4 5 6 7 8