友人の結婚式が重なったり医療費が高額になってしまったりと、想定以上の支出が発生することは度々あると思います。

そこでこの記事では必要な資金を5万円と想定して5万円を工面する方法について解説していきます。

5万円をすぐに工面する方法

ここで紹介する方法以外にも様々な方法があるとは思いますが、一般的には次の4つの方法を利用する方が多いと思います。

①親や知人から借りる

もともと信頼関係が出来上がっているのでお金が必要になった時には親や知人から借りるケースが多いと思います。

しかし、お金を借りることで信用を失いたくない場合であればむしろこの信頼関係は逆手になってしまうでしょう。

②日雇いバイトを行う

お金を稼ぐには日雇いバイトも一つの手段となります。

しかし、5万円を日雇いバイトで稼ぐには、ある程度時間がかかってしまいます。

1日1万円稼いでも5日はかかってしまうので急な出費には対応できない可能性があります。

③銀行から借入れする

お金に困ったら銀行から借りる方が多いのではないでしょうか。

キャッシュカードを保有している銀行から借り入れることが最善かと思われます。

しかし銀行は後述する消費者金融と比較して審査のスピードが遅く、即日融資に対応していないことに注意すべきです。

銀行からの借入は概ね1週間程度かかると認識しておきましょう。

④消費者金融から借入れする

お金を借りる先として消費者金融を利用する方も多いでしょう。

審査に要する時間は銀行と比べてかなり短く、最短で30分で完了する場合があります。

また、消費者金融は即日融資に対応しているので急な出費にも対応することができます。

銀行と比べて金利がやや高いことがデメリットとして挙げられますが、金利手数料が0円になるキャンペーンを実施している消費者金融もあるので、借入先として消費者金融も検討すべきでしょう。

少額融資

必要なお金が比較的少額であれば少額融資を利用するのも一つの手段です。

少額融資の説明や利用時の注意点について解説していきます。

少額融資とは

少額融資とは銀行や消費者金融などの金融機関が提供している少額融資サービスのことであり、数万円から10万円と設定している場合が多いです。

名前の通り少額のお金を借りたい方向けのサービスであり、審査がすぐに完了する、収入証明書が不要な場合がある、無利息期間の適用がある、などのメリットがあります。

通常のローンと比べて融資上限額が低いなどのデメリットはありますが、5万円程度の金額であれば、少額融資を活用する方が利便性も経済性も高い場合が多いのです。

少額融資のポイント

便利な少額融資ですが留意すべきポイントについてお伝えします。

金利についてですが一般的には借入金額が少額であるほど金利は高くなる傾向にあります。

しかし金利については初回0%としていたり、金利手数料無料キャンペーンを実施していたりするので、うまく活用して利子負担を軽減させることができます。

次に担保についてですが、多くの少額融資サービスでは担保を要求していません。無担保で利用することができます。

少額融資を受ける際の注意点

最後に、少額融資を受ける際の注意点をお伝えします。

少額融資を検討している方に生じる疑問をまとめておりますので、利用を申請する前に確認しておくと良いでしょう。

無職の場合でもお金は借りられる? 

無職の場合は少額融資を利用することができません。

各種ローンの審査では、安定した収入があることをチェックしています。そのため、安定した収入がない無職の方では融資を受けることができません。

一方で、派遣社員やアルバイトでも、安定した収入があれば融資を受けることができます。

一度金融ブラックになってしまった場合でもお金は借りられる? 

金融ブラックの方は、金額の大小に関わらず融資を受けることができません。

ネットでは「ブラックでもお金を借りることができる」「審査しない金融機関を紹介」などの記事が散見されますが、注意が必要です。

貸金業者や銀行として国の許可のもと営業している真っ当な金融機関であれば、必ず審査を行った上で融資します。

そのため、「ブラックでも融資可能」「審査なし」と宣伝している業者はいわゆる闇金業者である可能性が高く、詐欺や高利貸しのリスクがあるので注意しましょう。

借入の裏技があるって本当? 

借入の裏技は存在しません。先述したように、審査を行わない金融機関がないからです。

とはいえ、借入額を最低金額で申請する、他社借入額と件数を少なくするなど、審査自体を通りやすくする工夫は存在します。

しかし、絶対に審査が通る裏技は存在しないので、次のようなことを徹底することで信用力を高めていく必要があります。

  • 安定した収入源を持つ
  • 返済期日を必ず守る
  • 金融事故を起こさない

無利子・無担保・無保証人でも借りられる場合がある? 

消費者金融であれば、基本的に担保・連帯保証人は必要ないので、無担保・無保証人でも融資を受けることができます。

また利子については初回利用に適用される金利が無料になるキャンペーンや、少額融資の利子が無料になったりするキャンペーンを利用すれば、無利子での借入は可能になります。

しかし、基本的に借入には利子がかかるものだと認識しておくべきでしょう。

まとめ

今回は5万円を借りる方法と少額融資について解説しました。

少額融資は少しの金額を借りる場合に便利なサービスなので、急な出費が発生した場合には利用を検討してみましょう。

また、一口に少額融資と言っても、借入可能額や金利などの違いがあるので、自分にあった商品を利用することが重要です。