借金返済の方法は人それぞれ異なります。しかし、返済に困って短期的な解決策を行うと、余計に状況は悪化する可能性があるでしょう。そこで今回は、返済方法に困ったらやるべきことや負担を軽減できる5つの方法、債務整理などについて紹介します。借金の返済方法に困っている場合は、本記事の内容を役立てていただければ幸いです。

借金の返済方法に困ったらまずやるべきこと

借金の返済方法に困ったらやるべきこととは、どのようなことでしょうか。この項目では3つに分けて、その手順を紹介します。

今の借金状況を明確にする

借金の返済方法に困ったらまずは、今の借金状況を整理して明確にしましょう。具体的には次の3つです。

  • 借り入れている銀行や消費者金融
  • 借金の額
  • 利息や手数料

借り入れ金額が分からない場合は業者に問い合わせるか、会員専用ページやアプリを確認しましょう。また、借入先が複数あって分からない場合には、信用情報機関へ問い合わせることで確認できます。なお、信用情報機関とは、カード会社や銀行と顧客が適正な取引をおこなえるように、信用情報を収集管理する団体のことです。日本には、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの信用情報機関があります。

参考:
日本信用情報機構
シー・アイ・シー
全国銀行個人信用情報センター

毎月の返済に充てられる金額を割り出す

借金の状況を明確にしたら、毎月の収入や支出を整理し、返済に充てられる金額を割り出します。ここで気を付けるべきことは、生活費を削って返済費用を割り出してはいけない点です。

毎月の返済に充てられる金額を割り出したら、利息も含めた返済スケジュールを立てます。利息の計算方法は次の通りです。

「借入額×金利÷365日×借入日数=利息」

借入額が20万円で金利が年18%、借入日数が30日の場合は「20万円×18%÷365日×30日=2,958円」となり利息は2,958円です。

しかし、利息の計算を自分で行うと計算を間違える場合もありますし、複数社から借り入れている場合は計算が大変です。そこで、計算の手間を省くためにも「uP.のスケジュールの機能」を利用してはいかがでしょうか。

新規借入や借り換えをシミュレーションすることで、自分に最適なローンを一括で比較することが可能です。また、返済金額や返済期間などのシミュレーション機能もあります。シミュレーションできる内容は次の5つです。

具体的な返済スケジュールを立てる際は、ぜひ利用してみてください。
参考:シミュレーション一覧

次へ 1 2 3