街金は審査が甘いのは本当か

街金は審査が甘いという話を、聞いたことがあるかもしれません。街金を検討している人は、大手消費者金融の審査が通らなかったなど、個別の事情があると思われるため、街金の審査基準について詳しく見ていきましょう。

大手消費者金融より甘いとは限らない

街金は、大手消費者金融とは違う独自の審査基準で審査しています。そのため、大手消費者金融で通らなくても街金なら通る場合もあれば、その逆もあります。

街金も基本的な考え方は大手消費者金融と同じで、貸し倒れリスクが高いと判断すれば、お金は貸してくれません。信用情報(カード会社や銀行との取引履歴や個人情報)に事故情報が記録されていたり、延滞している借金があったりする場合も融資を受けることは難しいでしょう。

街金は貸金業法を守って営業しているため、総量規制の対象になります。申込時点で複数の金融機関から借入している場合や、すでに多額の借金がある場合は審査に通らない可能性が高いでしょう。

ただし、大手消費者金融に落ちたから街金もダメだと考える必要はありません。街金の審査基準はそれぞれ異なり、大手消費者金融の審査に落ちても街金なら通るという場合もあります。むやみにたくさんの街金に申込するのは逆効果になるため、優先順位の高い街金からひとつずつ相談してみるとよいでしょう。

審査の甘さを強調するのは闇金

「ブラックでも借りられる」「審査なしですぐに借りられる」など、審査の甘さを強調した広告は闇金である可能性が高いでしょう。ブラックとは信用情報に事故情報が残っている状態であるため、まっとうな消費者金融はお金を貸してくれません。

困っているときほど甘い言葉に騙されやすくなるので「甘い言葉は闇金」と肝に銘じておきましょう。大事なことなので何度も言いますが、お金を借りたことをきっかけにして人生がめちゃくちゃになることは珍しい話ではありません。闇金となればなおさらです。どんなに困っていても、絶対に闇金からお金を借りてはいけません。冷静に、返済のメドが立たなくなった時点で債務整理を検討すべきです。