無職でもお金を借りられる方法はあります。しかし、貸金業者を装う違法な悪徳業者がいるので利用時には注意が必要です。

悪質業者と出会わないためには、まずは正しい知識を得て、しっかりと理解しておくことが欠かせません。そこで当記事では、無職の方がお金を借りるおすすめの7つの方法を解説します。

無職でもお金を借りられる?

冒頭でも触れたように、無職でもお金を借りることは可能です。しかし、誰もが必ず借りられるわけではありません。

ローン審査で重要なのは「返済能力」と「過去の信用情報」の2つで、無職の場合は「過去の信用情報」が重要になってきます。「過去の信用情報」とは、今までのクレジットカードなどの契約内容や返済情報といった取引履歴のことです。また、無職でもアルバイトやパート収入など何らかの「安定した収入」があれば借りられることもあります。さらに結婚している人であれば配偶者貸付の制度もあります。

過去に頻繁に返済を延滞していた場合やカード会社や金融機関とトラブルを起こしている場合は信用度が低く、お金は借りにくいです。また「信用情報」は、他社からの借入状況も確認することができるので、法律で定められている貸付額を超えていないかも確認されます。

貸付額が超えている場合は、無職に限らず会社員で返済能力があっても、お金を借りることができないので覚えておきましょう。

次へ 1 2 3 4 5