給料日前になるとお金がなくなり、生活が苦しいという人がいます。給料日前にお金がなくなる人には特徴や共通点があり、それを理解することで根本的な解決が図れるかもしれません。

そこで本記事では、給料前に金欠になる人の特徴や乗り切るための4つの方法、そして金欠状態を防ぐ4つのステップなどを紹介します。

給料日前に金欠になる人の5つの特徴

給料日前に金欠になる人には「お金の流れを正しく把握できていない」などの共通した特徴があります。無駄遣いや衝動買いをしていないつもりでも、思い当たる部分があるかもしれません。当てはまる特徴がないか見ていきましょう。

1.    お金の流れを正しく把握できていない

給料日前に金欠になる人は「お金の流れを正しく把握できていない」場合が多いです。給料日にどれくらいのお金が入ったかは把握していても、固定費や生活費、趣味などにどれくらいのお金がかかっているかを把握していないケースが多いでしょう。

収入と支出のバランスを理解していないと、ついお金を使いすぎてしまい、収入よりも支出が多くなりがちです。このバランスが崩れると、いつのまにか金欠になるといった状態に陥りやすいでしょう。

まずは収入と支出の流れを自身が正確に把握できているかをチェックしてみてください。

2.    そもそも貯金をしていない

いつも金欠になる人は、貯金をしていない傾向が多くみられます。そもそも貯金をしていなければ、冠婚葬祭や急な病気、事故などの急な出費に対応できません。

貯金によってお金に余裕があれば、急な出費にも慌てることなく対応でき、生活がより安定するでしょう。金欠によるリスクを抑えるためにも、貯金をしていない人は生活の見直しが必要かもしれません。

3.    浪費家の気質がある

浪費家の気質がある人は金欠になりやすい傾向にあります。浪費とは衝動的な買い物をしたり、その後の生活考えずにお金を使ったりすることです。給料日などにお金が入るとすぐに使ってしまう人は、浪費癖がついているかもしれません。

一方、浪費に似た言葉に「消費」があります。消費とは日々生活をするために必要な、衣食住に関係するお金の支出です。給料日前に金欠になる人は、消費よりも浪費の割合が多い可能性が高いでしょう。

何か購入する際には「これって本当に必要かな?」と考える癖をつけ、必要なものとそうでないものを見極める必要があるでしょう。

次へ 1 2 3 4 5