複数社から借金をしている多重債務状態の方は、月々の支払いが大きな負担になる場合があります。しかし、借金を一本化することで返済の負担を軽減することが可能です。

本記事では借金の一本化に関するメリット・デメリットを解説するとともに、一本化をおすすめする理由を紹介します。多重債務で困っている方はぜひ参考にしてください。

借金の一本化とは何?

借金の一本化とはどのようなことを指すのでしょうか。まずはその意味について解説します。

複数社からの借金を1つにまとめること

借金の1本化とは複数のカード会社や金融機関からの借り入れを、1つの借入先にまとめることです。 新しい金融機関などから融資を受け、他社分の借金を清算した後、借金の総額を1社にまとめることができます。これを借金の一本化と呼びます。

おまとめローンは一本化するための商品

おまとめローンは借金を一本化するための商品です。複数社からの借金を1つにまとめるために利用します。銀行系では三井住友銀行や楽天銀行など、消費者金融系ではアイフルやプロミスの商品などが代表的です。

借金返済を一本化で得られるメリット

おまとめローンを利用して借金返済を一本化することで得られるメリットを3つ紹介していきます。

返済管理が簡素化する

おまとめローンは返済管理を簡素化することが可能です。おまとめローンを利用して借金を一本化できれば、返済先が1社にまとまり、毎月の支払いも1回で収まります。

そのため、複数社に支払う時のように毎月の支払い日を気にする必要がなく、管理も容易になるでしょう。

多重債務状態から解消される

多重債務状態とは、複数社から借入を行い、借金の返済が困難になっている状態です。おまとめローンを活用して1社に借金をまとめることで現在より安い金利で借り入れができれば、多重債務状態を解消できる可能性が高くなります。

また、多重債務の場合、住宅や自動車のローン審査にも影響する可能性もあります。しかし、借金を一本化することで、ローン審査も通りやすくなる場合があるのです。

借入金利が低下する

おまとめローンを利用することで、現在契約している借入金利よりも低くなる場合があります。変動金利ではあるものの、低金利のおまとめローンの例は次の通りです。

  • 中央リテールのおまとめローン:10.95〜13.00%
  • アイフルのおまとめMAX:3.0~17.5%
  • 東京スター銀行 おまとめローン:12.5% 

ただし、多重債務の状態では、まとめた前と後で金利が変わらない場合と、高くなる場合があります。一本化によって必ず借入金利が下がるわけではないので注意してください。

月々の返済負担が軽減される

おまとめローンを利用することで、利息が少なくなり、月々の返済負担を軽減することも可能です。ただし、借入金額や利用するおまとめローンの金利、月々の返済額によって条件は異なります。

場合によっては、返済総額が増えることもあるため、事前に必ず支払いシミュレーションを行うようにしましょう。

総量規制の対象とならない

おまとめローンは総量規制の対象となりません。総量規制とは「年収の3分の1を超える貸し付けができない」という借入総額の制限を指します。

総量規制の対象外となる理由は、おまとめローンが返済と同額の借入れを同時に行う商品であり、年収に対する借入金の割合が変わらないからです。よって、年収の3分の1の借金がある方でも、一本化が目的のおまとめローンであれば、借入れできる可能性があります。

借金返済を一本化するデメリット

次におまとめローンを利用して借金返済の一本化を図るデメリットを5つ紹介します。

審査に通りにくい場合がある

例えば、A・B・Cの3社から、それぞれ100万円ずつ借り入れて総額300万円の借金があるとしましょう。借金を一本化するとは、新たにD社のおまとめローンを利用し、300万円を借り入れてA・B・C社に返済する流れです。

当然、D社からの借入金額が大きくなるため、返済能力などを総合的に判断されますので、審査基準も自ずと厳しくなります。よって、一定の安定収入がない方の場合は、審査に通らない可能性が高いでしょう。

返済期間が長くなる

おまとめローンは返済額を調整し、月々の負担を軽減することが可能です。ただし、あまりにも低い返済額で設定すると返済回数が増え、返済期間が長くなります。返済を早く終わらせたい場合には、月々の返済額は低くしすぎないほうが無難でしょう。

返済総額が増える場合も

返済期間が長くなると、その分返済総額が増える場合もあります。おまとめローンで借入金利が低くなっても、返済期間が長くなれば利息が増えるからです。

返済額を減らしたい場合は、返済総額が増えない範囲で月々の返済額を調整しなければなりません。しっかりと検討してから利用しましょう。

さらなる状況悪化を招くこともある

おまとめローンによって、さらに状況が悪化する場合もあります。完済できずに債務整理(借金問題を合法的に解決するために国が作った制度)といった法的な手段を取らざるを得ない状況に陥るケースも少なくありません。必ずしも状況が悪化するわけではありませんが、慎重に利用する必要があることを覚えておきましょう。

借金の一本化ができないケースとは

ここまで、おまとめローンによる借金の一本化について解説してきました。ここでは借金の一本化ができない3つのケースについて紹介します。

年収に比べ借金額の割合が多い

年収に比べて借金額の割合が多いと、一本化できない場合があります。おまとめローンには返済期限があり、借金総額が多い場合や返済期限が短い場合には、月々の返済負担も大きくなります。

例えば、年収216万円でおまとめ金額が300万円、金利が12.5%、返済期限を5年に設定した場合は、月々では67,494円の返済が必要です。

返済金額は簡単に算出できますので、おまとめローンを検討中の方はぜひ利用してみてください。生活環境などの違いはあるものの、返済額の割合が多いと審査が通らず、一本化できない可能性が高いため注意しましょう。

定期的な収入の見込がない場合

前項で「年収に比べ借金額の割合が多いと一本化できない可能性が高い」とお伝えしました。一方、年収が多ければ審査に通りやすいというわけではありません。

例としては、アルバイトやパート、個人事業主などです。このような方の場合、現状は大きな収入を得ていたとしても、借金の一本化ができない場合があります。

なぜなら収入が不安定な傾向にあり、借金返済が継続的に行える保証が難しいためです。定期的な収入の見込みがないと判断されれば、審査に通ることはできません。

ブラックリストに載る状態の場合

返済の延滞を繰り返している場合は、ブラックリストに載っている可能性があります。なお「ブラックリストに載る」とは借金の返済を滞納・遅延することによって、新たな借り入れができなくなる状態になることです。

ブラックリストに載っている状態では、仮に定期的な収入が見込まれる場合であっても、おまとめローンの審査に通らないため一本化は難しいでしょう。よって、返済の延滞などには十分に注意しましょう。

専門家への相談も検討しよう

ここまで借金の一本化やメリット、デメリット、おすすめする理由などを紹介しました。まずは今回紹介した「おまとめローン」などを利用し、月々の返済を見直してみてはいかがでしょうか。

それでも月々の返済が厳しい場合には、債務整理の活用も検討してみましょう。新たなクレジットカードの作成や借り入れは難しくなりますが、その分返済の負担を軽減できるかもしれません。債務整理を検討する際は、弁護士や司法書士といった専門家へ相談してみてください。