本記事では初めてクレジットカードキャッシングをする方のために、使い方や注意点をわかりやすく説明します。ぜひ本記事を参考にして、クレジットカードキャッシングを使いこなしてください。

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングについて使う前に知っておきたい基礎知識をまとめました。

クレジットカードに付帯するキャッシング枠

クレジットカードは、買い物の支払いで使用する「ショッピング枠」とATMなどで現金を引き出せる「キャッシング枠」の2つの機能から成り立っています。キャッシング枠はある場合とない場合があるため、すべてのクレジットカードに付帯しているわけではない点に注意が必要です。

クレジットカードの申し込み時の注意

クレジットカードにキャッシング枠を付帯させるには、カード申し込みの際に利用希望と希望額を申請して審査してもらいます。審査後に付与されたキャッシング枠は申請額を下回ることもありますので、いくら利用できるかについては審査完了後に確認しましょう。クレジットカードが手元に送られてくる際、キャッシング枠の審査可否や利用可能金額などのお知らせが同封されていたり別途通知が届いたりしますので、必ず目を通しましょう。

カードを作ったときにキャッシング枠不要で申し込んでいても、後で改めて審査をしてもらいキャッシング枠をつけることが可能です。カード会社により手続きは異なりますので、ご利用のカード会社に問い合わせてみてください。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係

ショッピング枠とキャッシング枠にはそれぞれに上限金額が設定されていますが、連動している場合があります。この場合は注意が必要です。つまり、キャッシングで現金を引き出すと、その分、ショッピング枠から差し引かれる仕組みになっています。

たとえば下記の例を見てみましょう。

(例:全体で50万円の利用枠、うちキャッシング枠は10万円)

キャッシングの利用額ショッピング枠の利用可能額
0円 50万円
10万円40万円

キャッシングを利用した10万円分、ショッピング枠の利用可能額が減ることがわかると思います。つまり、キャッシング枠はショッピング枠の一部であるということです。

ただし、キャッシング枠はキャッシング枠の上限額までしか使用できません。上記の例では、キャッシング利用額が10万円を超えることはありません。

また、下記の点にも留意しておきましょう。

(例:全体で50万円の利用枠、うちキャッシング枠は10万円)

キャッシングの利用可能額ショッピング枠の利用額
10円 0万円
5万円45万円

キャッシング枠が10万円あっても、すでにショッピングで45万円利用しているため、この場合ではキャッシングの利用額は残っている利用枠の金額である5万円までになります。

キャッシング枠の審査基準とは

キャッシング枠の審査で見られるのは主に以下のポイントです。

  • 収入や勤務先
  • 過去の取引情報(延滞などの事故がないか)
  • 現在の借入状況(他者も含む)

これらのポイントを総合的に判断し、キャッシング枠が設定されます。

クレジット会社によって重視するポイントは異なります。そのため、クレジット会社を変えれば審査結果が変わる場合もあります。キャッシングができないからといって他のクレジットカードでも審査に通らない、とは一概に言えません。

クレジットカードキャッシングの金利

クレジットカードキャッシングの金利はどれくらいなのでしょうか?主要なクレジットカードキャッシングの金利をまとめました。

各クレジット会社の金利を比較してみた

まずは以下の表をご覧ください。

カード会社名金利
エポスカード18.0%
オリコカード15.0%~18.0%
三井住友カード18.0%
楽天カード18.0%
セゾンカード12.0%~18.0%

いずれも18%近くの高金利であることがわかります。18%というのは消費者金融並みの金利です。

キャッシングの金利は高めに設定されている

キャッシング枠の金利は消費者金融と同程度の金利になるため、比較的、高く設定されています。キャッシング枠の使いすぎにはくれぐれも気をつけてください。

消費者金融と違ってクレジットカードは多くの方が日常的に利用しているものです。そのため、つい借金の感覚がなくなってしまいがちなのが落とし穴といえるでしょう。

もちろん、すぐに返済できればよいのですが返済までの期間が長くなればなるほど返済額も大きくなります。キャッシングを利用したらなるべく早く返済することを心がけましょう。

キャッシングのやり方はとても簡単

カードひとつで気軽に使えるのがクレジットカードキャッシングの魅力です。そのやり方をご紹介します。

銀行ATM

銀行ATMを使えば、現金を引き出す感覚でとても簡単にキャッシングができます。銀行のキャッシュカードと同様にATMにクレジットカードを入れ、カードの暗証番号を入力すれば、あとは画面の指示通りに操作するだけでキャッシングは完了です。

なお、キャッシングできるATMはクレジット会社が提携しているATMに限定されます。クレジットカードを挿入しても操作ができない場合は、そのATMがクレジット会社と提携していない可能性がありますので、ご注意ください。

コンビニATMも使えることが多い

最近ではコンビニATMでもクレジットカードキャッシングに対応したものが多くなっています。急いでいる時などにはぜひ利用してみてください。

口座振込

クレジットカードによっては口座振込に対応しているものがあります。Webサイトのマイページなどからキャッシングの利用を申し込むと振り込まれる場合と、電話連絡で振り込みを依頼して振り込まれる場合の2種類です。

自分の銀行口座への振込手数料がかからないクレジット会社もあり、場合によってはATMよりも手数料が安く済む場合があります。口座振込に対応しているかどうかはご利用のクレジット会社に問い合わせてみてください。

キャッシングの返済方法は2通り

キャッシングの返済方法には2通りあります。それぞれのポイントをまとめましたので、自分に合った返済方法をご利用ください。

一括返済

一括返済は、カードの引き落とし日にカード利用料金と一緒に引き落とす方法です。借入期間が短く済むため、利息の支払いが少なくすみます。キャッシングの利息負担は返済までの期間が長くなるほど重くなりますので、可能であればできる限り一括返済を選ぶべきでしょう。

リボ払い

リボ払いとは、キャッシングした金額を毎月定額で返済していく方法です。毎月の返済額が一定になるため、返済の予定が立てやすいことがメリットになります。

月々の返済額を抑えられるため返済負担が軽いように感じてしまいがちですが、実際は返済金額に占める元金の割合はごくわずかで、ほとんどが利息の支払いに充てられているような場合も多く注意が必要です。なかなか借入金が減らないという事態に陥りやすい返済方法になるため、リボ払いを選ぶ際には計画的な利用をこころがけましょう。

キャッシングは便利だが、使いすぎには注意

キャッシングというとネガティブな響きがあるように感じますが、うまく使えば急な出費をカバーしてくれる非常に便利なサービスです。借入金額は必要最低限に抑え、なるべく早く返済すればキャッシングとうまく付き合っていけるでしょう。くれぐれも使いすぎにはご注意ください。

借入をご検討の方

借入をご検討の方はuP.でカードローンやフリーローンを検索することができます。uP.では金利や借り入れ条件でローンを検索することができます。

また、返済総額や返済期間などをシミュレーションできる機能を提供しており、返済計画をたてる際の参考にしていただければと思います。