故意に返済が遅れてしまった場合でなくても、借入したお金を期日までに返済しなかった場合にはぺナルティとして「遅延損害金」を支払う必要があります。月々の返済に遅延損害金が加算されることで、負担が大きくなってしまいます。

では、滞納を続け督促を無視すると何が起こるのでしょうか。本記事では消費者金融の返済が遅れた際に起こることや、返済が困難な場合の対処法を解説します。

消費者金融の返済が遅れると何が起きる?

ここでは、消費者金融の返済が遅れるとどのようなことが起きるのかを解説します。大きく分けて、4つの内容について見ていきましょう。

ペナルティとして遅延損害金が発生

遅延損害金は遅延利息とも呼ばれ、消費者金融への返済が遅れた翌日から発生するペナルティのことです。遅延損害金の計算は、次のように行います。(年利20%の場合)

「借入額×年率(20%)×滞納日数÷365日=遅延損害金」

仮に借入金が200万円で60日滞納した場合の遅延損害金は65,753円です。また、消費者金融の金利は通常18%が上限ですが、遅延損害金の場合では20%となり、通常利息より割高となるため注意しましょう。

事故として扱われブラックリストに載る

滞納から2ヶ月以上を経過すると、ブラックリストに載ります。「ブラックリストに載る」とは、借金の返済ができなかった事実が信用情報(カード会社や銀行との取引履歴や個人情報などの情報)に登録された状態です。

事故として登録されると「氏名」「住所」といった個人情報や借入金、返済状況などが信用情報に記録されます。ブラックリストに載ってしまうと、新規のクレジットカード発行や借入などは難しくなるでしょう。また、住宅ローンの審査にも影響するため、住宅購入の予定がある方は要注意です。

貸付停止や一括請求されるケースも

借金の返済ができない場合、「貸付停止」や「一括請求」されるケースもあります。それぞれの内容についても理解しておく必要があります。

「貸付停止」とは利用限度額が0円となり、返済しかできない状態です。ただし、延滞後すぐに貸付停止になることはありません。延滞を繰り返したり、消費者金融や銀行からの連絡を無視したりしていると貸付停止となる場合があるため注意しましょう。

一方、借入金全額と遅延損害金を一括で請求されることを「一括請求」と呼びます。一括請求は滞納から2ヶ月以上が経過し、消費者金融からの連絡にも対応しない場合に、督促状という形で請求されるのが一般的です。

もちろん、延滞の最初の状況ではコールセンター等からの確認がきます。それにも対応しないという不誠実な態度をとると上記のような手紙での督促に切り替わり、それでも無視すると強制解約として返済専用口座となってしまいます。

最悪の場合は強制執行を受ける

一括請求も無視し続けると、債権者(お金を貸した側)である消費者金融から裁判を起こされる可能性があります。裁判の判決によっては強制執行が可能となり、利用者の財産を差し押さえることも可能です。

強制執行を受ければ、債務者(お金を借りた側)名義の預貯金や不動産、給与などの資産を差し押さえられます。生活にも大きく影響するため、強制執行となる前にしっかりと対処しましょう。

次へ 1 2 3 4