街金の金利相場

街金の金利相場は、大手消費者金融と比べてどうなのでしょうか?具体的にどれくらいの金利が相場なのか例を挙げて確認していきます。

最高金利平均18.99%と大手消費者金融より若干高い傾向

街金の金利は大手消費者金融に比べて1~2%程度高い傾向があります。

まずは街金の金利がどれくらいなのか、下の表をご覧ください。

フクホー7.30%~20.00%
フタバ14.959%~17.950%
キャレント7.8%~18.0%
セントラル4.80%~18.0%
プラン15.0%~20.0%
キャネット15.0%~20.0%
最高金利平均18.99%

大手消費者金融の金利はどこもほぼ横並びで、最大18%程度です(アコム、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAは18%、プロミスは17.8%)。中小消費者金融は18%以上の金利を設定しているところもあるため、平均すると大手より1~2%高い金利が適用されることになります。

金利は大手消費者金融とほとんど変わらないか、若干高いこともあると覚えておきましょう。

異常に金利が安い場合は要注意

不自然に低い金利は、客寄せのために準備されたキャンペーン金利の可能性があります。金利は安くても仲介手数料などの名目で別にお金を取られたり、2回目以降は逆に高い金利が適用されたりする事例もあるため注意が必要です。

1社だけ飛びぬけて条件がよいことはまずありえません。落とし穴にはまらないために、手数料や金利の適用条件をしっかりと確認して利用しましょう。