お金の貸し借りを行うための個人間融資掲示板というものが存在しています。

一見便利そうに見えますがさまざまなリスクを持つ危険なものといわざるを得ないのが実情です。

この記事では個人融資掲示板の危険性について解説します。危険性をしっかり理解し、利用しないようにしましょう。

個人間融資掲示板とは?

個人間融資掲示板とはお金を貸したい方とお金を借りたい方が、お互いにコメントを投稿できる掲示板のことです。お金を借りたい方がその旨を投稿すると、それに対してお金を貸したい方が連絡をするという仕組みです。

これだけだと人と人が相互に支えあう、「共助」の精神に基づいたものに見えますが実際には詐欺やさまざまな犯罪の温床となっています。

ソーシャルレンディングとは違う?

個人間融資という言葉はもともとはソーシャルレンディングのことを指していました。しかしながら、現在用いられている「ソーシャルレンディング」という言葉は、間に仲介する企業が入り、主に新しい事業に向けて融資を募るためのものを指します。

個人間融資掲示板とソーシャルレンディングは根本的に違うものであることを覚えておきましょう。

個人間融資掲示板はこんなところが危険

それでは、なぜ個人間融資掲示板が危険だといわれるのでしょうか。8つの点で解説します。

①個人情報を売られてしまう

個人間融資掲示板であっても、融資には身分証明書など個人情報の提示が求められます。これ自体は、お金を貸す側が借り手の信用状態を判断するために保証として納得できるものです。

しかし、提供した個人情報が適切に扱われるという保証はありません。相手に悪意があった場合、身分証を悪用して勝手にお金を借りられたり、犯罪のための銀行口座を作られたり、個人情報そのものを売られたりといったリスクがあります。お金が振り込まれることなく、個人情報のみが取られてしまったというケースもあるようです。

一度個人情報が流出すると、解決には電話番号の変更や引っ越しなど、お金と手間が必要になる場合が多いです。

②アフィリエイト目的の場合も

アフィリエイトとはFXや出会い系サイトなどへの登録によって広告主が成果報酬として広告料収入を得られる仕組みです。

個人間融資掲示板における融資の条件として、こうしたサイトへの登録を課している場合があります。登録後に融資が行われればまだよいのですが、実際には融資が行われず、登録だけして終わりというケースがほとんどとのこと。

また、登録したサイト経由で個人情報が流出することもあるそうです。

③高額な利息を請求される

正規の業者であれば利息の上限は利息制限法によって最高で年利20%と法律上の規制が働いています。一方、個人間融資では出資法により年109.5%が上限です。

しかし個人間融資掲示板ではそのような法律は無視されることが多く高額な利息を要求されることも。

正式な借用書や契約書を交わすことも少ないため、返済時に突然高額な利息を請求されたり、即日返済できなかったことを理由に金利を引き上げられるケースもあります。

④保証金を支払ったら連絡が取れなくなる

貸す側のリスクを下げるという名目で、最初に保証金を求められるということが個人間融資掲示板で見られます。しかし保証金を振り込むと、そこから一切連絡が取れず保証金をだまし取られてしまうという詐欺が横行しているようです。

また初回は保証金に対してきちんと融資をするのに2回目は保証金だけだまし取られて融資されないという手の込んだケースも存在するので、注意が必要です。

⑤実は闇金業者だった

個人間融資掲示板では相手が何者なのかわからないため実際には貸し手が違法にお金を貸す業者である闇金業者である場合もあります。

さまざまな規制や闇金業者のイメージ悪化に伴い、新たな営業方法として個人間融資掲示板やTwitterなどを利用するケースが増えているようです。

闇金業者からの借り入れに対して、少しでも返済が遅れた場合は勤務先や親兄弟・親類まで脅迫まがいの厳しい取り立てに合い、精神的に追い詰められる可能性もあります。

⑥性的な関係を要求されることも

女性の場合、お金を貸す条件として性的な関係を求められることもあります。

行為を拒否すると金利を倍以上に引き上げられたり、写真を撮られて恐喝のネタにされたりというケースも存在します。返済を終えてもさらなる犯罪に巻き込まれる可能性があります。

⑦多重債務に陥る危険性

個人融資掲示板では正規の業者に比べて高い金利が設定可能なので利息が高額になって返済が難しくなることがあり、借金で借金を返済する多重債務に陥る可能性があります。

一度多重債務に陥るとなかなか抜け出せなくなります。

⑧犯罪に加担してしまう可能性も

お金を返済する代わりに犯罪に加担させられるケースもあります。

例えば違法な薬の運び屋や特殊詐欺の片棒を担がされたりといったケースが存在します。口座や携帯電話を売るように指示され、それらが犯罪に使われるという場合もあるそうです。

個人間融資掲示板で詐欺にあったときの対処方法

個人間融資掲示板は利用しないのが一番ですが、万が一個人間融資掲示板で詐欺にあってしまったときは、どのように対処すればいいのでしょうか。

怪しい誘いや性的な関係を要求されたら従わないように

個人間融資掲示板には正規の方法でお金を借りられない人が集まっており、そこに付け込もうとする悪意を持った貸し手が多く存在します。

やり取りの最中で怪しい誘いや性的な関係を要求された場合は絶対に従わないようにしましょう。そこから多重債務者に陥ったり、犯罪に巻き込まれる危険があります。

借り入れ額と返済金額を記録する

個人間融資掲示板ですでにお金を借りてしまった場合は、借入額と返済金額をしっかり記録するようにしましょう。また、貸付の動機などが悪質な場合には、元本の貸付け自体が無効とされた裁判例もあります。

個人間融資では年利109.5%を超える金利は法律違反です。
上限を超えた利息の法的な返済義務はないため常にチェックしましょう。

法律の専門家に相談する

個人間融資掲示板で何らかの犯罪やトラブルに巻き込まれてしまったら、個人での解決を図らず弁護士などの専門家へ相談するのがおすすめです。

警察に相談しても借金問題は民事ということもあり、すぐに動いてくれない場合もあります。闇金業者がかかわっている場合は、闇金対策に強い法律の専門家に相談するといいでしょう。

個人間融資掲示板は利用しないようにしよう

個人間融資掲示板は大変危険であり、犯罪の温床となっているのが実情です。融資が必要な場合は正規の業者から融資を受けることを強くおすすめします。利用を考えていた方はぜひ思いとどまるようにしてください。

借りるあてがなく多重債務などで困っている場合には、まずは自治体の多重債務相談窓口や消費生活センターなどに相談することをおすすめします。返済に困ったら一人で悩まないようにすることが、トラブルに巻き込まれないコツといえます。

借入をご検討の方

借入をご検討の方はuP.でカードローンやフリーローンを検索することができます。uP.では金利やお申込みの条件などもご確認いただけます。

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。