フリーマーケットへの出店

フリーマーケットへの出店も、金欠時に利用したい売却方法の1つです。不用品を売却したい人と、それを買いたい人が集まるフリーマーケットでは、数百円から数千円までの値付けが目安となります。

売り手が自由に金額を設定でき、買いたい人と交渉することで売却が成立します。地域の公園などで頻繁に開催されており、近くでフリーマーケットの開催予定があるか確認してみましょう。

フリマアプリなどに出品

メルカリを代表とするフリマアプリなどへの出品もおすすめの売却方法です。フリマアプリとは、不用品を売却したい人と買いたい人をつなぐアプリです。

競り方式ではなく、出品者が金額を設定して買いたい人が納得できる金額なら交渉が成立します。購入者とコミュニケーションすることによって金額の相談もできるため、値下げの交渉を受ける場合もあります。ただし、売却した金額から10%前後の手数料が発生するため損をしないよう慎重に検討しましょう。

若者を中心に利用者が増えており、スマホ1つで簡単に出品と購入ができる便利な方法です。