金利0円のカードローンと聞くと、何か裏があるのではないかと不安になる方もいるかもしれません。しかし、数ある商品のなかには、条件を満たすと一定期間金利が0円になるものがあります。

本記事では、カードローンで金利が0円になる条件やデメリット・注意点をわかりやすく解説します。初めてのカードローンを申し込む参考にしていただければ幸いです。

金利0円のカードローンとは?

カードローンの中には一部には条件次第で、金利がかからなくなるものもあります。あまりに良い条件だと、どこか怪しいと感じてしまうかもしれませんが、金利0円のカードローンはきちんと使えば何も問題がないばかりか、とても便利なものです。ポイントを押さえて、賢く活用しましょう。

利用条件は会社によって微妙に異なる

金利0円のカードローンとは、あらかじめ定められた期間のみ、利息がかからずに利用できるカードローンのことです。利息がかからない期間は会社により違いがあります。これをうまく利用すれば、支払利息をゼロに抑えることも可能です。

金利の高さがデメリットに挙げられる消費者金融において、「初回申込み時限定」「指定された銀行の口座開設が必要」などの条件はあったとしても金利が無料になる期間があるのは貴重といえます。詳しい条件については、各社ウェブサイトなどで確認してください。

金利0円カードローンが向いている人

次の条件に該当するか、セルフチェックしてみましょう。

  1. これまで一度もカードローンを利用したことがない
  2. これまで一度も消費者金融を利用したことがない
  3. 借りたい金額が10万円以下と少額である
  4. すぐにお金を返せる見込みがある

さて、チェックの結果はいかがだったでしょうか?該当するものが多ければ、金利0円カードローンが利用できる望みがあります。

金利0円カードローンの注意点

必ず知っておきたい注意点をふたつご紹介します。落とし穴にはまらないよう、よく確認しておきましょう。

①金利がかからない期間が決まっている

無利息になる期間はローン会社により異なりますが、30〜60日が相場となっています。この期間中に返済が完了すれば、利息はかかりません。

②無利息期間が終わると通常の金利になる

ただし、金利0円の期間が過ぎても借入残高がある場合、以降は通常の金利が適用されます。元の借入額が大きかったり返済計画に変更があったりすると、想定していた金額よりも多く返済しなければなりません。

目安として無利息の期間に8〜10割返済できそうな金額を借り入れるようにしましょう。ある程度まとまった金額を借りる場合には、無利息期間にできるだけ返済を進める、というのも一手です。事前に各社の借入シミュレーションを利用して返済額を試算することをおすすめします。

次へ 1 2 3 4