リボ払いの借り換えができない時の対処法

「リボ払いの借り換えをして返済負担を軽減したかったけど、審査に落ちてしまった……」そのような方には、借り換え以外に借金の返済負担を軽減する方法があります。

自分に合う方法を探してみましょう。

弁護士に相談

弁護士はお金に関する法律のプロフェッショナルです。弁護士に依頼すれば、債務整理の手続きを代行してもらうことができます。

債務整理をすればリボ払いの利息をカットしたり毎月の返済額を少なくする交渉をしてもらえるため、おまとめローンに借り換えしなくても返済負担を減らすことが可能です。ただし、弁護士に依頼する場合は報酬を支払う必要があります。

司法書士に相談

弁護士よりお金をかけずに債務整理をしてもらいたい場合は、司法書士に相談する方法もあります。司法書士は140万円以下の借入金しか取り扱えないなどの制限がありますが、弁護士にくらべて報酬が安価であることが多いです。

ただし、債務整理が訴訟に発展した場合には注意が必要です。司法書士は簡易裁判所までの事件しか取り扱えないため、高等裁判所以上に進むことになれば改めて弁護士に依頼しなおす必要があります。

法テラスに相談

法テラスは、国が設立した公的機関です。法的トラブルで困っている人を支援するためにあり、お金がなくても相談が可能なのが特徴となっています。

法テラスは直接債務整理の当事者になるわけではなく、相談者の状況に応じた適切な対応手段や解決方法を提案してくれる法律の総合相談所的役割を果たす機関です。所得が一定水準以下の場合、無料の法律相談や弁護費用の立て替えをしてもらえるので、弁護士や司法書士に支払う報酬を工面できない方にとっては、ありがたい味方といえるでしょう。