あなたは「期限の利益喪失」という言葉を聞かれたことがありますか?お金の貸し借りをする際には、原則として債務者のために期限の利益があるとされます。その期限の利益を失う「期限の利益喪失」について、徹底的に解説します。

期限の利益とはどんな意味なのか?また期限の利益喪失とは?

期限の利益とは返済期限が到来しないことによって、お金を借りる「債務者」が持つ利益のことです。債務者は「〇月〇日までに○○円の貸付金を返済します」と、貸主である「債権者」と契約を取り交わしています。この借金返済の返済猶予期間のことを「期限の利益」といいます。期限の利益があるために、債権者はすぐに借金の完済を迫ることはできません。

債権者は債務者を信頼して貸付金の返済を猶予してくれています。つまり、「期限の利益喪失」とは、期限の利益を失ってしまうことです。期限の利益を喪失してしまうと債務者はすぐに借金を完済しなければいけません。期限の利益喪失をするケースはいくつかあり、詳しくは次項で後述しますが、債務者に何らかの落ち度があり期限の利益喪失をしてしまうパターンがほとんどです。

次へ 1 2 3 4 5