未成年だけど大丈夫?

銀行や消費者金融は未成年に融資していません。成人を連帯保証人として設けても、基本的には融資を受けることができません。しかし、未成年でも既婚者で安定した収入があれば、審査に通る場合があります。

初めてだけど何を持っていけば良い?

金融機関から初めてお金を借りる場合は、本人確認書類と収入証明書類が必要です。本人確認書類としては、運転免許証やパスポートが利用できます。また、収入証明書類としては、給与明細や源泉徴収票を用意すれば問題ありません。

もっとも、希望する借入金額によっては収入証明書類の提出が必要ではない場合があるので、事前に各社のホームページで確認しましょう。

バイトしていなくてもお金は借りられる?

貸付の条件として、安定した収入の有無をチェックする金融機関がほとんどです。そのため、アルバイト等による安定した収入がないと、お金を借りることができません。

基本的に学生の収入源はアルバイトであるため、アルバイトをしていないとお金を借りることができないと言えるでしょう。

本人確認書類に学生証は使用できる?

本人確認書類として学生証を使用できるかどうかは、金融機関の審査体制によります。銀行や消費者金融では、本人確認書類として学生証を使用できない場合が多いです。

一方学生ローンでは、本人確認書類として学生証を使用できる場合が多いです。事前に申込先の金融機関で確認する必要がありますが、学生ローン以外は学生証を使用できないと考えて良いでしょう。