ついついリボ払いを使いすぎてしまい、気付いたら大変な返済金額になっていたということはありませんか?リボ払いは毎月の返済が一定のため、借り入れ金が増えていることに気付きにくいというデメリットがあります。本記事では、増えてしまったリボ払いの返済負担を軽減するために便利なおまとめローンに関する知識をまとめました。

リボ払いのおまとめローン借り換えとは

おまとめローンとは、いくつかの金融機関からお金を借りていて返済が大変なときに、借金を一本にまとめて返済負担を軽減するためのローン商品です。「おまとめローン」という名前の借り換え専用の商品もありますが、場合によってはカードローンやフリーローンを同じ目的に使用することもあります。

クレジットカードのリボ払いが苦しいときは、おまとめローンにすることで返済の負担を軽くできるかもしれません。次の章では、おまとめローンにすると返済が楽になる理由を解説していきます。

おまとめローンに借り換えすると返済が楽になる理由

おまとめローンに借り換えすると返済が楽になるのには2つの理由があります。

金利が下がり総返済額も少なくなる

おまとめローンにすると金利が下がる場合があります。一般的なリボ払いでは年率15%~18%の手数料がかかりますが、銀行系カードローンであれば金利が2.0%~年14.5%のため、借り換えることで実質的に金利を下げられる場合があるのです。

毎月の返済額は変わらなかったとしても、金利が下がったぶん返済額に占める元金の割合が大きくなり、返済期間の短縮につなげることが可能です。よって、おまとめローンに借り換えをする際は、現在より金利が下がるかどうかが一番注意すべきポイントになります。

一本化すると管理がしやすくなる

複数ある借り入れを一本化するとお金の管理がしやすくなり、返済計画の管理がかんたんになります。

複数の会社からの借金がある場合は、返済口座や入金日の管理が困難です。それぞれの残高や返済額が分かりづらく、ときには入金を忘れてしまったりすることもあるでしょう。

そこで、おまとめローンを活用して借り入れを一本化することで、月々の返済額や返済日の管理がしやすくなり入金忘れもなくなるというメリットがあります。

次へ 1 2 3 4 5