給料が安く貯蓄も少ない若い世代の人の中には、副業やアルバイトをいくつも掛け持ちしながら生活しているケースが増えています。「せめて給料日が月2回くらいあったらいいのに」という人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが、給与支払い日から繰り上げて給与が受け取れる給与前払いサービスです。お金が入用なときに前払いしてもらえるというのは、非常に便利ですよね。

本記事では給与前払いの概要や従業員のメリット、注意点やおすすめのサービスを5つ紹介します。

給与前払いの概要

給与の前払いを実施している企業が導入している、給与前払いサービスの概要を紹介します。

給与前払いサービスとは?

給与前払いサービスとは、給与支払い日から繰り上げて給与が受け取れるサービスです。企業側が給与前払いサービスを提供している業者に依頼して、支払い作業を代行してもらうスキームになっています。そのため、企業側にも大きな負担がかからず、スムーズに給与の前払いが行えるのです。

冠婚葬祭や病気、怪我、引越しなど、急な支出によってお金が足りなくなることがあると思います。そのような緊急時でも、給与前払いサービスが活用できればスムーズに対応できるでしょう。

給与前払いサービスで受け取るお金は、あくまでも給与支給日に入る給与を前払いしているだけであり、借り入れではありません。

この給与支払いサービスを導入することで、雇用に活かしている会社が増えています。

給与前払いが注目される理由

給与前払いが注目される理由には、求職者の中で「日払い」の需要が増えていることが大きく影響しています。厚生労働省によると、有効求人倍率は平成30年以降、下降傾向にあります。有効求人倍率とは、公共職業安定所に申し込まれた求人数を求職者で割った値です。

このような状況において、求職者が求人サイトなどで仕事を探す際「日払い」というワードを入れて検索する人が増えているそうです。エンジャパンの調査によると「お給料について重視することを教えてください」という質問に対して「日払い」と答えた人が全体の約3割にのぼることがわかりました。

このことから、給与を毎月一度にまとめて受け取るよりも、できるだけその都度受け取りたいというニーズがある程度あるということが見えてきます。給与前払いサービスを導入することで、求人応募数が大きく上がるとされており、注目度の高さがうかがえます。

参考:厚生労働省 一般職業紹介状況(令和3年2月分)について
「アルバイトのお給料」意識調査 

給与前払いサービスは貸金業ではない

給与前払いサービスは、貸金業ではありません。これは2018年12月20日に経済産業省からも正式に発表されています。

貸金業とは、お金の賃借の媒介や貸付を行う業者のことです。貸金業は登録が必要で、登録せずに貸付などを行うと罰則を受ける場合があります。手形の売買なども貸金業の1つです。

給与前払いサービスが貸金業に該当しないとする条件は次のとおりです。

  • 従業員の勤怠実績に対する賃金相当額を上限とし、給与の前払いという形で給与の支給日まで立替える
  • 導入企業の支払い能力を補うための立替えではない
  • 手数料は導入企業によらず一定である

参考:経済産業省 給与前払いサービスの提供について

給与前払いサービスは自分が受け取る予定の給与を前払いしてもらうものなので、カードローンのように第三者のお金を借金することとは違うことを覚えておきましょう。

給与前払いシステムを利用する従業員のメリット

給与前払いシステムを利用する従業員側のメリットとしては「利息が発生しない」「信用情報の影響を受けない」「最短即日でお金を受け取れる」などが挙げられます。

1.利息が発生しない

給与前払いシステムを利用する従業員側のメリットは、利息が発生しない点です。金融機関などでカードローンを利用すると、利息が発生するため借り入れした金額よりも多くの金額を返済する必要があります。

しかし、給与前払いサービスはあくまでも給与の前払いであり、利用に対して利息が発生することはありません。利息が雪だるま式に増え、借入残高がなかなか減らないという心配がない点は大きなメリットだといえます。

2.信用情報の影響を受けない

信用情報の影響を受けない点も、給与前払いサービスのメリットでしょう。会社で働いた分の給与を前払いで受け取るだけなので、利用に際して審査は必要ありません。

例えば「借金を滞納している」「ブラックリストに載っている」といった理由から、金融機関の審査には通らないという人でも、給与前払いサービスは問題なく利用できます。金融機関を頼れない人にとっては、給与を前払いで受け取れることは大きなメリットだといえるでしょう。

3.最短即日でお金を受け取れる

給与前払いサービスの中には、最短即日で給与が受け取れるサービスも存在します。

急な出費などでお金が必要になった場合にも、カードローンなどを利用することなく自身の給与で補えます。即日でもお金を受け取れる安心感は、多くの人にとってうれしいポイントでしょう。

肉体的・精神的な負担を減らしつつ、必要なときにお金が手に入る給与前払いサービスは、いろいろとやりたいことが多い若い世代の人にマッチしたサービスといえます。

給与前払いシステムを従業員が利用する際の注意点

給与前払いシステムは正しく利用しないと、かえって生活を苦しめてしまう可能性があります。ここでは従業員がサービスを利用する際の注意点に絞って解説します。

お金を散財する可能性がある

給与前払いサービスの利用により、お金を散財してしまう可能性があります。なぜなら、浪費癖のある人などがサービスを利用すると、ATMのような使い方をしてしまう可能性があるからです。

あくまでも給与を先に受け取っているだけなので、多くのお金を下ろしてしまうと、給料日に受け取る金額が少なくなります。気軽にお金を下ろしすぎると、本当に必要な固定費や生活費を支払えなくなる可能性があるため注意しましょう。

そのため、給与前払いサービスは冠婚葬祭など、急な出費への対応に使うことが得策といえます。

手数料が発生する場合がある

給与前払いシステムを利用する場合には、所定の手数料が発生する場合があります。多くのサービスが6%程度に設定する場合や、一律数百円といったケースが多いようです。

また、自分の銀行口座に振り込んでもらうという性質上、振込手数料も発生します。そのため、小刻みに何度もサービスを利用すると、手数料が高くなる可能性があるため注意しましょう。

従業員に嬉しい特徴を持つ給与前払いサービス5選

従業員に嬉しい特徴を持つ給与前払いサービスには、多くの種類があります。各サービスの特徴や従業員として得られるメリットを確認しておきましょう。

操作はログインと金額入力のみ「プリポケ」

プリポケは操作方法が簡単で、ログインと金額入力のみで使いやすい点が特徴です。伊藤忠商事の子会社がサービスを展開しており、信頼性の高さもポイントだといえます。

従業員はスマホアプリから申請するだけで、給与を前払いで受け取れます。また、終日対応しており、いつでも前払いできる点もメリットです。即金性が高く、お金に困った時にすぐに申請してお金を受け取るプリポケは、従業員の強い味方となるでしょう。

電話のサポート窓口がある「楽天早トク給与」

楽天早トク給与には、電話のサポート窓口がある点が特徴です。電話のサポート窓口があるので、高齢の方などWebサービスを苦手とする人も安心してサービスが利用できます。

楽天早トク給与も終日対応しており、いつでも前払いの申請が可能です。また、楽天銀行で受け取る場合には、1回の利用につき楽天ポイントを5ポイント受け取ることができます。普段から楽天銀行を利用している人にとっては、嬉しい特徴です。

当日着金も可能「Payme」

Paymeは当日着金が可能な給与前払いサービスです。Paymeは飲食店やコールセンターなど、幅広いジャンルの業界で導入されています。

営業日である月曜日から金曜日の13時までに申請を行えば、働いたその日の分の給料まで、即日お金を受け取ることが可能です。上司の承認も必要とせず、スマホなどから簡単に登録と申請ができます。

また、どれくらいの金額を前払いで受け取ったかも確認できるため、散財の防止にも役立ちます。

上長への申請不要「アド給」

アド給は、上長への申請が不要です。各種手続きはアド給が準備して行ってくれるため、企業負担が少ない点も大きな特徴といえます。

従業員は終日いつでもスマホやパソコン、タブレットから申請が行え、午前10時まで申請すれば即日入金できる点がメリットです。緊急でお金が必要になったとき、いつでも申請できるため、急な入用にも対応できるでしょう。

口座開設を必要としない「前給」

前給は、東京都民銀行が提供するサービスです。利用する従業員は前払い分を受け取るための銀行口座を新たに開設する必要がなく、スマホなどから簡単に申し込みができる点が大きな特徴です。

給与支払い日まで働いた範囲のお金を、申請した翌日には受け取れます。月々わずかな手数料で利用可能です。パソコンやスマホ、タブレットだけでなく、ガラケーでも利用可能な点も見逃せません。

給与前払いサービスを福利厚生として導入する企業も

給与前払いサービスは急な出費にも対応できる非常に便利なサービスです。アルバイトや勤め先を探す際の、検討ポイントのひとつになりうるため、近年、人材確保などを目的に福利厚生として導入する企業が増えています。

給与水準の額面だけではなく、給与前払いのシステムの有無など視野を広げてチェックしてみてはいかがでしょう。

緊急の場合はカードローンも検討してみよう

給与前払い以外では、カードローンの利用も方法の一つです。 カードローンとはカード会社などの貸金業者や金融機関が提供する、個人を対象とした融資サービスを指します。

業者によっては利息が不要になる期間を設けていたり、最短当日の借り入れを可能にしたりするなど、緊急を要する人にはうれしい条件ばかりです。また、店舗に行かず、インターネット上で手続きを完結させることも可能です。

カードローンは審査が早く、お金をすぐに借りやすいため、緊急の場合は利用を検討してみてください。ただし、金利や返済義務がある点はきちんと意識して、計画的な借入をしましょう。

無利息期間があるカードローンの紹介

商品公式サイト
promis
フリーキャッシング
promis-ladies
レディースキャッシング
aiful
キャッシングローン
acom
カードローン

その他おすすめカードローン

商品 公式サイト
三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
SMBCモビット
SMBCモビット
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
バンクイック
VIPローンカード
VIPローンカード
楽天スーパーローン
楽天銀行スーパーローン