「カードローンの審査に申し込んだが、結果が来なくて不安」「一度申し込んだが審査に落ちてしまって、どこに申し込んでもだめなのだろうか」

こうした不安を持つ方に向けて、カードローンの審査が通らない理由について詳しくまとめました。カードローンの審査を通りやすくするポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてカードローンにお申し込みください。

カードローン審査でチェックされる項目3つ

カードローンの審査で見られる項目は大きく分けて3つあります。それぞれどのようなことがチェックされるのか、詳しく見ていきましょう。

1.個人情報

個人情報とは、氏名、生年月日、電話番号、住所などの個人が特定できる情報のことをさします。審査に直接影響しないようにも思われる個人情報ですが、細かい部分が判断に影響を与えることがあります。

例えば、住居に関する情報も審査に影響があるのもひとつです。賃貸か持ち家か、住宅ローンはあるかといった情報が返済能力の有無を判断する材料になるのです。賃貸物件なら家賃の負担がありますし、持ち家でもローンが残っていればその返済額が負担になると考えられます。

また、同じ住居に住んでいる期間が長いほど生活が安定していると判断される傾向があるようです。今でこそあまり重視されなくなりましたが、固定電話があると信用があるとみなされることもあるようです。ただし、携帯電話だけの家庭も多くなってきているので固定電話がないからといって気にする必要はないでしょう。

2.勤務先情報

勤務先の状況は給与に直接的に結びつくため、勤務先情報は重要です。勤務先の名前からは売上規模や社員数、経営状況や収入の水準を調べることができます。上場企業かそうでないかも審査の際にチェックされるでしょう。

勤務先の情報だけでなく、申込者の雇用形態(正社員かどうかなど)もチェックされます。正社員であれば安定的な収入が続くと考えられますが、契約社員やアルバイト・パートの場合は収入が不安定だと判断される場合もあるようです。

しかし、勤務先や雇用形態だけではカードローンの審査結果は決まりません。勤務先情報に多少不安があっても、この後説明する信用情報がしっかりしていれば、審査に通る可能性は十分にあるでしょう。

3.信用情報

信用情報とは、申込者がこれまで利用してきたクレジットカードやキャッシング、ローンなどの履歴のことをいいます。延滞したり自己破産したりすると、その履歴が信用情報に記録されます。複数の延滞履歴があったり、現在延滞している借り入れがあったりすると審査に重要な影響を及ぼすでしょう。

過去に債務整理をした場合は信用情報を見ればすぐにわかるので、残念ながら審査に通る可能性はほとんどありません。今までローンの延滞をしたことがない人は、過去の返済履歴が実績として有利になることもあるでしょう。

消費者金融からお金を借りる場合は、今ある借り入れ件数や金額もチェックされます。消費者金融には総量規制というルールがあり、他社からの借り入れ金額も合わせて年収の3分の1を超える場合はお金が貸せないようになっているからです。

また、借り入れ件数が多いと、資金繰りに困っていたりお金が管理できていなかったりすると思われ、リスクが高い利用者だとみなされることもあるようです。

次へ 1 2 3 4