『善意の第三者』というキーワードは不動産取引や民法で使用されることが多く、簡単に説明すると事情を知らない第三者のことを示します。

不動産取引が違法行為によって消滅した場合、違法行為の内容を知らずに取引してしまった第三者を保護するためにしばしば使用されます。

反対に日常生活で使われる『善意』という言葉は、他人や物事に対しての良い感情のことです。善意という単語が日常生活と法律の場で、持っている意味が違うということがポイントです。

そこで今回は、不動産取引での

  1. 善意の第三者とは
  2. 実際の具体例
  3. 民法における『第三者』と『善意と悪意』の説明

以上のことを解説します。
不動産取引は難しくてわからないという方でも、覚えておいて損はないと思いますので最後までご覧ください。

次へ 1 2 3 4 5 6 7