よくある審査落ち理由を紹介

カードローンの審査に落ちた方に多くみられる理由をまとめました。審査に通らなかった、もしくは審査に通らないかもと不安な方は、これらの項目にあてはまっていないかチェックしてみてください。

申し込みした人が専業主婦や学生だった

カードローンの審査では、安定した継続的な収入があることが条件となっています。専業主婦の場合は自分の収入がないため、金融機関の判断によっては審査に通らないこともあるようです。

しかし、銀行系のカードローンでは配偶者の収入も返済能力に含めて審査してくれることがあります。専業主婦なら銀行系のカードローンを検討するとよいでしょう。学生の場合はまず年齢が最初の判断基準になります。未成年は親権者の同意なくローンを組めませんが、親の同意を書面で得るのは難しいものです。

まれに18歳以上ならお金を貸してくれる学生ローンもあるようですが、大手消費者金融や銀行系のカードローンでは基本的に無理だと思っておきましょう。大学生などですでに成人している場合は、アルバイトでも安定的な収入とみなされればカードローンの審査に通ることもあります。ただし、正社員に比べて借り入れ限度額は低くなる傾向です。

希望額が高すぎた

借入希望額が高すぎると審査に通りません。消費者金融などの貸金業者は、総量規制というルールで貸せる金額の上限が決められています。具体的には年収の3分の1までしかお金を貸すことができない規則になっているため、それを超えた金額では融資を通すことができません。総量規制には他の会社から借りているお金も含まれます。そのため、単体での申込金額だけでは問題ないように見えても、すでにある借り入れ金と合わせると総量規制をオーバーしてしまっている可能性もあるのでご注意ください。

延滞している借り入れがあった

クレジットカードやローンの延滞が発生している場合は、延滞がなくならないと審査に通りません。まずは返済して延滞を解消することから始めましょう。延滞の記録がなくなるまでしばらく待ってからカードローンの申し込みをしてください。

借り入れ金の延滞をしているつもりがない方の落とし穴になりがちなのが、携帯電話の本体代金を分割払いにしている場合の利用料金滞納です。携帯電話の契約にローンという感覚はないかもしれませんが、実際は高額な本体代金を毎月分割払いのローンにして通話料と一緒に支払う形をとっています。こうした携帯料金の滞納も信用情報に記録されますので、利用の際はよく気をつけるようにしてください。

他社のカードローンも同時に申し込んだ

審査に落ちることを心配して、手当たり次第に複数のカードローンを申し込む人は少なくありません。しかし、信用情報には申し込みだけでも記録が残ることに注意が必要です。

短い期間に複数のローンの申し込みをすると資金繰りに困っている人という印象を金融機関に与えてしまいます。むやみやたらに申し込みするのではなく、金融機関にも優先順位をつけて1社ずつ申し込みするようにしましょう。

在籍確認がとれなかった

在籍確認とは、申込者が申告した会社に本当に勤務しているか電話などで確認を取ることです。勤務の実態がなければ審査の前提が崩れてしまうので、在籍確認できるかできないかは非常に重要なことです。

やむない理由があって在籍確認が難しい場合は、あらかじめ金融機関に事情を伝えて代替案がないか交渉する必要があります。