銀行カードローンや消費者金融カードローンを利用する場合、審査は避けて通れないものです。審査基準を知ることは基本的にできませんが、一方で審査に落ちにくくする方法はあります。本記事ではカードローンの審査の厳しさについて説明し、審査に通過する可能性を上げる方法を紹介していきます。

カードローンの審査が厳しいと思われている理由

カードローンの利用がはじめての方は「審査が厳しくて落ちるかもしれない」と心配になるかもしれません。銀行・消費者金融ともにカードローンの審査内容は非公開となっているので、どのような基準を満たせば審査を通過できるかは誰にもわからないのです。「カードローンは審査が厳しいから怖い」と思っている方が多いのは、そのためだといえます。

審査内容が非公開

銀行や消費者金融は、カードローンについてそれぞれ異なる審査基準を独自に設けています。ただし、審査内容は公開されていないので、詳しい審査難易度をハッキリと知ることは不可能です。しかし、公開されている申し込み条件を確認すれば、審査に落ちにくくすることは可能です。

審査が甘いカードローンはないから

カードローンでお金を借りるときに「審査が甘いところはないか」と探していませんか?

「消費者金融なら審査が甘い」といった情報を目にしたことがあるかもしれませんが、事実だとは言い切れないので注意してください。「このカードローンは審査が甘い」「審査なしで利用できる」などの情報は疑ったほうがよいでしょう。

「貸金業法」という法律に基づき、消費者金融にはお金を貸すときに相手の返済能力を確認する義務が定められています。

第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

引用:e-Gov法令検索

銀行は貸金業法第13条の対象ではありませんが、業界の自主規制によって「必ず審査をしましょう」と決められています。つまり、正式な許可を得てお金を貸している会社では、必ず審査によって返済能力がチェックされます。

銀行カードローンの審査は厳しい?

銀行カードローンは一般的に、「金利が低いから審査が厳しい」「限度額が高いから審査に落ちやすい」と言われています。しかし前述の通り、審査内容は非公開なので正確なところを知るすべはありません。ただし、申し込み条件は明記されているので、まずは条件を満たした状態で申し込みをすることが重要です。

三井住友銀行カードローンの審査

三井住友銀行カードローンは、最大金利14.5%で800万円まで借りることが可能。申し込み条件は以下のようになっています。

・お申込時満20歳以上満69歳以下の方。
・原則安定したご収入のある方。
・当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方。
 ※お申込は、ご本人さまに限らせていただきます。

引用:三井住友銀行

年齢が20歳未満や70歳以上の人だと審査に落ちるので注意してください。収入が安定していることも条件となっています。

イオン銀行カードローンの審査

イオン銀行カードローンは、スマホ完結で最大800万円まで借りられるところが強み。申し込み条件は以下の通りです。

以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
1. 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
2. ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方
3. ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方
  ※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません
4. 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方

引用:イオン銀行

イオン銀行カードローンの場合、専業主婦(夫)でも申し込めるところが特徴的です。学生は不可と明記されているので、学生の人は別のカードローンに申し込んだほうがよいでしょう。

横浜銀行カードローンの審査

横浜銀行カードローンは最大金利14.6%で1000万円まで借りられるカードローン。申し込み条件は5つあります。

以下の条件を全て満たす方
1. ご契約時満20歳以上69歳以下の方
2. 安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
3. 次の地域に居住またはお勤めの方
・神奈川県内全地域
・東京都内全地域
・群馬県内の以下の市
 前橋市、高崎市、桐生市
4. 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
5. 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

引用:横浜銀行

特定の地域に居住または勤務していることが条件になっているところは、地方銀行の特色だと言えます。また「年収には年金を含む」と明記されているので、年金受給者でも審査に通る可能性があります。

消費者金融カードローンの審査は厳しい?

「消費者金融カードローンは銀行よりも審査が甘い」という話はよく目にしますが、審査内容は非公開なので確実なことはいえません。消費者金融でもカードローンの申込条件は明記されているので、審査を受ける前に条件を満たしておきましょう。

SMBCモビットの審査は厳しい?

カードローンを利用するときは、本人が職場に勤めているという事実を確認するため、会社に電話をかけて「在籍確認」が行われるのが一般的です。しかし、SMBCモビットのカードローンなら、Web完結で申し込めば電話を連絡なしにできます。SMBCモビットの利用条件は以下の通りです。

・年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方
・アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。(当社基準を満たす方)
・パソコン・スマートフォンなど、インターネットからのお申込にはメールアドレスが必要です。

引用:SMBCモビット

電話連絡なしのWeb完結で申し込むためには、パソコンやスマートフォンのメールアドレスが必要です。また、Web完結を利用するには以下2つの条件も満たしていなければならないので注意してください。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方(お客様名義の口座に限ります)
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

引用:SMBCモビット

プロミスの審査は厳しい?

プロミスのカードローンは上限金利が17.8%と、他の消費者金融より0.2%低いところが特徴。利用条件は下記のようになっています。

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申し込みいただけます。

引用:プロミス

主婦や学生でも安定した収入があれば申し込めると明記されているので、パートやアルバイトの収入がある方は検討してみるとよいでしょう。

レイクALSAの審査は厳しい?

レイクALSAはWeb申込限定の60日間無利息か、5万円まで180日間無利息のどちらかを選べるところが強みの消費者金融です。レイクALSAが利用できるのは、以下の条件を満たす人。

満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)

引用:レイクALSA

無利息サービスはどちらもレイクALSAの利用がはじめてで契約額200万円以下の人が対象です。60日間無利息はWeb完結で申し込むことも条件になっているので注意してください。

カードローンの審査に通る可能性を上げる方法

カードローンの審査は甘くないですが、いくつかのポイントを押さえれば審査に通る可能性を上げることはできるでしょう。ここでは審査に通るために心がけておきたいポイントを3つ紹介します。

安定した継続的な収入を得る

どのカードローンにも共通して言えることとして、本人に安定した継続的な収入があることが申し込みの条件になっています。安定した継続的な収入としては正社員が給料を得ている場合に加えて、毎月アルバイト代が支払われる場合や、フリーランスで毎月一定額の売上がある場合などが含まれるケースがあります。収入に不安がある方は、まず安定した継続的な収入を得られるよう努力しましょう。

信用情報に傷をつけない

カードローンを提供している会社は、審査のときに「信用情報」と呼ばれる情報を必ず確認しています。信用情報とはクレジットカードの利用状況やスマホの滞納状況など、信用が必要な取引に関する情報のことです。クレジットカードの未払いやスマホ代の滞納があるといった信用情報に傷がついている状態だと、返済能力が低いとみなされて審査に落ちやすくなります。カードローンに申し込む前に、未払いや滞納を放置していないか確認しましょう。

信用情報は「信用情報機関」という機関が管理していて、日本だとCIC、JICC、JBA(KSC)の3機関が存在しています。信用情報機関に「信用情報の開示請求」をすれば、自分の信用情報がどのような状態か確認できるので心配な方は申請してみましょう。信用情報の開示請求をする方法にはパソコンやスマホ、郵送、窓口の3つがあり、信用情報機関によって受付方法が違う点に注意してください。

複数のカードローンに申し込まない

カードローンへの申し込みも信用情報の一つとして記録されています。そのため短期間に複数のカードローンに申し込んでいると、「この人はお金に困っているのかもしれない」と思われて審査に落ちることがあります。審査に通る可能性を上げるために、一度に複数のカードローンを申し込まないようにしましょう。

カードローンの審査に通る可能性は上げられる

カードローンは銀行や消費者金融で利用できますが、どちらの場合も申し込みの際に必ず審査があります。審査内容は非公開のため審査が甘いか厳しいかを確実に知る手段はありません。しかし、申し込み条件は公開されているので、まずは最低限の条件を満たすことが重要です。

また、「安定した継続的な収入を得る」「信用情報に傷をつけない」「複数のカードローンに申し込まない」といった点を心がければ、審査に通る可能性を上げることはできます。カードローンの審査を受けるときは、万全の状態を整えてから挑みましょう。