「リボ地獄」とはリボ払いがなかなか完済できず苦しいという体験者から聞かれる言葉です。現金がないためクレジットカードに頼らざるを得ない生活が長く続く原因のひとつに、リボ払いの完済目処が立たないということが挙げられます。

リボ払いは使い方次第でプラスにもマイナスにもなる仕組みです。クレジットカードをお持ちならぜひ、知っておいていただきたいと思います。

リボ払いの仕組みは?分割払いとの違いやシミュレーション

支払残高10万円未満10〜15万円未満15万円〜20万円未満
毎月の支払額1万円1万5千円2万円

リボ払いとは 

リボ払いは「リボルビング払い」の略称です。リボ払いには主に毎月一定額を支払う「定額方式」と、トータルの支払残高に応じて毎月の支払額が変動する「残高スライド元利定額方式」があります。

たくさんお買い物をしても、その金額や件数には関係なく返すお金は一定額になります。そして支払い残高がなくなるまで一定額の返済が続きます。

一括払い、ボーナス払い、分割払いとリボ払いとの違いは?

手数料返済回数の指定返済金額の指定
一括払いなし
ボーナス払いなしカードによっては
「ボーナス2回払い」対応
のサービスあり※
分割払いあり可能不可
リボ払いあり不可定額方式は可能残高スライド方式は増額が可能

※利用時には手数料が発生することがあります。利用会社の規約をご確認ください。

一括払いやボーナス払いは手数料がかかりません。分割払いはカード利用時に支払い回数を自分で指定でき、支払残高に応じた手数料を支払います。

リボ払いは、定額方式なら自分であらかじめ毎回の返済金額を自分で指定できます。残高スライド方式は支払残高に応じた支払額になりますが、自分で都度、増額をすることは可能です。どちらの方式においても、支払残高に応じた手数料を支払います。

リボルビング払いが「地獄」と言われているのはなぜ?

お金をどれだけ使ったかに関係なく毎月一定額を支払えばいいというのはリボ払いの大きな魅力です。一方で「なかなか完済できない」「いつの間にか支払残高がとんでもない額になっていた」という体験談もよく耳にします。これがいわゆる「リボ地獄」の状態です。

毎月の支払いを少額に抑えながらカード利用可能枠の範囲内で支払いができるのはリボ払いのメリットです。ただ、その便利さに頼りすぎると支払残高がなかなか減らず、手数料の支払いが上乗せされるデメリットの部分が大きくなってしまうのです。

支払いシミュレーションでリボ払いの仕組みを知ろう!

<定額方式>

10万円をリボ払い(定額方式)で毎月5千円ずつ支払うと、返済回数は11回で支払い総額は10万7497円になります。

リボ払い – 定額方式(手数料率15.0%/年)

返済回数支払額元金手数料返済後の支払残高
1回10,000円8,750円1,250円91,250円
2回10,000円8,860円1,140円82,390円
3回10,000円8,971円1,029円73,149円
4回10,000円9,083円917円64,336円
5回10,000円9,196円804円55,140円
6回10,000円9,311円689円45,829円
7回10,000円9,428円572円36,401円
8回10,000円9,545円455円26,856円
9回10,000円9,665円335円17,191円
10回10,000円9,786円214円7,405円
11回7,497円7,405円92円0円

<残高スライド元利定額方式>

リボ払い – 残高スライド元利定額方式(手数料率15.0%/年)

返済回数支払額元金手数料返済後の支払残高
1回10,000円8,750円1,250円91,250円
2回10,000円8,860円1,140円82,390円
3回10,000円8,971円1,029円73,149円
4回10,000円9,083円917円64,336円
5回10,000円9,196円804円55,140円
6回10,000円9,311円689円45,829円
7回5,000円4,428円572円41,401円
8回5,000円4,483円517円36,918円
9回5,000円4,539円461円32,379円
10回5,000円4,596円404円27,783円
11回5,000円4,653円347円23,130円
12回5,000円4,711円289円18,419円
13回5,000円4,770円230円13,649円
14回5,000円4,830円170円8,819円
15回5,000円4,890円110円3,929円
16回3,978円3,929円49円0円

10万円をリボ払い(残高スライド元利定額方式)で支払うと、毎月の返済額は支払残高によって段階的にスライド(変動)し、返済回数は16回で支払い総額は10万8978円になります。

残高スライド方式は支払残高がある金額まで減ると、毎月の支払額が減額される仕組みになっています。そのため支払い終わるまでに時間がかかることになり、ずっと同じ額を支払い続ける定額方式に比べて支払総額が多くなる傾向にあります。

リボ払いを返済しながら新たな支払いが追加されれば支払残高にその金額が加算されます。残高スライド方式の場合は支払残高の増加に応じて毎月の支払額が増えることがあります。そして定額方式の場合は支払残高が増えても毎月の支払額はそのままです。注意しておかないと「いつの間にか支払残高が増えていて、支払う手数料も多額になっていた」という状況になりやすいと言えます。

定額方式、残高スライド方式のどちらにおいても、リボ払いならではの特徴があります。もう少し詳しく見ていきましょう。

リボ払いのメリットとデメリット

リボ払いのメリット

「リボ地獄」という言葉を聞くとリボ払いがとても怖いもののように感じてしまうかもしれませんが、仕組みを知ってうまく活用すればメリットを得ることができます。リボ払いの長所は次の通りです。

支払いが毎月一定なので支出管理がしやすい

リボ払いを選択することでカードの支払いを毎月一定額にすることができます。一時的に大きな買い物をしても銀行口座からの引き落とし金額は一定である分、家計管理がしやすくなります。

ポイントや特典などがたまることも

利用しているカードによってはポイントが付与されたり特典を受けることができたりすることもあります。

リボ払いのデメリット

一方、リボルビング払いを利用する際には気をつけておきたいポイントがあります。

手数料がかかる

リボ払いの利用時には手数料が発生します。ローンの中でもリボ払いの手数料は高めの傾向にあります。また、利用会社により手数料の支払方法は異なります。返済額に上乗せする方式や、毎月一定の返済額に含まれている方式がありますので事前に確認しましょう。

支払総額が増える、そのことに鈍感になりやすい

手数料がかかる分、支払総額も増えます。先ほどのリボ払いシミュレーションでもご紹介しましたが、支払期間が長くなるほど手数料も多く発生します。また、毎月一定額のみ支払っていると、支払残高が増えていることに気づきにくくなってしまう方もいます。

リボ地獄に陥る前に!リボ払いで気をつけたいポイント

次のポイントを押さえておけば、リボ地獄に苦しむことなく、家計のやりくりにクレジットカードを活用できます。

リボ払いの仕組みを理解してから利用しましょう

これまでご紹介した仕組みを頭に入れた上でリボ払いを使いましょう。特に、自分が持っているカードのリボ払いが「定額方式」なのか「残高スライド方式」なのかを確認する必要があります。中にはカード契約時、すでにリボ払い設定がされている場合もあります。規約を読んだり相談窓口に問い合わせて自分の契約を確認することをおすすめします。

リボ払いの支払残高と毎月の返済額のバランスを取りましょう

リボ払いを利用する場合はまず、現在のリボ払い支払残高を確認します。その上で、毎月のリボ支払金額を設定しましょう。支払金額は数千円から設定できますが、支払う金額が少ないほど手数料が増え、支払残高がなかなか減りません。各カード会社のホームページでは返済シミュレーションサイトを公開しています。そこで試算してみると、自分にとって適切な支払金額が分かります。

uP.でも借り換えを行う場合のシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。

毎月の利用明細を必ず確認しましょう

カードの利用明細は毎回しっかりとチェックしましょう。リボ払いの状況が掲載されています。支払残高がどのくらいあるのか、現在の支払いを続けるとあとどのくらいで返済が終わるのかなど、今後の見通しを日頃から持っておくことが大切です。

リボ地獄に陥ってしまったら?リボ払いの悩みを解決する方法

たとえば主婦の方から「一時的な収入減に対応するためにリボ払いを使い始めたらなかなか返済できなくて苦しい」とご相談を受けることがあります。次にご紹介する方法で解決への道筋を立てていきましょう。

一括返済・増額払い

家計に多少の余裕があるのなら一括返済や増額払いを行います。リボ払いでは手数料率が高めに設定されており、少しでも早く支払残高を減らすことで支払総額を抑えることができます。支払期間も短縮できます。

銀行・信用金庫のカードローンへの借り換え

金融機関のカードローン金利はリボ払いの手数料率と比べて低めに設定されています。銀行や信用金庫のカードローンに借り換えることで返済しやすくなる可能性があります。

弁護士に相談して債務整理(任意整理・自己破産など)

これらの方法が難しければ弁護士に相談してみましょう。リボ払いや他の借入も合わせて債務整理を行うことで現在の家計状況に応じた解決策が見えてきます。

リボ払いに向いている人、向いていない人

最後に、そもそもどんな人がリボ払いに向いているのか・向いていないのかについて考えたいと思います。

リボ払いに向いている人

  • お金の管理について、少し先まで見通すことができる方
  • 定期的に利用明細の確認ができる方
  • 計画性を持って、短期的な利用ができる方

ご自身の家計状況を少し先まで把握している方であればリボ払いを上手に活用できるでしょう。「計画的に」「その都度状況を確認しながら」「一時的な利用」がポイントです。

リボ払いに向いていない人

  • 少し前からすでに家計がギリギリな方
  • 収入増など家計がプラスになる予定が近いうちに見込めない方
  • 難しいことを先延ばしにしがちな方
  • スケジュール管理が苦手な方

リボ払いをあてにしすぎると自分の返済できる範囲を大きく超えてしまうことがあります。リボ払いを利用する前に、まずは家計の見直しや他社での借入状況の再検討などを行いましょう。

まとめ

「急にパソコンが壊れてしまったので買い替えないといけない」等、予想外かつ一時的・短期的な支出に対してリボ払いは有効です。返済の見通しを立てた上で利用しましょう。一方、日常的なお買い物すべてをリボ払いにしてしまうと、収支の感覚が麻痺してしまうことがあります。リボ地獄にはまってしまう前に仕組みを理解して、計画的に活用しましょう。

借り替えやおまとめをご検討の方

借り換えやおまとめローンをご検討の方はuP.で検索することができます。uP.では金利やお申込みの条件などもご確認いただけます。