給料日前の金欠状態を防ぐための4ステップ

給料日前の金欠状態を防ぐには「必要な生活費を算出」「無駄遣いや衝動買いの内容を確認」「支出に対しての予算を計画」「給料から一定額を先取りして貯金」の4ステップを踏む必要があります。

1.    必要な生活費を算出

給料日前の金欠状態を防ぐには、必要な生活費を事前に算出しましょう。金欠状態から抜け出すためには、自分の生活にどれくらいのお金がかかっているかを把握することがスタートラインです。

家賃や電気代、食費、趣味などでそれぞれどの程度のお金を使っているか理解できると、毎月先を見通した生活をおくれます。「家計簿をつける」「家計簿アプリを使用する」といった工夫でも生活費を算出しやすいでしょう。

2.    無駄遣いや衝動買いの内容を確認 

算出した生活費から無駄遣いや衝動買いの内容を確認しましょう。自分の支出の傾向を理解すれば、どの支出を減らすべきかが明確になり、金欠状態から抜け出す道筋が見えてくるでしょう。

また、支出を確認する際はQRコード決済やクレジットカードの明細確認も重要です。無駄遣いや衝動買いは現金以外の決済方法で行われているケースも多いからです。

明細を確認することで使用していないサブスクの月額費用などに気づけるかもしれません。あるいは、コンビニなどで多くの無駄遣いをしていることもあるでしょう。一回数百円でも、毎日コンビニで買い物をすると、その数百円が積み重なり大きな支出につながります。

3.    支出に対しての予算を計画

支出と無駄遣い、衝動買いの内容を確認できたら、次は予算計画を作りましょう。毎月の収入の中から生活費や交際費などの項目を決めて、封筒や口座ごとに分けておくと予算内で生活がしやすいです。

また、クレジットカードを使用した場合は、支払った金額を封筒や口座に入金しましょう。封筒や口座に入金するのは「お金を使ってない」という錯覚を起こさないためです。支出に対する計画を立て、それを守ることが重要です。

4.    給料から一定額を先取りして貯金

支出の計画を決めたら、次は先取り貯金を実施してみましょう。先取り貯金とは、収入から先に貯蓄分を取り分け、そこで残ったお金の範囲内で生活をすることです。

貯金する金額を決めたら、収入が入ったタイミングで貯金用の口座に移しておきましょう。貯金用のお金を先に移動させておくことで、使える生活費が明確になり、その後のやりくりが楽になります。また、会社に財形貯蓄制度がある場合には、そちらの利用も検討しましょう。

預貯金では資金を眠らせておくのはもったいないと考える方は、株式の自動積立や積立FXを利用するのも有意義でしょう。