自動車ローンやカードローンなど個人向けローンにはたくさん種類があって必要書類も分かりづらいですよね。この記事では主な個人ローンの分類と審査で必要になる書類をご紹介していきます。ぜひローンを選ぶ際の参考にしてください。

個人向けローンは主に5種類

まずは、どんな個人向けローンがあるのか分類を確認してみましょう。自分の目的に合ったローンが見つかるはずです。

①自動車ローン

自動車ローンとは、新車や中古車の購入費用を借り入れることです。

車の購入代金だけでなく、オプションでつけたカーナビやオーディオなどもローンに組み込めることが特徴です。銀行などの金融機関から借りる方法とディーラーローンを利用する方法がありますが、ほとんどの場合においてディーラーローンの方が金利を高めに設定されています。

ディーラーローンは審査が簡単で早く借り入れできますが金利の差を考えるとまずは金融機関が提供するマイカーローンの検討がおすすめです。

②リフォームローン

マンションや戸建て住宅などのリフォームに使えるのがリフォームローンです。住宅ローンより簡単な審査で、フリーローンより低金利な点が魅力です。リフォームローンは不動産に関するローンのため、担保をつける「有担保型」を選べます。

有担保型は抵当権の設定(家を担保にするために金融機関がする手続き。専門家が代行してくれる)など手続きは面倒になりますが、無担保型に比べて低金利かつ返済期間も長く設定できるので、金額が大きくなる場合は検討してみてもよいでしょう。一方、無担保型は審査や手続きが簡単ですぐに借りられるため、小規模のリフォームに適しています。

次へ 1 2 3 4 5 6