給与前払いシステムを従業員が利用する際の注意点

給与前払いシステムは正しく利用しないと、かえって生活を苦しめてしまう可能性があります。ここでは従業員がサービスを利用する際の注意点に絞って解説します。

お金を散財する可能性がある

給与前払いサービスの利用により、お金を散財してしまう可能性があります。なぜなら、浪費癖のある人などがサービスを利用すると、ATMのような使い方をしてしまう可能性があるからです。

あくまでも給与を先に受け取っているだけなので、多くのお金を下ろしてしまうと、給料日に受け取る金額が少なくなります。気軽にお金を下ろしすぎると、本当に必要な固定費や生活費を支払えなくなる可能性があるため注意しましょう。

そのため、給与前払いサービスは冠婚葬祭など、急な出費への対応に使うことが得策といえます。

手数料が発生する場合がある

給与前払いシステムを利用する場合には、所定の手数料が発生する場合があります。多くのサービスが6%程度に設定する場合や、一律数百円といったケースが多いようです。

また、自分の銀行口座に振り込んでもらうという性質上、振込手数料も発生します。そのため、小刻みに何度もサービスを利用すると、手数料が高くなる可能性があるため注意しましょう。