多くの銀行や消費者金融がカードローンを提供していますが、何を比較して検討すればいいのでしょうか。

今回は、カードローンの金利に注目して比較してみました。カードローンを比較検討する際にご活用ください。

消費者金融と銀行カードローンの違いをおさらい

カードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンがあります。

まずは、この大きく分けて2つあるカードローンについてそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

銀行カードローンのメリット・デメリット

まずは、銀行カードローンですが、消費者金融カードローンと比較すると金利が低く設定されている傾向が高いです。金利は、カードローンを比較検討する上で重要なポイントの1つであり、低金利であればその分、利息としてかかるお金は低くなります。

また、メガバンクや地方銀行など普段の生活で利用している銀行が提供しているカードローンだと信頼度や安心感が高いこともメリットの1つだと思います。

一方で即日融資には適用しておらず、消費者金融カードローンと比較すると審査時間がかかってしまう点がデメリットとして挙げられます。そのため、急な出費や今日中に借り入れしたい!と感じている人にとっては不向きでしょう。

消費者金融カードローンのメリット・デメリット

消費者金融カードローンは銀行カードローンと比較して審査時間が早く、即日融資が可能なカードローンもあります。

審査時間は30分程度で済み、申込時間によっては申込日に借り入れする事が可能です。また、会社によっては、はじめての利用であれば無利息キャンペーンを実施しているカードローンもあります。一定期間の金利が0%となるキャンペーンをうまく活用することで利息0円で借り入れすることが可能な点はメリットでしょう。

逆にデメリットですが、銀行カードローンと比較して金利が高く設定されている点です。無利息で借り入れができるキャンペーンがありますが、金利だけで比較すると高い傾向にあります。

また、金利比較をする際に必ず上限金利で比較することに注意が必要です。

上限金利とは、〇〇%~△△%と設定されている△△%の部分のことを指します。カードローンの金利には下限金利~上限金利が設定されており、限度額によってこの金利が変動します。そのため、初めてカードローンをご利用する方などはほとんどの場合、上限金利を適用されることが多いです。

そのため、下限金利が低いからといって申込をしても下限金利が適用されないケースが発生します。これは、消費者金融カードローンだけの話ではなく、カードローン全般での注意点です。

消費者金融は改正貸金業法の総量規制の対象となっており、消費者金融からは年収の3分の1を超える借り入れを行うことができません。2010年から過剰融資を防止するために、この規制が完全施行されました。

総量規制の対象は消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業事業者が対象です。そのため、規制を受けない銀行が提供する銀行カードローンは対象外です。ただし、過剰貸付が問題となり施行された規制という背景もあり、銀行カードローンも自主規制を行い年収の3分の1以上の貸付を制限している傾向にあります。

カードローンを比較検討する際のポイント

銀行カードローン、消費者金融カードローンのメリット。デメリットを解説しましたが、どのような指標で比較するべきなのか解説します。

金利

金利が低ければ利息も減り、支払い総額は少なく済みます。特に長期的な返済を検討している方にとっては大きな差が生まれます。

返済時の手数料

カードローンは繰り返し利用する事ができるので、何回も借り入れを行うと都度、手数料がかかってしいます。

どのような期間や頻度で借り入れを行い、返済していくかの返済計画が重要です。よく行くコンビニのATMが利用できる、インターネットで返済が可能などの利便性も比較検討する際のポイントです。

まとめ

銀行カードローンと消費者金融カードローンにはそれぞれメリット・デメリットが存在しています。

カードローンを比較検討する上で金利の比較は重要ポイントですが、借り入れ用途や返済計画をたて、キャンペーンや返済方法を確認した上で、自分にあったカードローンを利用しましょう。