銀行系のカードローン一覧

大手の銀行系でもカードローンサービスを取り扱っており、その最大のメリットは「低金利」です。消費者金融系の多くは3.0%~18.0%程度と設定するなか、銀行系の金利は2.0%~15.0%程度と比較的低めに設定されています。また、債務者の所得や審査にもよりますが、消費者金融では不可能だった年収の1/3を超える借入れもすることができます。

ただし、借入までに時間がかかる点や、審査が厳しめである点はデメリットだと言えるでしょう。今回は、メガバンクと呼ばれる5つの銀行の特徴を紹介します。

最短翌日借入可能「三菱UFJ銀行」

三菱UFJ銀行が提供している「バンクイック」の金利は1.8%〜14.6%で、申し込みから借り入れまでのスピードの早さが特徴です。

Web完結での申し込みは24時間可能です。また、Web完結へ申し込み後にローンカードをテレビ窓口で受け取ることで、最短翌営業日には借り入れできます。

土日の申し込みにも対応しているので、急にお金が必要になった場合にはバンクイックがおすすめです。

 

ATMの利用手数料が無料「三井住友銀行

三井住友銀行の金利は1.5%〜14.5%で、利用手数料の安さが大きな特徴です。ATMでの借り入れや返済は時間の関係なく無料となります。また、銀行ATMだけでなく、提携するコンビニATMでも手数料がかからないため、近くに銀行がない場合にも安心です。

 

金利の安さが特徴「りそな銀行」

りそな銀行は金利を3.5%〜13.5%で、他の銀行よりも上限金利が低い点が特徴です。長期的な借り入れを前提とする場合は、返済の負担を抑えてくれるでしょう。返済計画次第では、ぜひ検討したい銀行系カードローンの1つといえます。

 

住宅ローン利用中は金利がお得「みずほ銀行」  

みずほ銀行の金利は2%~14%ですが、みずほ銀行の住宅ローンを利用する方を対象として金利が0.5%割引になる点が特徴です。としています。また、住宅ローンの利用者専用で「多角的ローン」というサービスもあります。将来的に住宅ローンの借り入れを計画する方にはおすすめです。