この記事を読んでいる人は、信用情報がブラックでも借りられる消費者金融を探しているのではないでしょうか。大手消費者金融から貸してもらえなかったとしても、どこに行っても借りられないわけではありません。

中小消費者金融を使う際に必ず知っておきたい情報と、まぎらわしい闇金を見分けるポイントについてまとめたので、借り入れの参考にしてください。

ブラックリストって何?

実はブラックの定義というものは存在しません。3か月以上延滞や債務整理をすると個人信用情報機関に事故情報が記録されるため、この事故情報を指して「ブラックリストにのる状態」と言うことが多いようです。

信用情報機関について

日本にはJICC(日本信用情報機構)、CIC(株式会社 シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)という3つの個人信用情報機関があり、それぞれの情報を共有しているので、どこかに事故情報が登録されればすべての金融機関に情報が共有されることになります。自分がブラックか知りたい人は、個人信用情報機関に問い合わせて情報開示してみてはいかがでしょうか。

なお、CICの情報開示の方法についてはwebサイトに記載があります。

インターネット開示(CICウェブサイト)

総量規制は過剰貸付防止のためにある

総量規制は、消費者が過度の借り入れをして借金返済に苦しむことがないようにつくられたルールです。総量規制の対象になる借り入れとは貸金業者(おもに消費者金融)によるもので、銀行のローンやクレジットカードの使用はこれにあてはまりません。なお、クレジットカード付帯のキャッシング利用は総量規制の対象になることに注意が必要です。

消費者金融は大手以外にもたくさんある

大手消費者金融でお金が借りられなかったからもう借り入れはできないと思っていませんか?日本には、大手のようには名前が知られていないけれども、中小消費者金融がたくさんあります。中小消費者金融であればお金が借りられる場合もあるので、お金が借りられずに困っている人はぜひチェックしてください。

審査の基準は会社によってまちまち

大手でお金が借りられなかった人は、「自分はブラックだったからもうだめだ」と思っていないでしょうか。延滞や破産の経験がある人は一般的にブラックと言われますが、ブラックにお金を貸してはいけないという法律はありません。金融機関はそれぞれの判断基準でお金を貸しているので、中には延滞や破産歴がある人にもお金を貸す判断をする会社があるのです。

大手消費者金融は銀行の系列会社であることがほとんどで、信用情報も銀行と共有しています。そのため、銀行で延滞履歴がある場合は審査に通らない場合があります。こうした背景もあるので、大手消費者金融の審査は厳しく感じられることもあるでしょう。

在籍確認は回避できない

中小消費者金融であっても基本的に在籍確認は必要です。基本的にブラックの人にお金を貸す消費者金融はいません。その理由は、お金を借りた人が債務整理(国が認めた借金を法的に整理する手続き)などをして、貸し倒れになるリスクが高いからです。中小の消費者金融は貸し倒れになった際のダメージが大手よりも大きいため、リスク回避のために利用者の在籍確認をより慎重に行っている場合があります。

一部在籍確認がなかったという口コミの金融機関もありますが、それも収入や信用情報など総合的な判断によるものでしょう。よって、ネット上の口コミはあくまでも、「在籍確認されない場合もある」程度にとらえておきましょう。

中小消費者金融でも借りられない条件

独自基準で審査をする中小消費者金融でも、絶対にお金を貸してくれない条件があります。自分があてはまっていないか確認してみてください。

条件1:借金を延滞している

安定した収入があり、借金があってもきちんと返済している場合は追加で融資を申し来んでも貸してくれる可能性が十分にあります。しかし今、借りている借金を1つでも延滞している場合は、どの消費者金融でもお金は貸してもらえないでしょう。消費者金融は個人信用情報機関(信用情報を収集管理することでクレジットカード会社や銀行と消費者の取引適正化を行う団体)で借金の内容や返済状況を確認できるので、嘘をついても見抜かれてしまいます。

条件2:総量規制の上限まで借りている

年収の3分の1を超えるお金を借りている人は、それ以上借りることができません。これは貸金業法という法律で定められている絶対に変えられないルールで、保証人や担保があっても年収の3分の1を超える借入はできません。すべての消費者金融での借入が対象となるため、すでに他の金融機関で上限まで借りていれば新規の借り入れはできないことになります。

闇金だけは絶対に手を出してはいけない

長期の延滞や破産など金融事故が原因でどこからもお金を貸してもらえず、もう闇金からお金を借りるしかないと追い詰められている人もいるでしょう。しかし、どんなことがあっても闇金には絶対に手を出してはいけません。その理由についてご説明します。 

闇金とは?

闇金とは、貸金業法を守らない違法な業者で、一度手を出してしまえばさまざまな被害が想定されます。法律を守ることは前提にしていないため、常識では考えられない高金利です。トイチ(10日で1割)・トゴ(10日で5割)といった言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか。

闇金は法外な金利で貸すだけでなく、貸したお金を回収するためならあらゆる手段を行使してきます。もともとお金の貸すこと自体が違法なのですから、回収する際にも法律にのっとった手段は取ってくれません。自宅や職場に押しかけたり、わざと近所に聞こえるような大声で恫喝したりと、こうした事態になれば心身ともに疲弊してしまいます。

消費者金融と闇金の見分け方

闇金は真っ当な貸金業者を装っている場合が多いです。中小消費者金融は知名度が低いため名前で見分けることも難しく、普通の業者と思って借りたら闇金だったということも起こっています。

その見分け方で一番簡単なのは、金融庁webサイトで名前を検索する方法です。消費者金融は必ず金融庁に登録していますので、登録されていなければ闇金のということになります。

登録貸金業者情報検索入力ページ(金融庁)

その他に見分けるポイントがあるとすれば、「無審査で即日融資」や「ブラック大歓迎」など、審査をないがしろにするような記載をしていれば闇金の可能性が高いでしょう。まともな貸金業者はこのような誘い文句を使いません。甘い言葉にはご注意ください。

また、先に述べた自己破産などの情報は官報という国が発行する新聞に載るため、闇金はその情報にも目を光らせています。例えば破産手続きが終わり、借金が無くなると、翌日には「免責おめでとうございます!今なら優遇金利で貸し付け中」というハガキが届くことも多いものです。このようなはがきを送る業者は闇金と思って間違いありません。

借金と決別するならおまとめローン

複数の借金をまとめて返済負担を軽減するおまとめローン。うまく使えば借金と決別できるかもしれません。メリットとデメリットについて知っておきましょう。

おまとめローンのメリット

複数の借り入れを一本化することによって、金利負担が軽減されます。例えば年利18%で複数社から借りていたお金を15%で一本化できれば、返済負担はかなり軽減されます。また借り入れの返済日や返済金額がバラバラになっていると、だんだん毎月の返済金額を把握してそれぞれの口座に入金することが面倒になります。

その結果、延滞が常態化してしまうパターンが非常に多いのです。おまとめローンを使って借り入れを一本化すれば、返済額と入金日が分かりやすくなり、こうした心配もなくなります。毎月のお金の計画が立てやすくなることで、少しずつ借金を減らしていけるでしょう。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンは既存の借り入れを一本化して返済負担を減らすためにある商品なので、おまとめローンを組んだ後はその会社から追加融資を受けることはできません。もし追加でお金が必要になった場合には、他の金融機関からお金を借りる必要があります。カードローンは限度額の範囲内で自由に借りたり返したりできるので、その感覚と比べると追加融資ができないことをデメリットに感じることもあるかもしれません。

審査に落ちてもブラックとは限らない

大手消費者金融の審査に落ちてもブラックとは限りません。もうどこでも借りられないと思って闇金に手を出すのではなく、まずは中小消費者金融をあたってみましょう。融資の基準は会社によって異なるので、お金を貸してくれる会社もあるかもしれません。

ローンをお探しの方

ローンをお探しの方はuP.でカードローンやフリーローンを検索することができます。uP.では金利やお申込みの条件などもご確認いただけます。

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。