知り合いや家族に知られるのが嫌でキャッシングの利用を躊躇されている方にWEB完結型のキャッシングをご紹介します。WEB完結型なら郵便物の送付も受け取りも一切行わないので、誰にも知られずにお金を借りることができます。

日中忙しくてATMに行けない人にもおすすめなWEB完結型のキャッシングの基礎知識をまとめました。

来店不要なWEB完結型キャッシングとは?

WEB完結型のキャッシングとはどんなものなのか、まずは基本を確認しましょう。ポイントは4つあります。

ポイント1:店舗に行かなくてもよい

消費者金融の自動契約機や窓口に行くのは何となく気が引けますよね。自動契約機にいるところを誰かに見られてしまったらと思うと、キャッシングの契約はとてもハードルが高いものに感じられるかもしれません。しかしWEB完結型のキャッシングでは申込みから振込みまですべてWEBで完結するので店舗に行く必要が一切ありません。知り合いに見られる心配がないのが一番大きなメリットです。

ポイント2:カードや郵便物が一切なく家族に知られる可能性が低い

家族にキャッシングが知られるパターンで一番多いのが郵便物です。WEB完結型キャッシングなら契約書や利用明細書などの郵便物が一切なくカードを発行しない取引も可能となっています。

ポイント3:WEBサイトでいつでも返済予定を確認できる

WEB完結型のキャッシングでは、わざわざ店舗に行かなくてもPCやスマホでいつでも返済日や返済金額を確認できます。店舗に行く時間や手間が省けるので、返済の予定確認を忘れがちになる人や仕事で忙しい人にはありがたいですね。

返済予定をこまめに確認することで延滞の防止にもなり、信用情報(クレジットカード会社や消費者金融、銀行との取引履歴や個人情報などが記録されたもの)に傷がつくのを防ぐことにもつながります。

ポイント4:複数の会社から自分に合ったものを選べる

大手消費者金融を中心に、WEB完結型のキャッシングを提供している会社は複数あります。審査の所要時間や金利の水準、初回無利息サービスの期間など各社ごとに特徴があるので、自分に合った商品を比べて選べるのが嬉しいところです。

最近では銀行系のキャッシングでもWEB完結に対応しているものが多くあります。消費者金融に比べると審査は厳しめですが、その分金利は低めに設定されています。

WEB完結型のキャッシングの契約手順

WEB完結型のキャッシングを提供している会社は多数ありますが、契約の流れはほぼ同じです。大まかな流れをご説明します。

WEBサイトから申し込み 

申し込みはスマホやPCを使ってWEBサイトから行います。指定のフォームに従って情報を入力し送信が完了したら、本人確認書類や収入証明書の提出方法について案内されますので、指示された方法通りに提出しましょう。提出も郵送ではなく写真やスキャンしたデータを送る形式となっています。審査が完了したら電話やメールで審査完了のお知らせが来ます。

WEBやアプリから契約手続き

審査に通過した連絡が来たら、WEBやアプリから契約手続きを進めます。契約手続きの際にカード発行の有無を聞かれることがありますが、郵便物を避けるために「カード発行なし」を必ず選択してください。カード発行ありにすると、自宅までカードが郵送されてくるので誰かに見られる可能性が出てくるからです。

なお、最初にカード発行なしを選択しても後からカードを追加発行することも可能です。借入金の返済や振り込みに使用する銀行口座もこのタイミングで登録します。

指定した口座に振り込まれる

契約が済んだらWEBサイトから銀行口座への振り込み手続きをしましょう。

WEBでの手続きが苦手な人は電話で振り込み依頼をすることも可能です。銀行の営業時間外でも振込先の口座にネットバンクの契約があればすぐに振り込みを確認することができるのでチェックしてみましょう。

来店不要のキャッシングで知っておきたいこと

来店不要の契約で注意すべきポイントをまとめました。申し込みをする前に確認しておいてください。

基本的に在籍確認は行われる

在籍確認とは申告した勤務先にあなたが本当に在籍しているかを電話で確認することです。電話をかけくる際は消費者金融の社名を伏せて、個人名を名乗り電話をかけてくることはないので安心してください。

たいていの場合は「〇〇(あなたの名前)さんはいらっしゃいますか?」という簡単な質問に答えて終了です。もしあなたが電話に出られなかったとしても「席を外しています」「外出中です」といった答えが聞ければ、あなたがそこに本当に在籍していることを確認できます。

なかには審査に通るために嘘の勤務先を申告する人もいるため、消費者金融でお金を借りる際には在籍確認がほぼ必ず行われるようになっています。WEB完結型のキャッシングは店舗での契約手続きが不要だとしても、在籍確認は行われる前提となっています。

一方、在籍確認されないことを強調しているカードローンもありますがそれも絶対ではありません。返済能力や信用情報を総合的に判断した結果、在籍確認が行われることもあると理解しておきましょう。

在籍確認をなしにできる可能性があるのは消費者金融系カードローン

銀行系のカードローンは金利が低いかわりに審査が厳しめです。こちらも在籍確認は基本的に行われると思っておいてください。

一方、消費者金融系のカードローンであれば、SMBCモビットのWEB完結型のように、条件しだいでは在籍確認なしで対応してもらえる商品があります。どうしても在籍確認を避けたいなら、確実に対応してもらえる保証はありませんが、消費者金融系のカードローンを中心に探してみるとよいでしょう。

金利の低い銀行系カードローンもWEB完結に一部対応

近年メガバンクや地方銀行も個人向けのカードローンに力を入れています。従来は書面契約でカード発行ありのものが主流でしたが、最近ではWEB申込み・WEB契約・カード発行なしのWEB完結型銀行カードローンも登場しています。

簡単に使えるので借りすぎには注意

WEB完結型のカードローンはスマホで簡単操作するだけで銀行口座にお金が振り込まれるので、まるで自分のお金のように勘違いしてしまいがちです。簡単に使えるからといって借りすぎないように注意してください。

キャッシングは借金。無理のない利用を

WEB完結型のキャッシングは誰でも簡単に申し込みができて、やり方によっては職場への在籍確認も回避できるため、利用するまでのハードルはとても低くなっています。

しかし、キャッシングはあくまでも借金なので無理のない利用を心がけてください。無理のない範囲でかしこく利用しましょう。

ローンをお探しの方

ローンをお探しの方はuP.でカードローンやフリーローンを検索することができます。uP.ではWEB完結(オンライン完結)のローンを検索することができます。

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。