「クレジットスコア」という言葉をご存知でしょうか?日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、海外では融資を受ける際やクレジットカードを作る際に使われています。

クレジットスコアは「信用スコア」をはかるものです。信用スコアとは個人の信用力を数値化したもので、これが低いと不利益を被る可能性があります。本記事ではクレジットスコアはどのようなものか紹介し、今後日本でも活用されていくのかを解説します。

クレジットスコアとは何?

まず、クレジットスコアとは何かについて紹介します。何を指標とするのかを知ることで、自身のスコアにどう影響するのか想像できるでしょう。

人の信用力を測る尺度 

クレジットスコアとは、元々、クレジットカード会社が各社内で活用してきた信用情報を点数化して表したもので、個人がクレジットカードを作る際やお金を借りる際、参考にされる指標となっています。住所や氏名、電話番号などの個人情報や借入金残高、クレジットカード使用状況、返済状況などが含まれることが一般的です。さらに近年では、利用者から申告された情報やインターネット上の各種サービスの利用状況を信用情報として数値化し活用する動きもあります。

特に米国には多くのクレジットスコアを算出する企業が存在します。中でも有名なのがフェア・アイザック社(Fair Isaac Corp.)が算出する「FICOスコア」です。なお「FICOスコア」に関する詳しい内容は後述します。

クレジットスコアで重視する指標 

クレジットスコアで重視される指標は、クレジットカードの履歴や融資の借り入れ状況です。クレジットカードであれば、所有枚数や利用状況、滞納の有無などが挙げられます。

一方、融資においては、滞納や金融事故などの有無が確認事項です。これらの指標にプラス要素が多いほど、信用度が高い人としてスコアが上がる仕組みとなっています。

次へ 1 2 3 4 5