街金という言葉は闇金と似ているため、なんとなくグレーか危ないという印象を持たれがちです。しかし、街金はきちんと法律を守って営業している金融機関です。

節度をもった利用であれば大手消費者金融とほぼ同じ感覚で利用でき、困ったときの選択肢として知っておくと便利です。

本記事では街金の基本や利用上の注意点を初心者向けに解説しています。はじめての街金の基礎知識として役立ててください。

街金とは何か?

街金という言葉を聞いたことはあっても、正確な意味が分かって使っている人は少ないのではないでしょうか。意味を間違えやすい言葉でもあるため、まずは街金の意味を確認しておきましょう。

街金は合法な中小消費者金融

街金は、合法的に営業している中小消費者金融の総称です。アイフルやアコムなどの大手消費者金融とは異なり、規模が小さく知名度はありませんが、展開している事業内容は基本的に大手消費者金融と同じです。

街中でひっそりと営業していることが多いことから、中小規模の消費者金融のことを指して「街金」と呼ぶようになったものと考えられています。

大手消費者金融は全国規模で営業しているため、広告や看板をよく見かけます。これに対して街金は地域密着型で営業しており、その地域の人のなかでも一部でしか知られていません。

知らない名前だと心配になるかもしれませんが、大手消費者金融と同様に貸金業法や利息制限法を守って営業している合法的な金融機関のため心配する必要はありません。

闇金とはまったくの別物

街金は言葉の響きが似ていることから、闇金と混同されがちです。しかし、街金と闇金の実態はまったく異なります。両者の違いをよく理解しておきましょう。

先ほども説明した通り、街金は法律を守って営業している金融機関です。「利息制限法」「出資法」「貸金業法」という法律では金利や貸出金額の上限が定められており、基準を上回る金額は絶対に貸してくれませんし、法外な利息を請求されることもありません。

大手か中小かという違いがあるだけで、基本的には大手消費者金融と同じように利用すれば問題ありません。これに対して、闇金は法律を守らない違法な貸金業者です。金融庁に届け出をしておらず、当然ながら利息制限法も貸金業法も守りません。近年ではソフト闇金といい、なんとなく耳障りのいい名前で広告を出している業者もいます。しかし、その実態は金融庁に登録していない点で立派な闇金です。

昔から知られている闇金との違いは接し方がフレンドリーだったり、少しなら返済を猶予してくれる点です。しかし払えなくなったことが分かると態度は豹変し、厳しい取り立てをするか、どこかの闇金に貸金債権を譲渡してしまいます。

闇金は年率300%というような法外な利息を請求したり、暴力や脅迫を伴う取り立てをしたり、何をされるかわからないところが闇金の恐ろしさです。一歩間違えると人生が破滅する可能性があるため、絶対に闇金を利用してはいけません。

街金と闇金の見分け方はのちほど詳しく解説します。街金を利用するときは必ず確認してください。

街金は審査が甘いのは本当か

街金は審査が甘いという話を、聞いたことがあるかもしれません。街金を検討している人は、大手消費者金融の審査が通らなかったなど、個別の事情があると思われるため、街金の審査基準について詳しく見ていきましょう。

大手消費者金融より甘いとは限らない

街金は、大手消費者金融とは違う独自の審査基準で審査しています。そのため、大手消費者金融で通らなくても街金なら通る場合もあれば、その逆もあります。

街金も基本的な考え方は大手消費者金融と同じで、貸し倒れリスクが高いと判断すれば、お金は貸してくれません。信用情報(カード会社や銀行との取引履歴や個人情報)に事故情報が記録されていたり、延滞している借金があったりする場合も融資を受けることは難しいでしょう。

街金は貸金業法を守って営業しているため、総量規制の対象になります。申込時点で複数の金融機関から借入している場合や、すでに多額の借金がある場合は審査に通らない可能性が高いでしょう。

ただし、大手消費者金融に落ちたから街金もダメだと考える必要はありません。街金の審査基準はそれぞれ異なり、大手消費者金融の審査に落ちても街金なら通るという場合もあります。むやみにたくさんの街金に申込するのは逆効果になるため、優先順位の高い街金からひとつずつ相談してみるとよいでしょう。

審査の甘さを強調するのは闇金

「ブラックでも借りられる」「審査なしですぐに借りられる」など、審査の甘さを強調した広告は闇金である可能性が高いでしょう。ブラックとは信用情報に事故情報が残っている状態であるため、まっとうな消費者金融はお金を貸してくれません。

困っているときほど甘い言葉に騙されやすくなるので「甘い言葉は闇金」と肝に銘じておきましょう。大事なことなので何度も言いますが、お金を借りたことをきっかけにして人生がめちゃくちゃになることは珍しい話ではありません。闇金となればなおさらです。どんなに困っていても、絶対に闇金からお金を借りてはいけません。冷静に、返済のメドが立たなくなった時点で債務整理を検討すべきです。

街金のふりした闇金に要注意

街金は大手消費者金融のように名前が知られていないことから、闇金が紛れ込んでいても気づかないことがあります。闇金はきちんと調べればある程度は見分けられるため、これから紹介する方法で必ずチェックする習慣をつけておきましょう。

街金と闇金を見分ける方法

街金と闇金を見分ける方法は、シンプルかつ確実なものです。スマホさえあれば簡単に調べられるので、候補として考えている街金が隠れ闇金ではないか調べてみましょう。

まずは登録番号を確認

消費者金融を含め、貸金業者はすべて財務局長または都道府県知事の登録が義務化されています。中小消費者金融もすべて財務局長または都道府県知事から登録を受けているため、登録番号を検索して該当するものがあれば第一段階はクリアです。

登録貸金業者は金融庁のホームページに掲載されており、下記システムから登録番号や商号で検索できます。

登録貸金業者情報検索(金融庁)

闇金でなければ、店頭やWEBサイトに必ず登録番号の表示があります。登録番号が明示されていない、登録番号や商号が金融庁のデータベースに登録されていない場合は闇金だと判断して間違いないでしょう。

なかには適当な番号をでっちあげる場合や、他の登録業者の登録番号や商号を偽装している場合もあります。「何か怪しいな」と感じたら手を出さないことが一番の対策です。

登録番号だけでは安心できない

残念ながら、登録番号や商号の検索だけでは安心できません。正規の業者であっても、法律スレスレの悪質な登録業者も存在するからです。

闇金や悪質な街金には次のような特徴があります。

  • 申込する前から融資を確約してくる
  • 申込手続きが簡単すぎる
  • 審査が適当で、きちんと審査しているかどうかも怪しい
  • 金利や返済方法などの具体的な説明がない
  • ネットで検索しても全く情報が出てこない
  • 「ブラックでも借りられる」といった甘い勧誘文句を掲げている
  • 違和感があるくらい異常に丁寧な接客をされる(契約したら豹変する)

どれかひとつでもあてはまったらその街金とはすぐに距離をおいて、違う街金の利用を検討しましょう。

街金の金利相場

街金の金利相場は、大手消費者金融と比べてどうなのでしょうか?具体的にどれくらいの金利が相場なのか例を挙げて確認していきます。

最高金利平均18.99%と大手消費者金融より若干高い傾向

街金の金利は大手消費者金融に比べて1~2%程度高い傾向があります。

まずは街金の金利がどれくらいなのか、下の表をご覧ください。

フクホー7.30%~20.00%
フタバ14.959%~17.950%
キャレント7.8%~18.0%
セントラル4.80%~18.0%
プラン15.0%~20.0%
キャネット15.0%~20.0%
最高金利平均18.99%

大手消費者金融の金利はどこもほぼ横並びで、最大18%程度です(アコム、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAは18%、プロミスは17.8%)。中小消費者金融は18%以上の金利を設定しているところもあるため、平均すると大手より1~2%高い金利が適用されることになります。

金利は大手消費者金融とほとんど変わらないか、若干高いこともあると覚えておきましょう。

異常に金利が安い場合は要注意

不自然に低い金利は、客寄せのために準備されたキャンペーン金利の可能性があります。金利は安くても仲介手数料などの名目で別にお金を取られたり、2回目以降は逆に高い金利が適用されたりする事例もあるため注意が必要です。

1社だけ飛びぬけて条件がよいことはまずありえません。落とし穴にはまらないために、手数料や金利の適用条件をしっかりと確認して利用しましょう。

街金の注意点

はじめて街金を利用すると、大手消費者金融との違いを知らずに困惑することがあります。街金を利用するときに知っておきたい注意点は主に4つあるので、確認しておきましょう。

  1. 審査にやや時間がかかる

大手消費者金融は大規模な自動審査システムがあるため「最短30秒回答」というようなスピーディーな審査が可能です。しかし、街金は昔ながらのやり方で、ひとつずつ目視で審査を行うケースが多くなります。

自動審査システムは構築にも運用にもお金がかかるので、中小消費者金融にはなかなか導入が難しいためです。もちろん、街金のなかにもスピード審査を強みにしているところもあります。

そうした街金では最短30分審査という場合もありますが、長いところでは数日かかることもあるでしょう。選ぶ街金によって審査にかかる期間にはバラつきがあるため、時間に余裕をもっておく必要があります。

  1. 総量規制の対象になる

街金は合法的な金融機関であるため、大手消費者金融と同様に貸金業法の制限のなかで営業しています。貸金業法では総量規制という決まりがあり、年収の1/3までの金額しかお金を借りられません。

すでに大手消費者金融から総量規制ギリギリの金額を借りていたり、借りたい金額が年収の1/3を上回っていたりすると、街金から融資を受けることはできません。

  1. 借入・返済方法が不便な場合もある

街金の融資は、原則として「銀行振込のみ」です。大手消費者金融のように上限額が決まっていてそのなかで自由に借入をする形式は、ほとんどの街金が対応していません。

街金によっては最初に申込金額をまとめて振り込み、毎月決まった金額を返済していく方式をとるところもあります。返済方法は、銀行振込しか対応していないことも街金では一般的です。

365日24時間借入と返済ができる大手消費者金融に慣れていると、使い勝手の悪さがストレスになることもあるでしょう。

  1. 完全WEB完結は難しい

街金でもごく一部は完全WEB完結に対応していますが、そうした街金はごく一部です。申込から振込まですべてWEBで完結するシステムがある街金は、比較的経営が安定している部類に入るため、安心して利用して問題ないでしょう。

WEBから仮申し込みはできますが、正式な審査は担当者から直接指示されるような街金も多いようです。システム面ではどうしても大手消費者金融には劣る点が、街金の使いづらさでもあります。

街金でも借りすぎには注意しよう!

街金を利用する人は、大手消費者金融から融資を断られたなどの理由があると考えられます。街金はたしかに大手消費者金融の審査に落ちた人でも融資を受けられる可能性がありますが、本質的には大手も街金も同じです。

計画性をもった利用が重要なことは変わらないため、無理なく返済できる金額しか借りないことを心がけましょう。どれだけ返済が苦しくても、絶対に闇金にだけは手を出してはいけません。

その場合に必要なのは、なんとかお金を工面することではなく、債務整理などの法的手続きをとることです。街金で借入れと返済を長い期間続けている人の中には、過払金が発生している方が多いです。また、家や車を手放さないで出来る債務整理の方法もあります。

「街金と思ってお金を借りたら闇金だった」ということを防ぐためにも、本記事で紹介した見分け方をうまく活用しましょう。