街金という言葉は闇金と似ているため、なんとなくグレーか危ないという印象を持たれがちです。しかし、街金はきちんと法律を守って営業している金融機関です。

節度をもった利用であれば大手消費者金融とほぼ同じ感覚で利用でき、困ったときの選択肢として知っておくと便利です。

本記事では街金の基本や利用上の注意点を初心者向けに解説しています。はじめての街金の基礎知識として役立ててください。

街金とは何か?

街金という言葉を聞いたことはあっても、正確な意味が分かって使っている人は少ないのではないでしょうか。意味を間違えやすい言葉でもあるため、まずは街金の意味を確認しておきましょう。

街金は合法な中小消費者金融

街金は、合法的に営業している中小消費者金融の総称です。アイフルやアコムなどの大手消費者金融とは異なり、規模が小さく知名度はありませんが、展開している事業内容は基本的に大手消費者金融と同じです。

街中でひっそりと営業していることが多いことから、中小規模の消費者金融のことを指して「街金」と呼ぶようになったものと考えられています。

大手消費者金融は全国規模で営業しているため、広告や看板をよく見かけます。これに対して街金は地域密着型で営業しており、その地域の人のなかでも一部でしか知られていません。

知らない名前だと心配になるかもしれませんが、大手消費者金融と同様に貸金業法や利息制限法を守って営業している合法的な金融機関のため心配する必要はありません。

闇金とはまったくの別物

街金は言葉の響きが似ていることから、闇金と混同されがちです。しかし、街金と闇金の実態はまったく異なります。両者の違いをよく理解しておきましょう。

先ほども説明した通り、街金は法律を守って営業している金融機関です。「利息制限法」「出資法」「貸金業法」という法律では金利や貸出金額の上限が定められており、基準を上回る金額は絶対に貸してくれませんし、法外な利息を請求されることもありません。

大手か中小かという違いがあるだけで、基本的には大手消費者金融と同じように利用すれば問題ありません。これに対して、闇金は法律を守らない違法な貸金業者です。金融庁に届け出をしておらず、当然ながら利息制限法も貸金業法も守りません。近年ではソフト闇金といい、なんとなく耳障りのいい名前で広告を出している業者もいます。しかし、その実態は金融庁に登録していない点で立派な闇金です。

昔から知られている闇金との違いは接し方がフレンドリーだったり、少しなら返済を猶予してくれる点です。しかし払えなくなったことが分かると態度は豹変し、厳しい取り立てをするか、どこかの闇金に貸金債権を譲渡してしまいます。

闇金は年率300%というような法外な利息を請求したり、暴力や脅迫を伴う取り立てをしたり、何をされるかわからないところが闇金の恐ろしさです。一歩間違えると人生が破滅する可能性があるため、絶対に闇金を利用してはいけません。

街金と闇金の見分け方はのちほど詳しく解説します。街金を利用するときは必ず確認してください。

次へ 1 2 3 4 5 6