今すぐお金を用意しなければならないと、悩まれている方は多いかと思います。即日でお金を借りることができる方法で代表的なものはカードローンですが、他にはどのような方法があるのでしょうか。

本記事では即日でお金を借りられる方法にはどのようなものがあるのかを紹介し、おすすめの方法などを紹介します。

即日でお金を借りるとはどういうこと?

即日でお金を借りるとはどういうことなのでしょうか。ここではその概念について紹介します。

申し込み当日にお金を借りることができる

申し込み当日にお金を借りたいのであれば「即日融資」を行う必要があります。急にお金が必要になったときに便利なサービスです。

ただし、金融業者の審査の基準や状況によっては、申し込み当日に受け取れない場合があるので、審査基準を確認した上で申し込む必要があります。場合によってはヤミ金業者の可能性もあるため、認知度の高い業者に絞ることもポイントの1つです。貸金業者として国や自治体に登録している正規の金融業者はその旨を公表していますので、ホームページなどで確認してみると良いでしょう。

確実に申し込み日に借りられるとは限らないので注意してください。最近ではWEBからの申し込みで、審査にかかる時間を短縮できる業者も増えています。

即日審査とは意味が異なる

即日融資と即日審査の意味は異なります。即日審査は申し込み日には審査が完了することを指しており、申し込み日にお金を借りられるという意味ではありません。

業者によっては「最短30分で審査が完了」や「24時間以内で融資可能」と宣伝しているところがあります。しかし、すべてが即日融資とは限らず、申し込みの時間や審査状況によって異なるのです。両者には明確な違いがあるので覚えておきましょう。

未成年や学生が即日でお金を借りる方法

一般的なカードローンでお金を借りる場合は、返済能力の有無が審査の上で重要な指標となります。では、未成年や学生が即日でお金を借りる方法はないでしょうか。ここではその方法について紹介していきます。 

高卒以上で安定収入があれば学生ローン 

未成年はローンを利用できません。しかし、高卒以上で安定した収入があれば、学生ローンを利用することが可能です。ただし、ほとんどのローンは保護者の同意が必要となっています。20歳以上の場合は保護者の同意なしで借り入れることが可能になります。

学生ローンを利用するには、大学や専門学校、高専、予備校などに通っているまたは通う予定がある学生であることという条件があります。そして借りるお金の用途は、学生生活を送るために必要な物事に限定されています。遊興費や海外留学、ワーキングホリデーなどは対象外となっています。また、安定した収入も条件の1つです。アルバイトや在宅ワークなど何らかの収入を得ておく必要があります。

保護者の同意があれば質屋も利用可能

保護者の同意があれば未成年であっても、質屋の利用が可能です。子供の頃、ゲームやカードを売る際に保護者の許可が必要といわれた経験がある方も多いでしょう。

質屋も同様で、未成年の利用には保護者に同伴、もしくは同意書を書いてもらう必要があります。ただし、保護者の同意があっても、買取を拒否する質屋もあるようです。

未成年で質屋の利用を検討されている方は、保護者の同意が必要な業者を事前に調べておくことをおすすめします。

家族や親戚や知人からお金を借りる

未成年や学生がお金を借りられる方法で一番確実なのは、家族や親戚、知人に借りることでしょう。金融業者で借りるのとは異なり、個人同士の契約になるため金利の有無も話し合いで決めることができます。

お金に困ったらまず、身近な方に相談することをおすすめします。しかし、お金を借りる理由や金額、その後の返済状況によっては、関係がこじれる場合も少なくありません。

相手の信用を裏切らないように借用書を作成し、計画どおりに返済するようにしてください。

社会人が即日でお金を借りる方法

次は社会人が即日でお金を借りる方法について紹介します。ここでは代表的な5つの方法を見ていきましょう。 

20歳以上なら消費者金融のカードローン

20歳以上で即日お金を借りる方法としては、消費者金融のカードローンが一般的です。面倒な手続きも不要で、即日でもお金を借りることができます。

家族や知人に知られる心配もないので、誰にも知られずお金を工面したい方にはおすすめです。しかし、消費者金融のカードローンの金利は、比較的高めといえます。

借りられる上限金額や金利は業者ごとに異なるので、各社比較しながら自分にあった業者を選ぶようにしましょう。

審査基準は厳しめの銀行カードローン

銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比較すると、審査基準が厳しめです。しかし、即日でお金を借りられる方法の1つではあります。

審査が終了するまでに数日かかる場合もあり、入金日が読みにくい点も特徴です。よって「どうしても即日でお金を借りたい」という方には、銀行カードローンをおすすめできません。

ただし、審査基準が厳しめな分、消費者金融のカードローンよりも金利は低い傾向にあります。即日にこだわりがない場合は、銀行カードローンを優先してみてもよいでしょう。

預け入れがある場合はゆうちょ銀行(貯金担保自動貸付)

ゆうちょ銀行に預け入れがある場合は、預金を担保に即日でお金を借りることができる「貯金担保自動貸付」という制度を利用できます。借りられるお金は、預け入れ金額の約80~90%となっています。

この制度は、自分の口座にある貯金残高以上の金額を引き出した際に、不足している金額をそのまま自動で貸し付けてもらえるというものです。ただし、利用できるのはゆうちょ銀行の総合口座を保有しており、かつ定期貯金・定額貯金に残高がある場合に限られます。普通預金しか利用していない場合はこの制度を使うことができません。定期貯金・定額貯金を担保にしているため審査がなく、ATMからキャッシュカードで引き出せるという即時性があります

審査がないということは、無職の方でもお金を借りることができます。ゆうちょ銀行に預け入れがある場合は検討してみてください。

会社の従業員貸付制度を利用

正社員として会社勤めしている場合は、会社の従業員貸付制度を利用する方法もあります。福利厚生の一環として会社が提供しているもので、条件はその会社により異なりますが消費者金融のカードローンなどに比べると、利用条件が比較的緩和されていることが特徴です。

利用条件の代わりになってくるのが、会社における評価でしょう。「日頃の勤務態度が悪く人事評価が低い」「勤続年数があまりにも短い」といった場合には、制度が利用できない場合もあるので注意してください。

会社の従業員貸付制度は出産や葬儀、強盗被害時の生活費の補填など、生活に困窮した際の緊急的措置としている場合が多いです。旅行などの遊興費目的の利用は許可していない会社もあるため、利用する前には担当者へ事前確認をしましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用

消費者金融や銀行のカードローン以外の方法にクレジットカードに付属しているキャッシング枠の利用があります。キャッシング枠のあるクレジットカードを所持していれば、審査なしで即日でもお金を借りることが可能です。

コンビニのATMなどを利用すれば時間を問わずにお金を借りることが可能です。ただし、クレジットカードを所持していない場合は、新規でカード発行から始める必要があります。

申し込みから手元に届くまで早くても1週間はかかるでしょう。また、契約してからしばらくの間はキャッシング枠として利用できる金額が低く、金利も高いということを考慮しておく必要があります

即日でお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

未成年や学生、社会人と年代ごとに即日お金を借りられる方法について紹介しました。さまざまな方法がありますが、即日でお金を借りるならおすすめなのは消費者金融です。

20歳以上で申し込みが可能で、面倒な手続きもなく、即日でお金を借りられる可能性が高いでしょう。とにかく急いでお金が必要な方には最適の方法といえます。

ただし、金利が高いなどのデメリットもあるため、無理なく支払いできる範囲で上手に活用することが大切です。そのための方法として、各社のWebサイトで公開されている返済シミュレーションページで返済プランを事前に試算してみることをおすすめします。

借入をご検討の方

借入をご検討の方はuP.でカードローンやフリーローンを検索することができます。uP.では金利や借り入れ条件でローンを検索することができます。

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。