大学生は交際費や教材費など、なにかと出費が重なることが多いと思います。

そこで、この記事では大学生がお金を借りる時のポイントと大学生におすすめのローンをお伝えします。

大学生がお金を借りる手段

はじめに大学生がお金を借りる手段を解説していきます。

ここに挙げる手段以外にもお金を借りる方法はあると思いますが、まずは代表的な手段を把握しておくことが重要です。

親や友人に借りる場合

お金を借りる方法として真っ先に思いつくのは親や友人に借りることだと思います。

お金を借りると言ってもまだまだ学生なのでお金の用途と貸し手との信頼関係次第では、比較的簡単にお金を借りることができるでしょう。

しかし、信頼関係がかえってお金の貸し借りを難しくしている場合も多く慎重な判断が必要です。

銀行から借りる場合

親や友人以外からお金を借りる代表的な手段は銀行から借りることでしょう。身近な金融機関であり、すでに利用している方も多いかと思います。

しかし、銀行は後述する消費者金融より審査時間が長いことや、即日融資に対応していないことから、急な支出には向いていません。

急な支出に対応するのであれば、他の手段を検討する必要があります。

消費者金融から借りる場合

大学生がお金を借りる手段として、消費者金融を利用することも挙げられます。

銀行と比べて金利がやや高いものの、審査の早さや即日融資に対応していることから、利便性が高い金融サービスです。

申し込むにあたって安定した収入源が必要ですが、アルバイトや派遣社員として給料をもらっていれば、基本的には大学生でも融資を受けることができます。

学生ローンから借りる場合

学生ローンとは、学生を対象にした金融機関のことであり、銀行よりも小規模な金融機関である場合が多いです。

学生ローンを申請する際は、お金の用途を尋ねられます。教材費やパソコン購入費、旅費や免許取得費等であれば問題ないですが、事業用や賭博用では申し込むができません。

学生ローンを利用する際は、特徴をしっかり押さえておく必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合

クレジットカードをすでに保有している方であれば、キャッシング枠を利用してお金を借りることができます。

キャッシュレス決済の普及が進んでいるとはいえ、現金が必要になる状況はまだまだ多いです。

キャッシング枠を利用すれば、急な現金需要に対応することができます。

適用される金利や返済期間については、カードを発行している金融機関によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

金利とは?

お金を借りる際に、必ず確認しないといけない条件が金利です。

金利とは、資金の借り手から貸し手に支払われる利息のことです。お金を貸してもらうために支払う対価とも解釈できます。

お金の借り手としては、金利は低い方が将来の返済額が少なく済むので有利です。一方お金の貸し手としては、金利が高い方が多くの対価を受け取れるので有利です。

借り手としては、金利が低いローンを選ぶことが合理的だと言えます。銀行、消費者金融、学生ローンではそれぞれ設定している金利の傾向が異なるので、事前に比較検討することが重要です。

金利の計算例

それでは、実際に金利を使って利息を計算してみましょう。

お金を100万円借りる際に適用される金利が5%、15%だとして計算してみます。

  • 100万円×5%=5万円
  • 100万円×15%=15万円

この計算で導かれた5万円と15万円が、将来利息として貸し手に返済することになります。

このように、同じ100万円を借りても金利によって返済する金額が異なるので、ローンを利用する際は必ず金利の水準をチェックしましょう。

初めて借りる場合は金利が高い

初めてお金を借りる場合は、金利が高く設定されると言われています。

自分がお金を貸す側の立場になると、その理由が理解できます。

毎月期日にお金を返済するA君と、初めてお金を借りたB君。しっかり期日に返済するという点では、どちらの方が信用できるでしょうか。A君だと思います。

しっかり返済してくれる信用力の高い人には、金利を低くすることで、お得意様になってもらった方が貸し手としては都合が良くなります。

対してお金を初めて借りる人は、しっかり返済してくれるかどうかの信用力が不透明ですから、金利が高くなる傾向にあるのです。

金利負担を抑えるためにも、返済実績を積み上げて信用力を高めることが重要です。

大学生がお金を借りるときに考えるQ&A

次に、大学生がお金を借りるときに生じる疑問をご紹介します。

実際にお金を借りようと考えている大学生は、事前に疑問点を確認しておくことで、後々問題が発生することを防ぎましょう。

親に知られたくない!お金を借りたことは知られてしまう?

親に知られてしまうどうかは、お金を借りる金融機関によります。親を連帯保証人として申し込んでいる場合は、審査の際に親に連絡がいくからです。

つまり、連帯保証人を設ける必要がない金融機関であれば、親に知られることなくお金を借りることができます。

今すぐにお金が必要な場合は?

今すぐにお金が必要な場合は、消費者金融を利用することをおすすめします。

銀行の融資は即日対応していないので、今すぐにお金が欲しい方には向いていません。

一方消費者金融であれば、審査時間は短く即日融資にも対応しているので、急な出費にも対応できます。

未成年だけど大丈夫?

銀行や消費者金融は未成年に融資していません。成人を連帯保証人として設けても、基本的には融資を受けることができません。

しかし、未成年でも既婚者で安定した収入があれば、審査に通る場合があります。

初めてだけど何を持っていけば良い?

金融機関から初めてお金を借りる場合は、本人確認書類と収入証明書類が必要です。

本人確認書類としては、運転免許証やパスポートが利用できます。また、収入証明書類としては、給与明細や源泉徴収票を用意すれば問題ありません。

もっとも、希望する借入金額によっては収入証明書類の提出が必要ではない場合があるので、事前に各社のホームページで確認しましょう。

バイトしていなくてもお金は借りられる?

貸付の条件として、安定した収入の有無をチェックする金融機関がほとんどです。

そのため、アルバイト等による安定した収入がないと、お金を借りることができません。

基本的に学生の収入源はアルバイトであるため、アルバイトをしていないとお金を借りることができないと言えるでしょう。

本人確認書類に学生証は使用できる?

本人確認書類として学生証を使用できるかどうかは、金融機関の審査体制によります。

銀行や消費者金融では、本人確認書類として学生証を使用できない場合が多いです。

一方学生ローンでは、本人確認書類として学生証を使用できる場合が多いです。

事前に申込先の金融機関で確認する必要がありますが、学生ローン以外は学生証を使用できないと考えて良いでしょう。

大学生におすすめのローン5選

次に、大学生におすすめのローンを5つご紹介していきます。

それぞれ金利や即日対応の可否が異なるので、自分にあった商品を確認していきましょう。

三井住友銀行ソニー銀行アイフルプロミスアコム
商品名カードローンカードローンキャッシングローンフリーキャッシングカードローン
金利4.0%〜14.5%2.5%〜13.8%3.0%〜18.0%4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%
借入限度額800万円800万円800万円500万円800万円
審査時間記載なし記載なし最短30分記載なし最短30分
即日融資非対応非対応対応対応対応
Web完結対応対応対応対応対応
カード発行発行発行発行発行発行
口座振替返済対応対応対応対応対応

ローンを借りた時の注意点

次に、ローンを借りた時の注意点をお伝えします。

ローンは便利なサービスですが、使い方を誤ると後々大きなトラブルに発展する場合があります。

注意事項をしっかりと確認しておくことが重要です。

ローンから借りたお金の使用用途について

ローンで借りたお金の使用用途は、各種ローンによって決められています。

住宅ローンは住宅購入資金、マイカーローンは自動車購入資金などのように、ローンによってお金の使用用途は異なります。

大学生がお金を借りる場合、銀行や消費者金融のキャッシングローンを利用すると思いますが、これらは使用用途については制限がありません。基本的には自由にお金を使うことができます。

しかし、キャッシングローンでも事業資金としては使用できない場合が多いので注意しましょう。

書類、明細書、郵便物について

借入を行うと、金融機関から利用明細等の書類が通知されます。基本的には書類が自宅に郵送される場合が多いですが、今ではメール通知で完了とする金融機関が多くなっています。

お金を借りるときは親や知人にバレたくない方もいますが、郵送物でバレてしまうケースが多いようです。

事前に通知方法を確認しておくことで、知らない間に郵送物が自宅に届くことを防ぐことができます。

メール通知を利用できる金融機関でも、事前の設定が必要な場合があります。あらかじめメール通知の可否、そしてメール通知の設定方法を確認しておきましょう。

返済期間・遅延損害金について

ローンを利用する際は、事前に返済期間と遅延損害金について確認しましょう。

返済期間が長いほど毎月の返済負担額は小さくなりますが、金利負担額の総額は大きくなります。

ここで注意が必要なのは、金利負担額を抑えようと思って返済期間を短くしすぎることです。借金の返済が滞ると、遅延損害金が発生してしまうからです。

遅延損害金とは、借金の返済が滞った際に発生する罰則金のようなものであり、本来返済する必要がなかったお金です。

遅延損害金の発生を防ぐためにも、返済プランをしっかりと立てた上で、無理のない返済期間を設定しましょう。

まとめ

今回は大学生がお金を借りる時のポイントとおすすめのローンについて解説しました。

お金を借りる時に重要なのは、自分にあったローンを選択することです。とはいえ、金融機関やローンは数多くあり、比較検討するのも一苦労です。

ローン検索サイトを利用すれば、自分にあったローンがすぐに見つかるので、積極的に活用しましょう。

ローンをお探しの方

ローンをお探しの方はuP.でカードローンやフリーローンを検索することができます。uP.では金利やお申込みの条件などもご確認いただけます。

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。