さまざまな事情から借金をせざるを得ず、その返済に苦しんでいる方も多いかと思います。借金を抱えていると気持ちが落ち込み気味になりますが、少しでも減らせれば楽になるのではないでしょうか。

この記事では、借金を減額するための3つの方法とそのメリット・デメリットや、借金減額シミュレーターについて解説します。

借金は本当に減額できる?

借金が減額できると聞くと「新手の詐欺ではないか?」と思われるかもしれません。もちろん、なかには怪しいものもあるかもしれませんが、実は国が認めた借金の減額方法が世の中には存在します。そういった方法を利用すれば、借金を減らすことが可能です。ぜひ検討してみてください。

借金減額の仕組みと3つの方法

それでは、具体的に借金を減額する3つの方法をご紹介します。メリットだけでなくデメリットも紹介しますので、よく検討したうえで利用してください。

おまとめローンの利用

1つめの方法は、複数社からの借金を1つにまとめる「おまとめローン」の利用です。借金をすると、もともと借りた金額の返済に加え、利息を支払う必要があります。利息は金利で決まるのですが、一般的に大きな金額を借りる程、金利は低くなるため、借り入れ先を1つにまとめることで最終的な返済総額を減らすことができます。また、毎月の返済額を減らせるというメリットもあります

一方、デメリットとしては毎月の返済額を減らすと返済額の総額が上がるため、利率の低下効果よりも返済期限延長による金利増額の影響の方が大きくなる可能性があるという点が挙げられます。金利は変わりますが、借金の元金が変わるわけではなく、もともと借りたお金よりも返済額が少なくなるわけではありません。

借金を減額する制度を利用する

2つ目の方法は借金を減額する制度の利用です。これには3つの制度があります。

任意整理

任意整理とは、消費者金融などの借入先であるクレジットカード会社や銀行などの債権者と直接交渉し、借金を減額してもらう手続きのことです。

具体的には、

  • 将来利息のカット
  • 返済期間を3~5年で完済できるように設定
  • 月々の返済額の見直し

といった内容を交渉し、月々の返済の負担を軽くしながら、自分の力で借金を完済することを目指します。

ただし、任意整理をすることで、ブラックリストに載り、クレジットカードやローンの利用に制限が出るというデメリットがあります。また、借金の元金が減るわけではありません。

個人再生

個人再生は2,000年に国が制定した、債務整理のなかでは新しい制度です。民事再生法に則って裁判所に返済不能を申し立てることで、借金を1/5~1/10程度に減額し、原則3年(最長5年)で返済します。

メリットとしては、借金の元本が大幅に減少することに加え、原則的に住宅ローン返済中のマイホームを手元に残せる「住宅ローン特則」という制度が利用できる点があります。借金の理由が問われることもなく、資格や職業の制限もありません。

一方、デメリットとしては、ブラックリスト(信用情報)に載る点や、官報に個人再生を行ったことが掲載されるという点があります。すべての借金が対象となり、一部のみ個人再生を適用することはできません。保証人がついている借金の場合、減額分が保証人に請求されるというデメリットもあります。

自己破産

自己破産は、破産者の財産を換価処分し、それによって得た金銭を債権者に公平に配当する手続きのことです。

一番のメリットは借金が帳消しになるという点であり、どれだけ多額の借金でも、ギャンブルや短期間での多額の浪費といった免責不許可事由に該当しなければ自己破産によってゼロになります。また、無職や生活保護受給者でも自己破産することが可能です。

一方、自己破産することにより20万円以上の資産と99万円を超える現金は失うことになります。このなかには不動産も含まれ、マイホームは手放さざるを得ないでしょう。また、自己破産の効果はあくまで申し立てをした本人のみが対象ですので、保証人や連帯保証人に支払いの義務が生じます。

さらに、ブラックリストに載ったり、自己破産をしたことが官報に掲載されたり、一部の職業(士業や警備員など)に一時的に就けなくなったりといったことも自己破産のデメリットとして挙げられるでしょう。

過払い金請求を行う

最後は、過払い金といわれる、必要以上に払った金利を取り返すための方法です。

以前は、ほとんどの消費者金融で法律が定める利率を超える利息で貸し付けが行われていました。このような違法な金利のもとで返済を行っていた場合、払い過ぎた分が返金される可能性があります。返金が受けられれば、返済する借金の総額を減らすことが可能です。

ただし、専門知識が要求される手続きのため、素人が簡単に実施できるものではありません。最近は電話相談無料で、過払い金の有無も含めて対応してもらえますので、心当たりがある方は弁護士や司法書士に相談してみましょう。

借金減額シミュレーターで借金減額診断を

自分の借金がどれだけ減らせるのか、かんたんに診断してくれるのが借金減額シミュレーターです。弁護士や司法書士に直接相談しにいくのは敷居が高いため、インターネット上で手軽に診断ができるのはありがたいのではないでしょうか。そんな借金減額シミュレーターのメリットやデメリットについて解説します。

匿名かつ無料で利用できる

一番のメリットは匿名かつ無料で利用できるところです。実際に債務整理などを依頼すると決まるまではお金が発生しませんし、本名を明かす必要もありません。

借金はとてもデリケートな問題なので、なかなか面談で素性を明かしながら相談するのは難しいものです。まずは借金減額シミュレーターで診断してみるのもいいかもしれません。

過払い金の有無を判定してくれる

借金減額シミュレーターでは、債務整理だけでなく、上で紹介した過払い金の有無も診断してくれます。過払い金の有無を判定してくれるだけでも便利なシミュレーターといえるかもしれません。

スマホからも利用可能

借金減額シミュレーターは、5~7つほどの質問に答えるだけで利用可能。もちろん、スマホからも使えます。忙しくて借金の相談に行けないという方も、借金減額シミュレーターであれば移動時間などに手軽かつ気軽に利用できるのではないでしょうか。

法律事務所をおすすめしてくれる

普段から弁護士や司法書士に縁がある方は少ないものです。いざ借金について相談したいと思っても、どこの事務所がいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

借金減額シミュレーターのなかには、おすすめの弁護士や司法書士を紹介してくれるものがあります。紹介される事務所は借金減額の相談に強い事務所でしょうから、自分で適当に探すよりもよい事務所に巡り合えるかもしれません。

シミュレーターの結果が正しいとは限らない

借金減額シミュレーターの結果はあくまでシミュレーション結果であって、その額が100%正しいわけではありません。大幅に減らせると思って相談したら、実際はもっと少ない額だったということもあり得ます。シミュレーション結果はあくまで参考値として受け止めましょう。

勧誘のメールや電話が来ることも

シミュレーション結果の受け取りにはメールアドレスや電話番号の入力が必要です。情報はシミュレーション結果の通知に使われるのですが、通知の際に借り入れ状況の詳細を聞かれたり、事務所の宣伝や商材の紹介をされたりするかもしれません。

悪質な詐欺サイトに注意

借金減額シミュレーターのなかには悪質な詐欺サイトが混じっている可能性があります。報酬の相場感を持たずに言われるままに進めていくと、相場よりも高すぎる報酬で債務整理を依頼することもありえるでしょう。

また、本当は債務整理の意思がないのに、断るのが苦手な方は相手の勢いに飲まれて債務整理を依頼してしまうことになるかもしれません。1つの借金減額シミュレーターだけでなく、複数使ってみて、金額や対応がよいところを選んだほうが安心でしょう。

借金を減らして心に余裕を

返済計画がしっかり立っていない借金を抱えて暮らすのは本当につらいものです。そんな借金を減らす手段があることは、実際使うかどうかはさておき、知っていて損になるものではありません。

使うことになったとしても、さまざまな選択肢を持っておいて、そのなかから自分に最適なものを選ぶことが重要ではないでしょうか。そのために本記事を参考にしていただけると幸いです。

借り替えやおまとめをご検討の方

借り換えやおまとめローンをご検討の方はuP.で検索することができます。uP.では金利やお申込みの条件などもご確認いただけます。

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。