ノンバンクと銀行の違いとは

ノンバンクとは、銀行以外の金融機関のことを指します。預金業務は行わず、お金を貸す与信業務に特化している業者です。具体的には、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などが該当します。

ノンバンクは与信業務のために提供する資金を、銀行をはじめとする金融機関から調達しています。その資金をそのまま顧客に貸し出すので、言わば金融業界の卸売業者と言えるでしょう。

業務の他にも、銀行とノンバンクでは様々な違いがあります。違いのなかでも、利用者に影響のある違いに注目して、それぞれ詳しくみていきましょう。

適用される法律が異なる

ノンバンクと銀行の代表的な違いの一つに、適用される法律が異なる点が挙げられます。ノンバンクには貸金業法、銀行には銀行法という法律がそれぞれ適用されるため、そもそも異なる規制や制限を受けるのです。

なかでも利用者が留意すべき点は、貸金業法で適用される総量規制です。具体的な規制内容は次の通りです。

  • 借入限度額は年収の1/3以内とする
  • 1社から50万円以上、もしくは複数社から100万円以上借りるときは、収入証明書を提出する

これにより、ノンバンクが提供する各種ローンには上限額が設けられ、さらには収入証明書の提出が要求される場合があります。

銀行法には総量規制は定められていないので、総量規制の有無はノンバンクと銀行の大きな違いの一つと言えるでしょう。