カードローンやフリーローンの申し込み先を調べるなかで、ノンバンクという言葉と出会うと思います。しかし、一般的にはノンバンクは聞き馴染みのある言葉ではなく、詳しく知らない方は多いでしょう。

この記事では、ノンバンクの特徴とメリット、銀行との違いなどについて解説していきます。また、フリーローンとカードローンの違いについては下記の記事で解説しているのでご参照ください。

関連記事:
カードローンとは?注意点や借りやすいカードローンを解説

ノンバンクと銀行の違いとは

ノンバンクとは、銀行以外の金融機関のことを指します。預金業務は行わず、お金を貸す与信業務に特化している業者です。具体的には、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などが該当します。

ノンバンクは与信業務のために提供する資金を、銀行をはじめとする金融機関から調達しています。その資金をそのまま顧客に貸し出すので、言わば金融業界の卸売業者と言えるでしょう。

業務の他にも、銀行とノンバンクでは様々な違いがあります。違いのなかでも、利用者に影響のある違いに注目して、それぞれ詳しくみていきましょう。

適用される法律が異なる

ノンバンクと銀行の代表的な違いの一つに、適用される法律が異なる点が挙げられます。ノンバンクには貸金業法、銀行には銀行法という法律がそれぞれ適用されるため、そもそも異なる規制や制限を受けるのです。

なかでも利用者が留意すべき点は、貸金業法で適用される総量規制です。具体的な規制内容は次の通りです。

  • 借入限度額は年収の1/3以内とする
  • 1社から50万円以上、もしくは複数社から100万円以上借りるときは、収入証明書を提出する

これにより、ノンバンクが提供する各種ローンには上限額が設けられ、さらには収入証明書の提出が要求される場合があります。

銀行法には総量規制は定められていないので、総量規制の有無はノンバンクと銀行の大きな違いの一つと言えるでしょう。

適用される金利が異なる

次に、ノンバンクと銀行とでは、一般的にノンバンクの方が高い金利が適用されます。

日本の代表的な銀行である三菱UFJ銀行と、代表的なノンバンクであるプロミスのカードローンに適用される金利を比較してみましょう。

三菱UFJ銀行プロミス
最低金利1.8%4.5%
最高金利14.6%17.8%
※2021年1月時点の各社の公式HPを参照

表を確認しても分かるように、三菱UFJ銀行よりアコムの方が高金利であることが分かります。また、当社の調べではノンバンクの金利上限値の平均は16.58%、銀行系では12.12%と、ノンバンクの方が金利の上限値が高い傾向にあります。

ノンバンクの方が銀行より金利を高く設定する理由は次の通りです。

  • ノンバンクの貸出資金源は銀行なので、銀行への返済に適用される金利より貸出に適用する金利を高く設定する必要がある
  • ノンバンクは総量規制の適用を受けるため、貸出金額が少額でも利益が出るように、比較的高く金利を設定する必要がある

もっとも、ノンバンクでも銀行より金利が低い場合があります。あくまで傾向としてノンバンクの方が高金利だと認識しておけば問題ないでしょう。

借り入れまでの所要時間が異なる

ノンバンクと銀行では、銀行の方が審査から融資までに時間がかかると言われています。ローン申請者が反社会的勢力かどうかチェックするために、警視庁のデーターベース照会を行うからです。この手続きに時間がかかるため、一般的に銀行では即日融資を受けることができません。

一方、ノンバンクでは顧客情報を厳正にチェックはするものの、銀行ほど様々な業者を巻き込んで審査しないため、融資までに時間がかかりません。申請金額や各社の方針にもよりますが、ノンバンクであれば借り入れまでの所要時間は1時間もかからない場合があります。

銀行とノンバンクとでは審査・融資手続きの違いから、借り入れまでの所要時間が大きく異なるので、ローンを申請する際は注意しましょう。

ノンバンクのメリット

次に、ノンバンクを利用するメリットをお伝えします。

借り入れまでの所要時間が短い

先述したように、ノンバンクは銀行と比べて融資までの所要時間が短いです。早い場合だと30分ほどで融資を受けることができるので、すぐにお金が必要な方に向いています。

アプリが普及していて利便性が高い

ノンバンクの多くは利用者に専用のアプリを提供しており、利用者の利便性を高めています。今では全ての手続きがWebやアプリのみで完結する場合も多いので、銀行に比べて手軽にお金を借りることができます。

条件を満たせば初回利用が無利息の場合も

一部のノンバンクでは、初回利用に限り、無利子で融資していることがあります。場合によっては貸出期間や用途制限などの条件がありますが、金利なしで融資を受けられるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

ノンバンクの利用を検討すべきとき

ノンバンクは銀行より金利が高くなる場合があり、利用者としては認識すべきデメリットの一つです。

しかし、借り入れまでの所要時間が最短即日であり、その手続きも簡易であるなど、銀行と比較した上でスムーズに融資を受けることができます。急な資金需要が生じた場合にノンバンクの利用を検討すると良いでしょう。

反対に、特段急ぎではない場合は、金利が比較的低い銀行を利用する方がいいと思います。

まとめ

ノンバンクの特徴やメリットについてお伝えしました。ノンバンクも銀行はどちらも融資を行う金融機関ですが、目的や用途に応じて、どちらも一長一短があります。

借り入れまでの時間はある程度かかっても低金利で融資を受けたい場合は銀行を、若干金利が高くなっても即日融資を受けたい場合はノンバンクを、という形で使い分けていきましょう。

金利や利便性などの表面的な条件は重要ですが、何より自分のニーズに合ったサービスを選択することが大切です。

銀行でも融資までの時間が短かったり、ノンバンクでも低金利で融資していたりする場合があります。しっかりと比較検討した上で、自分のニーズに合ったローンを申請することが重要です。