お金を借りるために必要は書類は2種類だけ

原則、ローンの審査に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書の2種類だけです。

・本人確認書類

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートや健康保険証など、本人を確認できる公的な書類を準備しましょう。顔写真入りのものがあれば確実です。

・収入証明書

借りたお金を返済することができるかを審査するために、収入を証明できる書類が必要です。この書類は借入限度額が50万円以上になる場合、もしくは他者の借入と合算して100万円以上になる場合に提出を求められます。給与明細や所得証明書、確定申告書、源泉徴収票、課税証明書などが挙げられます。給与明細を提出する場合は2ヶ月分の提出を求められることが多いです。

なお、銀行での審査においては、上記の条件に該当しない場合でも提出を求められることがあります。