街金のふりした闇金に要注意

街金は大手消費者金融のように名前が知られていないことから、闇金が紛れ込んでいても気づかないことがあります。闇金はきちんと調べればある程度は見分けられるため、これから紹介する方法で必ずチェックする習慣をつけておきましょう。

街金と闇金を見分ける方法

街金と闇金を見分ける方法は、シンプルかつ確実なものです。スマホさえあれば簡単に調べられるので、候補として考えている街金が隠れ闇金ではないか調べてみましょう。

まずは登録番号を確認

消費者金融を含め、貸金業者はすべて財務局長または都道府県知事の登録が義務化されています。中小消費者金融もすべて財務局長または都道府県知事から登録を受けているため、登録番号を検索して該当するものがあれば第一段階はクリアです。

登録貸金業者は金融庁のホームページに掲載されており、下記システムから登録番号や商号で検索できます。

登録貸金業者情報検索(金融庁)

闇金でなければ、店頭やWEBサイトに必ず登録番号の表示があります。登録番号が明示されていない、登録番号や商号が金融庁のデータベースに登録されていない場合は闇金だと判断して間違いないでしょう。

なかには適当な番号をでっちあげる場合や、他の登録業者の登録番号や商号を偽装している場合もあります。「何か怪しいな」と感じたら手を出さないことが一番の対策です。

登録番号だけでは安心できない

残念ながら、登録番号や商号の検索だけでは安心できません。正規の業者であっても、法律スレスレの悪質な登録業者も存在するからです。

闇金や悪質な街金には次のような特徴があります。

  • 申込する前から融資を確約してくる
  • 申込手続きが簡単すぎる
  • 審査が適当で、きちんと審査しているかどうかも怪しい
  • 金利や返済方法などの具体的な説明がない
  • ネットで検索しても全く情報が出てこない
  • 「ブラックでも借りられる」といった甘い勧誘文句を掲げている
  • 違和感があるくらい異常に丁寧な接客をされる(契約したら豹変する)

どれかひとつでもあてはまったらその街金とはすぐに距離をおいて、違う街金の利用を検討しましょう。