銀行カードローンや消費者金融カードローンを利用する場合、審査は避けて通れないものです。審査基準を知ることは基本的にできませんが、一方で審査に落ちにくくする方法はあります。本記事ではカードローンの審査の厳しさについて説明し、審査に通過する可能性を上げる方法を紹介していきます。

カードローンの審査が厳しいと思われている理由

カードローンの利用がはじめての方は「審査が厳しくて落ちるかもしれない」と心配になるかもしれません。銀行・消費者金融ともにカードローンの審査内容は非公開となっているので、どのような基準を満たせば審査を通過できるかは誰にもわからないのです。「カードローンは審査が厳しいから怖い」と思っている方が多いのは、そのためだといえます。

審査内容が非公開

銀行や消費者金融は、カードローンについてそれぞれ異なる審査基準を独自に設けています。ただし、審査内容は公開されていないので、詳しい審査難易度をハッキリと知ることは不可能です。しかし、公開されている申し込み条件を確認すれば、審査に落ちにくくすることは可能です。

審査が甘いカードローンはないから

カードローンでお金を借りるときに「審査が甘いところはないか」と探していませんか?

「消費者金融なら審査が甘い」といった情報を目にしたことがあるかもしれませんが、事実だとは言い切れないので注意してください。「このカードローンは審査が甘い」「審査なしで利用できる」などの情報は疑ったほうがよいでしょう。

「貸金業法」という法律に基づき、消費者金融にはお金を貸すときに相手の返済能力を確認する義務が定められています。

第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

引用:e-Gov法令検索

銀行は貸金業法第13条の対象ではありませんが、業界の自主規制によって「必ず審査をしましょう」と決められています。つまり、正式な許可を得てお金を貸している会社では、必ず審査によって返済能力がチェックされます。

次へ 1 2 3 4 5