あなたは、「おまとめローン」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?おまとめローンをうまく活用すると、今あなたが借り入れている借金を、少しでも減らすのに効果的です。今回はおまとめローンとはどんなもので、どの条件であれば審査が通りやすいのか、を徹底解説していきます。

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の金融機関から借金をしている状態の債務を、一つの金融機関にまとめて借り換えを行う事を言います。

例えば、A社から30万円(金利17.0%)B社から30万円(金利18.0%)C社から40万円(金利16.5%)を借りている場合は、D社のおまとめローンを活用し、100万円(金利15.0%)をD社から借り、A、B、Cの各社に返済します。これが「おまとめローン」の仕組みです。

おまとめローンのメリット

おまとめローンを活用すると以下のようなメリットがあります。

  • 金利が低くなる
  • 多重債務者ではなくなる

おまとめローンを借りる際に重要なのは「金利」です。ローン会社によって、金利の設定はまちまちですが、15%~20%程度の金利をかけられている場合が多いと思われます。おまとめローンでは、それらの一般的なローンよりも金利が低く設定されています。つまり、おまとめローンを活用し借り換えを行う事で、あなたが支払うべき金利の額を減らすことができるのです。

あなたが複数の会社から借金をし、返済が困難な状態になっている場合、あなたは「多重債務者」と言われる状態です。さらに、返済が滞ったり、破産したりした場合は事故情報として信用情報機関に登録され、クレジットカードを新規に作ったり、新たな借入がしづらくなります。そのため、おまとめローンを活用し、返済負担を軽くすることはメリットの一つだと言えるでしょう。

おまとめローンを利用できる可能性が高い条件とは

おまとめローンの審査で最も重要なポイントは、「安定した収入があるのか?」「約束通りに返済できるのか?」という部分です。その安定した収入と、以下に挙げた3つの項目で利用できる可能性の高さが様々に変化します。具体的に見ていきましょう。

①今の勤め先での勤務期間

今のお勤め先に長く勤められている方は、おまとめローンを利用できる可能性が高いです。1年しか勤めていない方よりも、10年勤めている方の方が、安定的な年収を保持し離職する可能性が低いと見られるためです。

②配偶者がいて、子どもがいるか?

あなたに配偶者や子どもがいると、おまとめローンを借りやすくなります。配偶者や子供がいる方は、家族のために頑張って働き続けるでしょう。つまり、返済を滞りなくしてくれる可能性が高まるためです。独身の方よりも信用度が、多少ですが高くなります。

③実家暮らし

「実家で暮らしている」という方は、マイホームを持っていたり、賃貸住宅に暮らしている方と違い、毎月居住の固定費負担が少ないことや自由に使えるお金が多いと想定され、審査での評価が高くなります。

おすすめのおまとめローン

おすすめのおまとめローンを3つ、ご紹介します。

中央リテール おまとめローン

金利10.95%~13.00%
利用限度額500万円
審査スピード最短2時間
web完結不可(来店が必要)
申し込み条件20歳~65歳

おすすめのおまとめローン1つ目は「中央リテール おまとめローン」です。中央リテールは、おまとめローン専用の消費者金融機関です。かなりの確率でおまとめローンを借りることができるでしょう。審査時間も2時間と、スピーディーなのが特徴。ただし、来店して手続きをする必要があります。

横浜銀行 カードローン

金利1.5%~14.6%
利用限度額1,000万円
審査スピード最短翌日
web完結可能
申し込み条件20歳以上

おすすめのおまとめローン2つ目は「横浜銀行 カードローン」です。おまとめ専用のローンではありませんが、カードローン・フリーローン共におまとめ可能な商品です。審査スピードが最短翌日と早く、カードが手元に届く前に返済⼝座にお振り込んでもらうことができる点は、お急ぎの方にとても魅力になります。また、ATMの利⽤⼿数料がいつでも無料なのはとてもお得です。

東京スター銀行 スターワン乗り換えローン

金利12.50%
利用限度額1,000万円
審査スピード最短3日
web完結可能
申し込み条件20歳~65歳

おすすめのおまとめローン3つ目は「東京スター銀行 スターワン乗り換えローン」です。こちらのおまとめローンは、一律で12.5%という低い金利が魅力になります。Webからの申し込みも可能で、24時間いつでも気軽に問い合わせができます。審査期間には3日ほど必要ですが、12.5%の金利はかなりお得です。

まとめ

さて、今回はおまとめローンについて審査の条件とともに解説しました。

おまとめローン先を探すことは、一定のハードルがあるでしょう。しかし、ご紹介したように、様々な金融機関がローンを用意しています。自分に合った条件と金利のローンを探してみてください。