本記事では初めてクレジットカードキャッシングをする方のために、使い方や注意点をわかりやすく説明します。ぜひ本記事を参考にして、クレジットカードキャッシングを使いこなしてください。

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングについて使う前に知っておきたい基礎知識をまとめました。

クレジットカードに付帯するキャッシング枠

クレジットカードは、買い物の支払いで使用する「ショッピング枠」とATMなどで現金を引き出せる「キャッシング枠」の2つの機能から成り立っています。キャッシング枠はある場合とない場合があるため、すべてのクレジットカードに付帯しているわけではない点に注意が必要です。

クレジットカードの申し込み時の注意

クレジットカードにキャッシング枠を付帯させるには、カード申し込みの際に利用希望と希望額を申請して審査してもらいます。審査後に付与されたキャッシング枠は申請額を下回ることもありますので、いくら利用できるかについては審査完了後に確認しましょう。クレジットカードが手元に送られてくる際、キャッシング枠の審査可否や利用可能金額などのお知らせが同封されていたり別途通知が届いたりしますので、必ず目を通しましょう。

カードを作ったときにキャッシング枠不要で申し込んでいても、後で改めて審査をしてもらいキャッシング枠をつけることが可能です。カード会社により手続きは異なりますので、ご利用のカード会社に問い合わせてみてください。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係

ショッピング枠とキャッシング枠にはそれぞれに上限金額が設定されていますが、連動している場合があります。この場合は注意が必要です。つまり、キャッシングで現金を引き出すと、その分、ショッピング枠から差し引かれる仕組みになっています。

たとえば下記の例を見てみましょう。
(例:全体で50万円の利用枠、うちキャッシング枠は10万円)

キャッシングの利用額ショッピング枠の利用可能額
0円 50万円
10万円40万円

キャッシングを利用した10万円分、ショッピング枠の利用可能額が減ることがわかると思います。つまり、キャッシング枠はショッピング枠の一部であるということです。

ただし、キャッシング枠はキャッシング枠の上限額までしか使用できません。上記の例では、キャッシング利用額が10万円を超えることはありません。

また、下記の点にも留意しておきましょう。
(例:全体で50万円の利用枠、うちキャッシング枠は10万円)

キャッシングの利用可能額ショッピング枠の利用額
10円 0万円
5万円45万円

キャッシング枠が10万円あっても、すでにショッピングで45万円利用しているため、この場合ではキャッシングの利用額は残っている利用枠の金額である5万円までになります。

キャッシング枠の審査基準とは

キャッシング枠の審査で見られるのは主に以下のポイントです。

  • 収入や勤務先
  • 過去の取引情報(延滞などの事故がないか)
  • 現在の借入状況(他者も含む)

これらのポイントを総合的に判断し、キャッシング枠が設定されます。

クレジット会社によって重視するポイントは異なります。そのため、クレジット会社を変えれば審査結果が変わる場合もあります。キャッシングができないからといって他のクレジットカードでも審査に通らない、とは一概に言えません。

次へ 1 2 3 4 5