現在借り入れをしている方や、カードローンを検討中の方は、「弁済」という言葉を見聞きしたことがあるかもしれません。ただ、普段あまり使われない言葉なので、弁済と言われてもピンとこない方も多いことでしょう。

今回は、弁済の意味や返済との違いなど、「弁済」についてわかりやすく解説していきたいと思います。

弁済の定義は?どういう意味?

弁済とは、債務者が約束の債務を実現させる債務者、その他の者が行為をすることです。また、それにより債権者の目的は達成され、債権が消滅することを弁済と言います。

簡単に言うと、借りたお金を全額返すことです。
ただ弁済は、借金を返す時だけでなく、物品を売買する時や、家賃の支払い・受領などを行う際にも使用します。

具体的な事例

弁済について具体的な例をあげると、以下のような事例があります。

  • 借りたお金を全額返すこと
  • 購入すると決めた商品の代金の支払いを行うこと
  • 支払いが済んでいる商品を購入者に渡すこと
  • 賃貸マンションの家賃の支払いを終えること など

この場合の「債権者」は、お金を貸している人や、商品の支払いを受ける店員、購入した商品の受け取りを待つ購入者、賃貸マンションの大家さんなど「弁済を受ける権利のある人」です。

「債権」は、貸金や商品、家賃の受け取りなどを受ける「権利」のことです。
「債務」は、借金や商品の受け渡し、家賃の支払いなどを、行う必要のある「義務」のことです。

そして「債務者」とは、「その行為を行う義務のある人のこと」です。

弁済は日常の中でよくあるありふれた行為

弁済というと、借金を連想する方もいると思います。

しかし、実際は借金の時だけでなく、お金が関わるやり取りの様々なシーンで「弁済」が行われています。

普段の生活の中ではほとんど使われない言葉ですが、実は私たちの日常生活に深く関わりのある言葉です。

次へ 1 2 3 4 5