あなたは「期限の利益喪失」という言葉を聞かれたことがありますか?お金の貸し借りをする際には、原則として債務者のために期限の利益があるとされます。その期限の利益を失う「期限の利益喪失」について、徹底的に解説します。

期限の利益とはどんな意味なのか?また期限の利益喪失とは?

期限の利益とは返済期限が到来しないことによって、お金を借りる「債務者」が持つ利益のことです。債務者は「〇月〇日までに○○円の貸付金を返済します」と、貸主である「債権者」と契約を取り交わしています。この借金返済の返済猶予期間のことを「期限の利益」といいます。期限の利益があるために、債権者はすぐに借金の完済を迫ることはできません。

債権者は債務者を信頼して貸付金の返済を猶予してくれています。つまり、「期限の利益喪失」とは、期限の利益を失ってしまうことです。期限の利益を喪失してしまうと債務者はすぐに借金を完済しなければいけません。期限の利益喪失をするケースはいくつかあり、詳しくは次項で後述しますが、債務者に何らかの落ち度があり期限の利益喪失をしてしまうパターンがほとんどです。

期限の利益を喪失するとどうなるのか?

期限の利益喪失については、民法の第137条にて以下の通り定められています。

(期限の利益の喪失)
第一三七条 次に掲げる場合には、債務者は、期限の利益を主張することができない。

1.債務者が破産手続開始の決定を受けたとき。
2.債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき。
3.債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき。

(引用元:民法第137条)

喪失する場合のケースを1つずつ見ていきましょう。

①債務者が破産手続開始の決定を受けたとき

債務者が破産手続きの開始決定を受けると、期限の利益を喪失します。このことにより、債権者に不利益が出ないように法律で定められているのです。

②債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき

債務者が借金の肩代わりとして、何らかの担保を出していた場合、その担保の価値を下げてしまう行為を起こすと、期限の利益は喪失します。例えば、貴金属などを担保にしていた場合、何らかの原因で担保としていた貴金属を無くしてしまった場合、債権者はお金を返してもらえる可能性が低くなることから期限の利益は喪失します。

③債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき

債務者が借金の肩代わりとして担保を提供しない場合も、期限の利益は喪失します。また、担保として提供した物に、相応の価値がないと判断された場合にも、期限の利益喪失が起こります。

④分割返済時に滞納をしてしまった場合

民法上で定められているケースではありませんが、分割返済の契約した際の条項に定めがある場合は、その返済日に滞納をしてしまった場合にも期限の利益喪失は発生します。

⑤不渡り手形を出してしまった場合

6か月以内に2回の不渡り手形を出してしまうと、2年間銀行との取引が出来なくなります。不渡り手形を出した際にも期限の利益は喪失します。

期限の利益喪失を防ぐ方法とは?

期限の利益を喪失しない方法はいくつかあります。ここでは2通りの一般的な方法をご紹介します。

①借金の返済を自動引き落としにする

期限の利益喪失を防ぐ方法1つ目は「自動引き落とし」です。期限の利益喪失をする可能性が高いのは、うっかりで毎月の返済を滞納してしまう事です。銀行口座からの引き落としにしておけば、うっかり滞納を防ぐことができるでしょう。

②収入額と支出額をきちんと把握する

期限の利益喪失を防ぐ方法の2つ目は「収支をきちんと把握すること」です。借金をしてしまったという事は、元々の収支バランスが悪いケースが多いです。収入に見合わない買い物をしていないか?アルバイトなどをして、支出に対するだけの収入を得る工夫をしているか?など家計を見直すことで、無理な借金をせず、期限の利益喪失を防ぐことに繋がります。

期限の利益喪失通知書が届いた時の対処方法

期限の利益喪失が発生すると、債務者の元には「期限の利益喪失通知書」が届きます。ここでは期限の利益喪失通知書が届いた際の対処方法を簡単にご紹介します。

①通知書に記載されている返済日までに返済をする

1つ目の方法は、期限の利益喪失通知書に記載されている日までに支払い滞納分を返済する事です。通知書記載の日までにとりあえずの滞納分だけを返済すれば、喪失は回避となります。もし、支払いを怠ってしまうと、期限の利益喪失となり、残額に損害金を足した金額を即日完済しなければいけなくなるので注意しましょう。

②債権者に相談してみる

2つ目の方法は、債権者に相談する事です。収入の目途が立っていていつまでにお金を用意できるのかが決まっているのであれば、債権者に相談することで猶予を与えてくれる場合があります。

債権者によりますが、支払いが難しくなったことが分かった時点で誠実に債権者に報告をすると次の期限を設定してくれることも多いものです。

③弁護士などを使い債務整理手続きをする

3つ目の方法は、債務整理をすることです。知人からお金を工面したり、弁護士に相談したりして債務整理を行う方法です。自己破産手続もこの債務整理に該当します。

この場合は期限の利益を喪失し、ブラックリストに載ってしまいますが、弁護士が間に入ることで借金の取り立ては止まります。また、債務整理をするくらいだと多重債務になっている場合が多いものです。

「銀行のおまとめローン」を利用できれば、借金の利息を下げて自己破産を回避することもできる可能性があります。

まとめ

今回は「期限の利益喪失」について詳しく解説しました。借金をすると債務者のために「期限の利益」が付いています。契約に従って返済を行う事で、喪失することは避けることができます。借金をする際は、きちんとした返済計画を立てることをおすすめします。安易に契約を破ってしまい、期限の利益喪失を発生させないように返済期日を守り、債権者から信頼されるようになりましょう。